一般教養として知っておくべき映画とか小説とか音楽教えてくれ
2010/9/28
59
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 14:36:43.01 ID:5FOH4ezz0
なんつーか、大学生にもなって趣味がガンプラと漫画なので、もうちょっと教養を身につけたい
でもどっから手をつければいいのか分からないから、音楽だったらビートルズみたいな定番のものを教えてくれ

あとジャンルを開拓する方法も。漫画だったら古本屋あされば好みの作品を見つけられるけど、音楽とか映画だとそうもいかないし


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 14:38:32.39 ID:r0JTYPAP0
10代で読んでいないと恥ずかしい必読書
丸戸史明『この青空に約束を―』『パルフェ』『世界で一番NGな恋』
草壁祭『ゴアスクリーミングショウ』
麻枝准『ONE』『AIR』『リトルバスターズ』
深沢豊『2ndLOVE』『書淫、或いは失われた夢の物語。』
foca『ロケットの夏』  
菅沼恭司『奴隷市場』 
三峰奈緒『夢幻夜想曲』『カナン』 
藤木隻『ELYSION』 
早狩武志『僕と、僕らの夏』『群青の空を越えて』 
原田宇陀児『WHITEALBUM』  
田中ロミオ『CROS†CHANNEL』『最果てのイマ』『おたく☆まっしぐら』 
星空めてお『腐り姫』『Forest』 
呉一郎『水夏』『あした出逢った少女』 
長岡建蔵『さよならを教えて』   
鷹取兵馬『果てしなく青い、この空の下で…。』 
虚淵玄『Phantom』『沙耶の唄』  
蛭田昌人『同級生2』『臭作』『野々村病院の人々』 
剣乃ゆきひろ『EVEbursterror』『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』 
水無神知宏『Crescendo』 
岩井七生『神語』『世界ノ全テ』  
健速『こなたよりかなたまで』『遥かに仰ぎ、麗しの』『キラークイーン』『そして明日の世界より―』
元長正木『フロレアール』『未来にキスを』  
朱門優『黒と黒と黒の祭壇』『めぐり、ひとひら』『いつか、届く、あの空に。』 
るーすぼーい『車輪の国、向日葵の少女』『G線上の魔王』『その横顔をみつめてしまう』 
丸谷秀人『ゆのはな』『遥かに仰ぎ、麗しの』『ティンクル☆クルセイダース』
瀬戸口廉也『CARNIVAL』『SWANSONG』
王雀孫『それは舞い散る桜のように』
東出祐一郎『あやかしびと』



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:05:39.54 ID:ZKpueMTL0
>>4
おまえよく俺の知らない作家名と書名ばっかり完璧に揃えてきたな


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:06:02.63 ID:+mIPM3b90
>>4みたいなのを10代で読破してたら大変なことになりそう

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 14:39:30.14 ID:by4Poc33P
定番とかみたいなら売上一位のやつとかでも買ってればいいじゃない


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 14:44:37.34 ID:h3wTHzObO
IDM: Afx、Squarepusher、clark                       J POP: Mr.Children、サザンオールスターズ
R&B: Mary J Blige、Chris Brown、Aaliyah                アンビエント: Brian Eno
エレクトロニカ: Fennesz、boards of canada                ブルース:Jimi Hendrix B.B.king
カントリー: Hank Williams、Johnny Cash                 ゲームBGM:DQ、FF、ビーマニ
サイケ:1200Mics、Boredoms                         ジャズ: Bill Evans、John Coltrane
ラテン:Sergio Mendes                            ファンク: Sly、JB、the new master sounds
スカ: 東京スカパラダイスオーケストラ、Specials、The Skatalites ソウル: Stevie Wonder、Marvin Gaye
ダブ:Lee "Scratch" Perry、King Tubby                  テクノ: Jeff mills、Derrick May,Orbital
トランス: Tiesto、Paul van Dyk、Goa Gil                 ニューウェーブ: XTC、Depeche Mode 、New Order
ニューエイジ: Enya、zabadak                         ハードコア: Bad Brains、Suicidal Tendencies
ハウス: Masters At Work、Daft Punk、Deep Dish           パンク: Sex Pistols CLASH , iggy pop,あぶらだこ,スターリン
ヒップホップ: 2pac、Nas、Jay-Z、T.I.                    オルタナ: Nirvana Sonic Youth, Pearl JAM
フォーク: Simon & Garfunkel                        プログレ: Yes、EL&P
フュージョン: Weather Report Herbie Hancock            ボサノバ: Joao Gilberto
ポストロック:Mogwai、65dos                        メタル: Iron Maiden、Slipknot
メロコア: Green Day、Blink-182                      レゲエ: Bob Marley
ロック: The Beatles、Led Zeppelin、Queen、Rolling Stones     演歌: 氷川きよし, 北島三郎, ジェロ
ノイズ;ノイバウテン、灰野                          レアグルーヴ;The Wooden Glass
エレクトロ;justice,Boys Noize                        ドラムンベース;4Hero ,Makoto、kabuki
現代音楽;ライヒ、クセナキス                         トリップホップ;Massive Attack,Portishead
ブレイクコア;XANOPTICON,Jason Forrest


