皆殺しの天使は電撃チャックの夢を見るか

ドキドキするのは暴力とエロ!映画に必要な物は血とオッパイだ!

レディ・ガイ

A13xNptNwwL__SY445_  クソ暑い日が続いてる今日この頃、本気で暑くて死にそうです。ここんとこしばらく夜勤生活が続いてるので、仕事から朝帰ってきて昼間に寝るんだけど、とてもじゃないけど寝られる気温じゃありません。俺の家にはエアコンが無いので、家中の窓を全て開放して通気を良くして扇風機をフル稼働して寝る。カーテンを締めちゃうと通気が悪くなるので開けたまんまなので、明るくて眠れないからタオルを目に乗せて寝ます。去年なんかはこんな感じでも眠れたんだけど、今年の暑さはマジで尋常じゃないです。水をガブ飲みしてから扇風機の前に行くと、しっとりとかいてくる汗が風で冷やされて快適で、汗が体温調節をするという人体の神秘を実感できます。暑くて耐えきれなくなった時や、汗で体がベトベト過ぎる様になった時用に、常に浴槽にはぬるま湯を用意してあって、時々ドボンと浸かります。気持ち良いです。そんな事をしながら、短くて浅い眠りをちょこちょこと繰り返しつつ夕方の気温が下がり始めた頃にようやく本格的な眠りにつけると思った頃は、起きて仕事に行かなきゃいけない時間で、「マジすか」と思いつつ起き上がる日々。今年の暑さはマジでヤバい。キンキンに冷えてる東武野田線の強冷房車内は神的な快適さです。こんな日々を過ごしてる今日この頃、先日誕生日を迎えました。なので誰か誕生日プレゼントでエアコンを買って下さい!
bandicam 2018-07-02 08-37-38-225












