2016年06月26日

やっぱり、私はボスドロの方がまだマシっぽい

・早朝の出兵で貞ちゃん拾えて狂喜乱舞。
・なんというか正統派の主人公声っぽいね。
・ランクアップまでは完了したので満足。
・名古屋ー京都間はK’zすら見終わらない。
・どうせなら壬生の史跡も見たかったな。
・久しぶりに歴史報告を聞かせてもらえた。
・ニパチにしてはちゃんと出てきた方か。
・さすがに今日は二次会はやらない方向で。
・そろそろスケジュールを確認しなきゃ。
・このまま三位の一人旅が続きそうな展開。

darkmist_k at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月25日

ちゃんと事前確認しないからこうなる

・会場間違えるとかバカじゃないの私。
・壬生がこんな山奥にある筈がなかった。
・色々と今後の講義のネタになりそう。
・やっぱり雑談はイギリスの話が中心か。
・懇親会で過食を自制する程度の症状。
・そろそろ肩身が狭い立場になってきた。
・今回の歯の詰め物には微妙な違和感。
・貞ちゃん以前に検非違使すらも出ない。
・疾風の勇人の一巻をようやく買った。
・明日はどのセッションに出ようか迷う。

darkmist_k at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月24日

昨日の話とか今日の話とか先週の話とか

 うーむ、まぁ、分かってはいたけど、6人ブレカナはやっぱり無謀だったか。ストーリー自体は単純というか、あっさりと進めばすぐに終わる筈だったんだけど、6人もいたら、そりゃあ、あっさりと進む筈もないわな。そして、6人でタロットを回すと、ウェントスの回転が早いのが超怖いけど、割と正位置が多かったこともあり、今回は無事に一人も闇落ちは発生せずに済んだのでありました。さぁ、残すはあと4話。そろそろ物語としてのオチの付け方を考えないとな。 
 あ、ちなみに、水曜花吹雪の方は、どうにか無事に参加者が集まりました。全員1・2年生という、超フレッシュなメンバーなので、これは非常に楽しみです。一人「D1」が混ざってるような気がするけど、気にしない気にしない。

 で、家に帰ってきて、メンテ後のとうらぶを開いたら、7-2解放&貞ちゃん実装というサプライズ。システムメンテナンスとしか書いてなかったから、ちょっと不意打ち。明石の頃は発表されてから実装までに結構間が空いてた気がするけど、最近はそうでもなくなってきたのね。てか、延享ステージ、結構ガチでキツイわ。高速槍だけでなく、全体的に敵の火力が高いから、ボスマス到達までにそこそこ削られた上で、最後の最後で一気に剥がされる。速度と統率をどれくらいのバランスに設定すべきか、判断が難しい。
 当初の計画だと、検非違使は池田屋で稼いだ上で、ノルマ達成してから余裕があれば白金台を攻める、くらいの気持ちで考えていたけど、むしろこの厳しいステージを乗り切るために、検非違使という安牌を早めにここにも出現させた方が良いだろう、と思えてきたので、今後はしばらくここに入り浸ります(もっとも、まだ新橋にすら出てないけどね)。

 そして、今日は朝から歯の神経を除去したり、血を抜いたりしてた訳だけど、昼頃にまさかのEU離脱派勝利のニュースが。まぁ、所詮は法的拘束力のない国民投票だし、そもそも抜けたいと言ってすぐ抜けられる訳でもないし、最終的にはマーストリヒト条約の時みたいに、色々と例外条項作った上で残留という形になるんだろうけど、そこに至る前にスコットランドと北アイルランドが暴発しそうになってるのが、余計に事態をややこしくさせている要因か。
 いっそのこと、30年前に(デンマーク本国がECに残ることを前提に)ECから離脱したグリーンランドみたいに、UKとしては残留した上で、イングランド(とウェールズ?)だけ抜ける、という選択肢を協議しても良いと思うのだけど、ダメなのかな。てか、スコットランドの独立を阻止しようと思ったら、もうそれしか方法はない気がするし、それが一番八方丸く収まる解決策じゃね?(個人的には、同君連合として独立する方が面白くなりそうな気はするんだけど)
 で、キャメロン辞任は当然だろうけど、問題はこの後をどうするか。多分、誰がやってもまとまらないと思うし、もういっそのこと、解散総選挙やってみたら? どうせ小選挙区制なんだし、党議拘束なしのガチンコで、各候補が好き勝手に残留/離脱を表明した上で選挙した上で、新く選ばれた議会の中で全部決めればいいじゃん、という気もするのだけど、今の保守党としてみれば、それは自分達の議席の一部を独立党に奪われるだけの愚行なので、やる筈もないわな。さて、ではどうすれば良いのか。とりあえず、明日の比較政治学会に行けたら(まだ未定)色々な人達に色々聞いてみよう。

 可変ライダーの作者ですら恐れおののく相手と言ったら、もう「あの人」しかいないじゃん。てか、もう「あの神」しかいないじゃん。そうだよね、考えれてみれば、あの御方も昆虫大好きだったよね。だからこそ、名前の最後に「虫」なんて付けてるんだよね。いや、でも、さすがに、それはダメだと思うんだ。あの御方だけは、気軽に出していい存在じゃない気がするんだ(それを言ったら、岩峰先生の時点でもう既にアレなんだけど)。あー、ヤバい。超楽しみ。でも、この人はNo.1とは別枠の存在であってほしい気もする。
 おぉ、ちゃんと5位決定戦は本編でやってくれるのね。ただ、さすがにこの先鋒の面々だと、怜が明らかに一人だけ格上なので、これは早めに体調不良をぶり返してもらわないと、先鋒戦だけで終わってしまいそう。いや、まぁ、所詮は前座なんだから、それで良いと言えば良いのかもしれないけど、さすがにそれは肩すかし感がハンパ無さすぎる。そういや、ビッグガンガンの方の外伝は、制服からして中学編の話なのかな? でも、彼女が予知能力に覚醒したのは高校に入った後の筈だし……、さて、どんな話になるのやら。
 口約束を守るか否かが自由なら、他のプレイヤーと結託するのも自由でしょ。てか、少なくとも審判は最初から気付いてるでしょ、これ。まぁ、そんな冷静な判断が出来ないくらい動揺してるということなんだろうけど、さて、果たして、どういう原理で掲示板をごまかしていたのか。一番可能性がありそうなのは「彼女」と結託している可能性なんだろうけど、相談する時間は無かったし、そもそもあの状況で協力するメリットが「彼女」の方には無さそう。なかなか、このトリックの種明かしは面白そうだな。

darkmist_k at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)