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:37:02.03 ID:qYcQf+I50
>>14
素晴らしい


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 14:45:07.46 ID:3kymxS/v0
キリスト教徒でなくても、洋書・洋画を嗜む上で聖書は読んどくべき
重要なエピソードをいくつか覚えとくとそれだけで
色んな作品での隠喩や示唆が分かりやすくなる


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 14:48:17.29 ID:by4Poc33P
ネタ元っていうんなら中国の古い小説とか北欧神話とかもだけど
お前ら中二っていうよね
まぁ中二なんだけど


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 14:48:02.59 ID:reFJhmdO0
映画ねぇ・・・
「ショーシャンクの空に」とか?
小説は何がかっこよく見えるだろうな
「レ・ミゼラブル」とか「アルジャーノンに花束を」とか


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 14:51:45.07 ID:mCsKU9p10
文学史の年表とかにあがってる作家の作品順番に読んでけばいいんじゃね?
好きな作家が出てきたらその作家の作品多めに読めばよし
もしくは「百年小説」買えばいい


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 14:57:34.49 ID:wh6QMrfG0
ジョジョのスタンド名の元ネタを聴いていけばいいよ


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:15:35.75 ID:6QFz1WyF0
>>25
AC/DCやワム!も聞いてあげてください


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:00:40.72 ID:nBB05cdJO
漱石のそれからは読んどけ
100年前のニートが主人公っていう
30前、無職、未婚、飯の為に働いたら負け思想、家族のお荷物、無駄に高学歴で自意識が高い…


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:00:45.73 ID:1eX3tPYg0
芥川龍之介がおすすめ。
短編だから入りやすい、内容も初期は面白いのが多い。
だんだん色々なものを読むうちに、
読むということに慣れてきても芥川が何故凄いといわれてるのかわかる。
構成力。文体の多彩さ。テーマ。古文の中に現代の風刺をとりこむ手法。
物語性を重視(当時は自然主義全盛で異端だった)している。

とかいうと、よっぽど文オタじゃないとにわか乙とは言ってこないよ。



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:00:56.07 ID:tfsBtdiI0
映画や小説って教養なのか?
そういうのは娯楽で教養とは違う感じがするぜ
一応おすすめは・・・
「とある魔術の禁書目録」「ポパーの科学論と社会論」「ゲーデル・エッシャー・バッハ」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:04:12.35 ID:by4Poc33P
つうか、教養っていうのが痛い
全部娯楽でいいだろ
楽しんで読んでないのかよと


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:13:48.40 ID:5FOH4ezz0
>>30>>34

ごめん教養って書き方が悪かった。読んで人格形成とかに役立てようとかそういうんじゃない
一般常識というか知識というか、読んで「ああ面白かった」「こんなん読んでる俺オサレ」って思って、同じものを好きな人がいたらその話題で盛り上がれる、
そんな感じ。筒井康隆も娯楽として読んでるから、虚航船団とかは全然理解できなかった



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:19:24.05 ID:xZlaCDtl0
なるほど>>53読んで大体わかった。

映画好きって自称してる奴に「ショーシャンク」って答えると話が合うと思われるが、
映画好きって自慢してる奴に「ショーシャンク」って答えるとあしらわれるから気をつけろ。

ちなみに、後者には「クリント・イーストウッド」とか答えたりすると、結構なつかれるぞ。


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:06:12.67 ID:rJ1Ghf680
映画ならショーシャンクの空に、フルメタル・ジャケット、コマンドーとか
小説は東野圭吾とか藤沢周平とか池波正太郎


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:06:23.46 ID:+RuZS3jNO
伊坂は面白いのもあるけど、それとて面白いだけだよな
読まなくても何も変わらない


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:06:38.85 ID:VNr0XD1/O
好きな曲しかきかないけどクラシックとか

月光 ジムノペディ第一番 タイスの瞑想曲が好き


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:09:05.79 ID:ImszvKo+O
音楽開拓するならようつべで聴くなりして気に入れば買うといいんじゃないかね
映画ばっかりは見ないことにはわからないけど
ゴッドファーザーとかいわゆる名画を見てみたら?



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:09:26.36 ID:eYmO0yb50
映画
「蒲田行進曲」「戦場のメリークリスマス」「スタンド・バイ・ミー」「ショーシャンクの空に」
小説
森村誠一『人間の証明』、松本清張『砂の器』、吉村昭『ポーツマスの旗』、城山三郎『男子の本懐』


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:10:37.00 ID:8Y6WxGgP0
ジョンコルトレーン、マイルスデイビス、ビルエヴァンス


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:11:19.72 ID:VNr0XD1/O
小説でシャーロックホームズは?

オレンジの種五つ 白面の騎士 高名な依頼人


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:11:57.02 ID:+klANQemO
ナボコフ・カフカ・スタンダール・トルストイ辺り読んどけばとりあえず格好付くし外文科の女の子とも仲良くなれる
そう思っていた時期が僕にもありました


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:12:37.72 ID:8Y6WxGgP0
クラシックはコンピで囓るくらいでいいよね、一般教養だし


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:13:11.16 ID:eGFlepAR0
洋楽厨の俺がオヌヌメする重要かつ聴きやすいロックアルバム

【60年代~80年代】
有名なの
【90年代】
Nirvana「Nevermind」
Nine Inch Nails「Broken」
Rage Against The Machine「Rage Against The Machine」
Beck「Odelay」
My Bloody Valentine「Loveless」
Oasis「Whats the Story Morning Glory」
Radiohead「The Bends」
Mogwai「Kicking A Dead Pig」
【00年代】
White Stripes「Elephant」
Arcade Fire「Funeral」
MGMT「Oracular Spectacular」
Kasabian「Kasabian」
Coldplay「Viva La Vida」
Arctic Monkeys「Whatever People Say I Am, That's What I'm Not」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:14:47.89 ID:rWc3eCZC0
論語
ちゃんとした解説ある本で読めばめちゃくちゃ面白いと思うんだけどなー

とりあえず下村湖人『論語物語』から


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:18:09.62 ID:mCsKU9p10
>>57
論語と言えば呉智英の「現代人の論語」がおもしろかった
ヨシ!論語読むぞ、となるが結局論語そのものは読破できない


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:19:05.71 ID:B6sz8aF70
科学技術者のための基礎数学(矢野健太郎)
兵法(孫子)
包丁使いと基本料理(検見崎聡美・吉田瑞子)


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:21:48.98 ID:eGFlepAR0
文学厨の俺がオヌヌメする重要かつ面白い小説

ドストエフスキー「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」
チェーホフ「かわいい女・犬を連れた奥さん」(短編集)
カフカ「城」
ゾラ「居酒屋」
セリーヌ「夜の果てへの旅」
カミュ「異邦人」
サルトル「嘔吐」
ヘミングウェイ「老人と海」
ブコウスキー「町で一番の美女」(短編集)
サリンジャー「ライ麦畑でつかまえて」
カーヴァー「頼むから静かにしてくれ」(短編集)
ガルシア=マルケス「百年の孤独」


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:23:57.96 ID:ZKpueMTL0
クラシック音楽だと,流行り廃りがないという意味で,いつの時代でも一般教養として
通用するのはなんといってもJ. S. バッハだ。
ミサ曲ロ短調
平均律クラヴィーア曲集(1と2がある)
フーガの技法
その他いろいろ最高級品が揃っている。
なお,カンタータや受難曲もいいが,まずミサ曲を知っておくと,
さまざまな時代に同じテキストの曲が書かれているのでお得だ。

とにかく別世界を見たければ,なんかオルガン曲聴くといいと思う。
ただし,たとえば「いざ来ませ,異邦人の救い主よ」とかタイトルっぽいのが
書いてあるやつは,当時の聖歌に基づいて作られた音楽なので
(タイトルっぽく書いてあるのは実はその聖歌の最初の行),
いきなり聴いてもわけわからんことが多い。
「前奏曲とフーガ」など,純粋器楽曲のほうが無難。



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:28:46.76 ID:rWc3eCZC0
『孟子』『老子』『荘子』『韓非子』なんかの諸子百家
『詩経』『唐詩選』とかの漢詩
『唐宋八家文』の散文
『水滸伝』『三国演義』『西遊記』『紅楼夢』の四大名著

問題は漢学の素養自体が一般教養から脱落しつつあること

堅苦しいこと抜きにして娯楽で読むなら一番下の小説四つかな
これはどれ読んでも面白い


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:35:45.56 ID:XKlZYxDb0
一般教養かどうかっつーと少し違うと思うけど、
「空想科学読本」シリーズは面白い

理系なら読んだ事あるやつ多いから話のネタになるし
文系でも科学のことを易しく書いてあるから知識が増えると思う


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:52:05.59 ID:u0KU3U960
要するに知名度があって面白い作品でいいんだろ?
ミステリー厨のオレとしては

京極夏彦「子穫鳥の夏」 
我孫子武丸「殺戮に至る病」

が鉄板。京極いいぞ、やたら旧字体とか無駄に難しい漢字使ったりオサレだぞ

オサレ感で言うと森博嗣の「すべてがFになる」とか台詞回しが超オサレ。オサレすぎてウザイ
伊坂幸太郎もオサレ。やたらビートルズとボブ・ディランとゴダールをプッシュするオサレ作風


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 15:59:26.15 ID:qQecfkGF0
日本ミステリーなら涼宮ハルヒの憂鬱


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 16:02:21.23 ID:XKlZYxDb0
>>100
どうしてあんなに売れてるのか
確かにミステリーだな


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 16:03:51.55 ID:u0KU3U960
>>104
絵がのいぢだから


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 16:05:41.42 ID:MaTsUgwl0
>>105
ヤロウ…タブー中のタブーに触れやがった…


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 16:21:04.72 ID:cD7f+cbOO
メトロポリスやら白黒の映画はしってたらかっこよくね


134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 16:31:11.72 ID:Q5Msmr2tO
>>125
昨日ちょうどメトロポリスの話してたよ。白黒時代なのにロボのデザインがむちゃくちゃスタイリッシュだよね。



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 17:06:17.35 ID:bSMVNjBc0
映画というかドラマになるんだけど、バンドオブブラザーズは面白かったな


165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 17:19:43.59 ID:6J33/8N30
10代で読んでいないと恥ずかしい必読書

プラトン『国家』 アリストテレス『ニコマコス倫理学』 ショーペンハウアー『意志と表象としての世界』 
ヘーゲル『精神現象学』 デカルト『省察』 パスカル『パンセ』 ライプニッツ『単子論』 
カント『純粋理性批判』 キェルケゴール『死に至る病』 バーク『フランス革命の省察』 
ジェイムズ『宗教的経験の諸相』 ニーチェ『道徳の系譜』 ベーコン『ノヴム・オルガヌム』 
フッサール『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』 メルロ=ポンティ『知覚の現象学』 
ハイデッガー『存在と時間』 アーレント『精神の生活』 ヨナス『責任という原理』 
サルトル『存在と無』 ベルグソン『時間と自由』 ミンコフスキー『生きられる時間』 レヴィナス『全体性と無限』 
フロイト『快感原則の彼岸』 ドゥルーズ=ガタリ『アンチ・オイディプス』 
フォーダー『精神のモジュール形式』 ヤスパース『精神病理学総論』 エレンベルガー『無意識の発見』 
ラカン『精神分析の四基本概念』 フーコー『言葉と物』 ソシュール『一般言語学講義』  
ヴェイユ『重力と恩寵』 ディルタイ『精神科学序説』 ブーバー『我と汝・対話』 ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』 
ミンスキー『心の社会』 ライル『心の概念』 バタイユ『エロティシズム』 アガンベン『ホモ・サケル』 
ラッセル『西洋哲学史』


166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 17:20:23.06 ID:6J33/8N30
ルソー『社会契約論』 スピノザ『エチカ』 ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』  
リップマン『世論』 オルテガ『大衆の反逆』 マンハイム『イデオロギーとユートピア』 フロム『自由からの逃走』 
ミルズ『パワーエリート』 リースマン『孤独な群衆』 パーソンズ『社会的行為の構造』 デュルケム『自殺論』 
イリイチ『シャドウ・ワーク』 M・ポランニー『暗黙知の次元』 バレーラ、マトゥラーナ『知恵の樹』 
ルーマン『社会システム理論』 ブルーム『アメリカン・マインドの終焉』 シオラン『歴史とユートピア』 
ハバーマス『晩期資本主義における正統化の諸問題』 ロールズ『正義論』 ブルデュー『ディスタンクシオン』 
オング『声の文化と文字の文化』 アドルノ&ホルクハイマー『啓蒙の弁証法』 フランシス・フクヤマ『歴史の終わり』 
サイード『オリエンタリズム』 ジジェク『イデオロギーの崇高な対象』 アンダーソン『想像の共同体』 
シンガー『実践の倫理』 マッキンタイア『美徳なき時代』 ホイジンガ『ホモ・ルーデンス』 カイヨワ『遊びと人間』 
フレイザー『金枝篇』 モース『社会学と人類学』 レヴィ=ストロース『悲しき熱帯』 ギアツ『文化の解釈学』 
キャンベル『千の顔をもつ英雄』 ブローデル『地中海』 ウォーラーステイン『近代世界システム』 
クラウゼヴィッツ『戦争論』 アダム・スミス『国富論』 ゾンバルト『恋愛と贅沢と資本主義』 
ベンタム『道徳と立法の原理序説』 ミル『自由論』 マルクス『資本論』 アルチュセール『資本論を読む』 
シュンペーター『経済発展の理論』 フリードマン『資本主義と自由』 ハイエク『法・立法・自由』 
ケインズ『雇用・利子および貨幣の一般理論』 ヴェブレン『有閑階級の理論』 ポランニー『大転換』 
ボードリヤール『消費社会の神話と構造』 セン『貧困と飢饉』 ベル『資本主義の文化的矛盾』 


167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 17:21:05.87 ID:6J33/8N30
ドラッカー『「経済人」の終わり』 サイモン『経営行動』 ギデンズ『近代とはいかなる時代か』
ホワイトヘッド『過程と実在』 クリプキ『名指しと必然性』 ポパー『推測と反駁』 クーン『科学革命の構造』 
ラカトシュ『方法の擁護』 デイヴィドソン『真理と解釈』 パトナム『事実/価値二分法の崩壊』 
ベイトソン『精神の生態学』 ベンヤミン『パサージュ論』 デリダ『法の力』 リクール『時間と物語』 
ペンフィールド『脳と心の正体』 スローターダイク『シニカル理性批判』 シュミット『政治神学』 
ダール『ポリアーキー』 ヴァイツゼッカー『ゲシュタルトクライス』 チョムスキー『文法理論の諸相』 
ヴィゴツキー『思考と言語』 パノフスキー『イコノロジー研究』 ソンタグ『反解釈』 ウィルソン『生命の多様性』 
ドーキンス『利己的な遺伝子』 ギブソン『生態学的視覚論』 ケストラー『機械の中の幽霊』 
ラマチャンドラン『脳のなかの幽霊』 イーザー『行為としての読書』 イーグルトン『文学とは何か』 
ホフスタッター『ゲーデル、エッシャー、バッハ』 ド・マン『ロマン主義のレトリック』 ブランショ『文学空間』 
ガダマー『真理と方法』 ローティ『哲学と自然の鏡』 セラーズ『経験論と心の哲学』 レイコフ『認知意味論』 
ダマシオ『生存する脳』 クワイン『ことばと対象』 アウエルバッハ『ミメーシス』 ミード『西洋近代思想史』 
ネグリ『構成的権力』 クリステヴァ『詩的言語の革命』 ランシエール『不和あるいは了解なき了解』
クリシュナムルティ『生と覚醒のコメンタリー』 バルト『エクリチュールの零度』 マクルーハン『メディア論』
ボルツ『グーテンベルク銀河系の終焉』 キットラー『グラモフォン・フィルム・タイプライター』


187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 17:53:16.46 ID:qCJ5MQRg0
大学生なら自分の専門の実用書を読むのが一番有益。
文学なんかにうつつを抜かして、あまつさえ「教養」だなんてほざくようになるのは一生を棒にふるようなもん。
暇なときに息抜きに読んだりするのは構わんけどな。

ショーシャンクの空に

百年小説


ベスト・クラシック100

日本映画史100年

一般教養として知っておくべき映画とか小説とか音楽教えてくれ
2010/9/28
59
オススメ
記事検索
11/01リニューアル。
IE,FireFox7.01
Opera11.51,Chromeで確認。
細かいところは追々作っていきます。
人気記事ランキング
スレッドタイトル:一般教養として知っておくべき映画とか小説とか音楽教えてくれ
  • 1
    これらを読破してからラノベを読むと、厨臭さでは大差ないことがわかる

    ID:oQb9wojX02010年09月28日 22:06
  • 2
    一般教養ってすごいあやふやだよな
    何が一般なのか分からん

    ID:Yq8Kebvl02010年09月28日 22:17
  • 3
    キモオタ御用達の本あげてるやつは頭おかしいの?オタク教養なんていらないだろ

    ID:pJxZiKj0O2010年09月28日 22:22
  • 4
    >>96
    うぶめ をめんどくせー書きか方しやがって。本編読んだからこそだろうがうぜえな。

    何でもいいからターミネーター2見とけ
    面白いよ、楽しめるよ

    ID:wVtEh1w902010年09月28日 22:43
  • 5
    最後のやつ全部読もうとしたらそれだけで人生使い果たす気がする

    ID:SjHgQAMc02010年09月28日 22:48
  • 6
    結局面白けりゃなんでもいいだろ

    古典的な名作>面白い新刊
    なんてのは本を楽しく読んでない人間の言うこと

    ところで小説や論文もいいけど、紀行文とかエッセイ読もうぜ!!
    玉村豊男とかあっさり読めるぞ!!

    ID:54wug6ey02010年09月28日 22:49
  • 7
    映画
    ローマの休日
    サウンドオブミュージック
    ニューシネマパラダイス
    ゴッドファーザー
    異論は認める

    ID:FJWDHN1f02010年09月28日 22:56
  • 8
    とりあえず俺に教養が無いことだけは分かった

    ID:lwm9ZHHu02010年09月28日 22:57
  • 9
    こういうスレをブックマークするだけしといて結局何一つ読まないっつーはてブコメントおまおれ

    ID:U0EXVl2d02010年09月28日 22:59
  • 10
    娯楽ってのは一般教養とか人格形成の為のものではないだろうに…

    ID:gk8w64LbO2010年09月28日 23:10
  • 11
    やっぱ日本固有の文化かな。
    何も知らないようだと外国人にナメられるし、同じ日本人としても悲しい。

    たとえば映画。白黒は見にくくて嫌だという気持ちは分かるが、
    代表作だけでもいいから黒澤明・小津安二郎・溝口健二の3人は観ておいてくれ

    ID:t6fIpJdS02010年09月28日 23:10
  • 12
    俺たちに明日はない
    仁義なき戦い
    北陸代理戦争
    ガントレット
    スカーフェイス
    グッドフェローズ
    ソナチネ
    エレクション
    アウトレイジ

    ID:dhoCLwul02010年09月28日 23:11
  • 13
    いまさら見るハリウッド娯楽映画としてはバックトゥーザフューチャー1だけ見とけば間違いないと思う
    あと※7は無難

    ID:hVyUHESc02010年09月28日 23:13
  • 14
    バッハってか古典が好きなヤツは俺の中で大人、すげー大人

    ID:VlO5k.d.02010年09月28日 23:14
  • 15
    >>187
    自分の専門を一番にというのは確かだけど、だから教養は切ってもいいというのは狭い

    ID:IVJizNLH02010年09月28日 23:14
  • 16
    >>187には同意できない。小説や映画ってのは自分の知らない世界を知ったり、疑似体験できたり、他人の考えを知る事が出来るツールの一つなんだよ。
    もちろんしょーもないやつもいっぱいあるけど、それは実用書も一緒だよね。
    だいたい>>1は一般教養として「知っておきたい」というだけで「読んだら絶対賢くなれる!」なんてアホな勘違いはしていない。常識として知っておくべき作品というのは事実存在しているわけで(公務員試験などにも小説・音楽などの一般教養の問題は出てくる)、それを教えて欲しいだけでしょ。

    ID:KHkY4urz02010年09月28日 23:17
  • 17
    >>1に終ノ空が入ってねえとか無いわ
    ニワカ消えろや

    ID:5gpTi.SZ02010年09月28日 23:20
  • 18
    最後のは何も考えずにただ有名な本を挙げてるだけってすぐ分かるな
    ラッセルで『西洋哲学史』を薦める馬鹿はいねーよ

    ID:J.aU.Oky02010年09月28日 23:20
  • 19
    小説じゃないが池谷裕二の「進化しすぎた脳」
    脳科学の最先端の知見を、中学生でも分かりやすく説明している良書
    肉体が脳に与える影響ってこんなにも大きかったんだな、と衝撃を受けた
    脳の良しあしは肉体が規定しているといってもいいぐらいだ

    映画の教養はこのポッドキャスト聴いてれば自然に身につくと思う
    その中でも、何度も話題に出されてる作品を視聴していけばいい
    (素晴らしき哉、人生! とか)
    http://enterjam.com/?eid=135#sequel

    ID:0pXSTiGn02010年09月28日 23:22
  • 20
    ※17
    型月が削られてるのに悪意を感じた

    ID:dhoCLwul02010年09月28日 23:25
  • 21
    映画の芸術性や文化的価値は全く否定するつもりはないが、いわゆる古典とされている書籍の類と比べると、映画は正直なところ一般教養の次元には達していないと思う。
    一般教養を高めることを目的とするなら、岩波文庫あたりの古典を片っ端から読めば良いんだよ。三国志や水滸伝だって余裕で一般教養になると思うぞ。
    その一方、古典とは言えない現代の書籍で、それっぽいかっこいい本を挙げてみると、実はそのほとんどが一般教養を超えた専門書なのではないかと思える。流行を追ってこういう本に乗っかるのも別に否定はしないが、一般教養を高めるのとはちょっと違う作業なのかなと思う。

    ID:Tunan5Qg02010年09月28日 23:28
  • 22
    ヘルマンヘッセとか読んでもいいと思うけどねぇ

    ID:iOzr0uVH02010年09月28日 23:28
  • 23
    ※4
    ニューシネマパラダイスはシネコン世代に見せてもピンとこないだろう
    あれは「3丁目の夕日」みたいなものだ

    ID:ikhhOP3X02010年09月28日 23:39
  • 24
    >>187に賛成だな
    小説や哲学書を乱読すれば教養がつくと思ってる節があるし1

    人間としての幅は対人関係頑張ればつくよ
    ここで出てるのはあくまでも上等な娯楽として考えるべし
    ラノベがパチンコやねとげと同等と仮定したら
    古典小説や哲学書は囲碁やスポーツ的な・・・

    ID:fRtC9n0d02010年09月28日 23:57
  • 25
    シェイクスピア、司馬遷。

    ID:BDgu2Iiq02010年09月28日 23:57
  • 26
    最後の人キリッ忘れてる

    ID:lkbHzk0S02010年09月28日 23:59
  • 27
    教養映画・・・
    ジョニーは戦場へ行った
    ソイレントグリーン
    アビス 完全版
    2001年宇宙の旅 及び 2010年宇宙の旅
    チャップリンの独裁者

    自分の見たので教養として使えそうなのはこのくらい・・・洋画ばっかですまん。

    ID:PxKBrkyj02010年09月29日 00:15
  • 28
    興味のあるジャンルから入っていけばいいんじゃないかね。
    ま、なんにせよ全部目を通す必要は無い。ある程度でいいよ。
    対人関係に役立てるつもりなら、むしろ「へー、それ読んだ事無いな。どんな話?」ってさらっと言える事のが大事。

    ID:mkK1l0IE02010年09月29日 00:26
  • 29
    岩波文庫は名著ばっかだから、いろいろ読み漁ってたらいつの間にか教養身につくよ。
    最後の「10代で読んでないと」てのは、「大学生が~」が正しいね。10代で哲学書とか
    読んでも絶対理解できない。大学院生でもまともに理解できてる人間なんてほとんど
    いないんだから。

    ID:zBDDFNUZ02010年09月29日 00:49
  • 30
    クラシックは大バッハだけじゃなく、時代あるいは土地ごとに
    聴いたほうがためになるだろうな。
    バロック物はバッハ聴いておけばいいだろうけど、古典派なら
    ベートーヴェン・モーツァルトの交響曲・オペラ・ピアノソナタとか
    ドイツロマン派ならシューベルトの歌曲・シューマンのピアノ曲
    フランスロマン派ならフランクの器楽曲・サン・サーンスの器楽曲
    あと国民楽派とか印象派とか近・現代物~という感じに

    ID:KDxR5wfj02010年09月29日 00:55
  • 31
    ※187が真理だった。
    社会人としてコミュ力つけたいだけなら、偉人関係の話とか雑学シリーズとか
    適当に読んどけば世間話には事欠かない。ことわざの由来なんかも割りに良い。
    文学や哲学に傾倒しても宝の持ち腐れ。知識が増えて情感度は上がるがどこにも
    生かす場所がないから一般教養じゃない。論理思考を身につけたいのなら科学系だしな。
    洋書の類は原書を読め。原書の言語が判らなければ習え。翻訳書いくら読んでも
    翻訳者のサブカルに汚染されるだけだから人生の無駄。

    ID:n.5W12W102010年09月29日 01:01
  • 32
    SFとミステリの有名どころは抑えておきたいね
    あとせっかく無宗教の日本人に生まれたんだからあらゆる聖典を気軽に読んでやるのもいいんじゃないか

    ID:IaNwLE3f02010年09月29日 01:55
  • 33
    なぜホッブズのリヴァイアサンがないのだ!!

    ID:5Rz3Gydd02010年09月29日 02:10
  • 34
    三国志くらい読んどけよ・・・まじで、切実に

    ID:7Hgk1i2u02010年09月29日 02:28
  • 35
    アレントはまず『全体主義の起源』か『人間の条件』じゃないのか。
    あとはカッシーラーとかヴェルフリンとか芸術史学芸術哲学系もパノフスキー以外に入れて欲しかったわ。
    基本的には松岡正剛が紹介してる本辺り読んでいくのがいい気がするけど。

    ID:cQnZH4xE02010年09月29日 02:53
  • 36
    クラシックは、作曲者よりも演奏者とか指揮者で聴いてくとコア(笑)なファンのフリができるよ。
    セル最高!とかムラヴィンスキー超鬼!とかカラヤンクソ!(笑)とか。

    ID:ydmoVrZf02010年09月29日 03:51
  • 37
    ※36
    クラは教養としては確実に作曲者中心で知っておくべきだろ
    音楽の教科書に出てきた奴ら抑えとけば十分教養として通用する
    奏者や指揮者は趣味の世界

    ジャズはジャズジャイアンツとか100人以上いるから、スタンダードの曲を知っておけばよい
    ロックとかポップスはビートルズ知っとけば十分

    ID:ZW7u9T5F02010年09月29日 05:40
  • 38
    教養ってのはそうじゃないだろ
    例えばラノベでも十分教養になる
    それらを読むことで例え自分が楽しめなくてもそれらを楽しむ人がいるということを理解し、その尺度だとか手段を自分の中に取り入れたものが教養

    ID:iPGI5q1JO2010年09月29日 08:52
  • 39
    流行という意味では「禁書」は間違いではないが、よくこのラインナップの中で挙げれたな。

    ID:3bfPh.r202010年09月29日 11:21
  • 40
    とりあえず現代だったらハードボイルドワンダーランドでもよんどきゃいいんじゃね

    ID:zsf8sDT402010年09月29日 11:21
  • 41
    教養なら新渡戸稲造の武士道だろ。
    あれを読まない日本人とかないわ。

    ID:ViDbpl.u02010年09月29日 11:52
  • 42
    東野圭吾作品はフツーに読み物として面白いし話題になりやすいからいいと思うよ

    ID:3y1kqPtg02010年09月29日 12:52
  • 43
    一般教養って言ってるのにラノベとか東野圭吾とか言ってる人は脳が萎縮でもしてるの

    ID:5uUYJ54402010年09月29日 13:22
  • 44
    夏休みにフェアで書店に並ぶ100冊とかの文庫本から
    適当に興味を惹かれたのを選べばいいと思う

    ID:JbTEatnR02010年09月29日 14:54
  • 45
    本なんて好きな奴読みゃいいんだよ
    と元司書が言ってみる

    挙がってないけど時代物は面白い作品が多いぞ
    宮部みゆきの時代物は短編集・長編どちらも
    読みやすくて入門編としてオヌヌメ

    ID:6avD6qkD02010年09月29日 22:54
  • 46
    クラシックはベスト100みたいなのを聞くぐらいなら
    始めから聞かないほうがいい。
    上の誰かも言ってたけど、名指揮者の歴史的名盤みたいなのを聞くべきだ。
    はっきりいって同じ曲でもぜんぜんちがう。
    音楽は感動だ。その感動を味わわないと、なにも身につかん。
    平凡な演奏では絶対に感動できん。仮に感動したとしても、それはホンモノではない。

    ID:l3ScTdpJ02010年09月29日 23:35
  • 47
    日本人の一般教養なら時代劇もいるんじゃね?

    ID:hSH7TxRJ02010年09月30日 01:22
  • 48
    映画なら
    サウンドオブミュージック
    雨に歌えば
    オリバー
    らへんのミュージカル映画の傑作も見ておいて損はないと思う

    ID:pghqzyyu02010年09月30日 01:58
  • 49
    自分で探せよだっせーなあ

    ID:IM2tPHNf02010年09月30日 03:18
  • 50
    谷崎潤一郎の春琴抄、教養にはならないけどすごい美しい話、面白かった。

    ID:vUv4ACXgO2010年10月01日 21:17
  • 51

    赤毛のアンと星の王子さま、ギリシャ神話集に青ひげ。
    ホテルルワンダ。

    教養だと思う本や映画のポイントは人によって違うよね。
    一番は人から学んだほうが早い、確実だとも切実に思う。

    ID:kkm6atCd02010年10月03日 20:14
  • 52
    >>14のテクノの欄にYMOが、ゲームの欄に古代祐三が入っていれば完璧だった。

    ID:HoOR8VHW02010年10月07日 11:15
  • 53
    一般教養を身につけるどころか
    一般教養がなんなのかすらわかってないやつら多すぎだろ
    一般だぞ一般

    ID:ve3CLECD02010年10月10日 20:30
  • 54
    人から教えられたものは単なる知識であって知恵ではない。ゆえに教養になるものではない。たくさん汗かいて無駄足踏んで自分の頭で判断して結果つかみとるのが教養なり。

    ID:YMsv.5XyO2010年10月15日 01:33
  • 55
    私はあまり映画に興味持たずにいましたが、最近よく映画の話についていけなくて会話に困ることがあります。映画も娯楽ではなく教養だと気づいてこれから勉強しようと思います。その中で、
    <音楽にも関連のある作品>
    サウンドオブミュージック、アマデウス、ウェストサイドストーリー、(のだめカンターヴィレ)

    <映画の会話で耳にしたタイトル>
    ニューシネマパラダイス、風とともに去りぬ、太陽がくれた季節、マイフェアレディー、プリティーウーマン、奇跡の人、

    ・・・


    参考まで・・・

    ID:E.6GTuiT02010年11月14日 04:16
  • 56
    新約・旧約聖書
    ギリシア・ローマ神話(神統記・変身物語等)
    哲学書や純文学を深く味わい、楽しんで読むためには、この2つは抑えておいた方が良い。
    詩、幻想譚、メルヒェンを楽しみたい人には是が非でも読んで欲しい。

    教養だけでなく、思想を深めたいと思っているなら、仏教の経典を読むのもいいかも。
    だけど、奥義書であるウパニシャドやリグヴェーダは膨大な種類、量があるから読み切るのは難しそう。
    …なので、「シッダールタ」ヘルマン・ヘッセ著を薦めておく。

    ID:pWxdPaadO2011年02月03日 13:49
  • 57
    とりあえず「ソフィーの世界」読んどけばおk
    西洋の歴史と思想がサラッと分かるようになる
    しかもブックオフで105円

    ID:OFx69czp02011年03月28日 16:25
  • 58
    中島敦。
    文字禍・弟子・名人伝・狐憑・悟浄歎異とかいいよ
    堅苦しい漢文調だけど短編だから苦にならないし面白い

    ID:Hm0Iho5KO2011年09月20日 09:59
  • 59
    実用的な知識を一般教養とは言わん

    ID:jhC2nRr.02014年06月27日 17:30
  • 一般教養として知っておくべき映画とか小説とか音楽教えてくれに書き込み
    名前

    アクセスランキング ブログパーツ アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング はれぞう総はてなブックマーク数 アクセスランキング