「レディ・ガイ」
凄腕の殺し屋が闇社会から色々と恨みを買って、その報復として拉致られて眠らされてる間に性転換手術をされて女に改造されちゃったという物語。目が覚めたら女になってて、自分のオッパイの膨らみに驚き、股間にあるはずのチンコがなくなっててその代わりにマンコになってる事を確認して「なんだこれはー!」ってなる殺し屋、その殺し屋を演じてるのが世界最高峰の男気タフネス女優、ミシェル・ロドリゲス姐御!この設定とこのキャスティングは完璧過ぎる程のドハマりでしょって事で、劇場公開時からずっと観たかった映画をやっbandicam 2018-07-02 08-21-48-853と観る。最近じゃすっかり出不精になって、劇場映画は近所のシネコンでしか観なくなってしまった千葉県在住の俺には、都内でしか上映しない映画を電車で片道1時間以上かけて観に行くというのは、なかなかハードな一大行事なのです。そんなわけでようやく観れたんだけど、結果としては物凄く「そうじゃないだろ感」が漂う映画でした。
この設定とこのキャスティングで全て終了しちゃってる映画で、それ以上の物は何もありません。驚いた事にこんなブッ飛んだ設定なのに、内容は70年代風のスーパークールなハードボイルド映画にアメコミ風なエキスを滴らせてみました的な感じで、至ってマジメな作風なんです。女に改造されちゃって苦悩するミシェル・ロドリゲス姐御の地味な復讐劇。ド派手な活劇場面は皆無です。ガン・アクションも地味でシンプル。ひたすらクールに徹してます。こういうクールなハードボイルド映画は嫌いじゃないけど、でもこの場合は違うでしょ。女に改造されちゃったミシェル・ロドリゲス姐御のブチ切れ豪快アクションを展開させるべきだし、内容的にももっと分かりやすいボンクラ映画にするべきでしょ。ってかそういうのを観たかったんだよ、俺は!設定自体が既に暴力的なギャグなのに、それなのに何マジメにやってんの。そうじゃないだろ感が充満します。これなら、女に改造されたわけじゃなくて、初めから普通に女のいつものミシbandicam 2018-07-02 12-52-34-421ェル・ロドリゲス姐御の方が何倍も男気に溢れてますよ。男を演じて逆に女々しくなってるミシェル・ロドリゲス姐御。こんなにクヨクヨしたミシェル・ロドリゲス姐御なんて観たくないっすよ!しっかりしてくださいよ姐御!
それとミシェル・ロドリゲス姐御のオッパイ丸出しなサービス場面も何度か登場してくるんだけど、だけどミシェル・ロドリゲス姐御のオッパイって見たいと思うか?例えばゾーイ・ベル姐御とかジーナ・カラーノ姐御とか、他のマッチョなタフガイ女優にも同じ事が言えるんだけど、ミシェル・ロドリゲス姐御はそりゃあ大好きな女優ですよ。タフでワイルドで男気に満ちた素晴らしい女優だと思います。だけどオッパイは見たくないでしょ。説明が難しいんだけど、そのオッパイが変でダメなオッパイだったってわけじゃなくて、ちょっと外側に離れてるけど特に何って事の無い普通のオッパイで、「ミシェル・ロドリゲス姐御ってこういう普通のオッパイなんだ」と思いながら、何て言ったらいいんだか、見ちゃいけない物を見て気まずくなっちゃったみたいな、そんな感じなんです。ってか、そこをサービスしてくれなくっても。そうじゃないんだよなあ。
そんなミシェル・ロドリゲス姐御が改造される前の男時代を回想する場面が挿入されてきて、その場面での男装したミシェル・ロドリゲス姐御がまたbandicam 2018-07-02 08-25-18-283、何て言っていいんだか。オカマになった山田孝之にしか見えません(笑)。普通に女の時はハードな眼光のワイルド・フェイスでカッコ良いんだけど、こうやって男装すると、やっぱり女の顔なんだなあって事が認識できて、勉強になりました(笑)。特に目がやっぱり女の目だね。そのニセ山田孝之な男時代のミシェル・ロドリゲス姐御の全裸場面があって、男装したミシェル・ロドリゲス姐御の頭部にマッチョな男の全裸をCGで装着してる、エロ本のヌード写真にアイドルの顔を貼り付けたコラージュみたいな事になってるんだけど、この全裸場面って誰に向けてのサービスなんだ?山田孝之ファンのゲイに向けてるのか(笑)?でもまあ、この全裸場面は、何だか普通の男の全裸場面に比べて何十倍も淫靡で、男装してる女優が男の肉体で全裸という、歪んでわけが分からなくなってるエロに満ちてて、何だか面白かったからOKです(笑)。
そんなわけで、見た目は凄く面白そうなのに全然面白くない映画なんですよ。設定でけで映画の内容はちっともハジけてこないし、ミシェル・ロドリゲス姐御は意味が分からない事になってるし。さらにわけが分からないのが、この改造手術を施したキチガイ女博士のシガニー・ウィーバーで、この改造手術が医学的にどんなに凄い事かってのを延々と喋り続けてて、アメコミ・テイストな70年代風ハードボイルド映画にSFな要素をブッ込んでくるんだけど、果たしてその事に映画として意味があるんでしょうか。ハッキリ言ってウザいだけです。全く意味が分かりません。
bandicam 2018-07-02 08-36-45-367











2016年アメリカ映画
監督 ウォルター・ヒル
出演 ミシェル・ロドリゲス シガニー・ウィーバー トニー・シャルーブ
    アンソニー・ラドリア ケイトリン・ジェラード テリー・チェン

今回の付録動画

本当はエログロいイソップ寓話 兎と亀と、金・銀・銅の包丁 シザーチンP

o1414200014138895823  さてそのようなわけで、今回は告知です。俺達の東京電撃映画祭プロデュース映画で、ファンの方々からのカンパによって製作された友松直之監督作「本当はエログロいイソップ寓話 兎と亀と、金・銀・銅の包丁 シザーチンP」が遂に完成しました。それでお盆の時期に東京大阪上映ツアーを敢行します。みんな頑張って両方行こう!東京電撃映画祭では「あと少しで完成版」の上映はしたけれど、マジな完成版は初上映です。お待たせしました。今後、色々な事情でこの完成版はなかなか観られないかも知れません。友松監督がやり過ぎちゃったんで、ソフト化する時には色々と修正されちゃった版になる可能性が濃厚です。それと「シザーチンP」の出演女優達の未公開エロ場面だけを集めた、公にしたら怒られそうな秘蔵DVDの販売もあるかも知れないので、まあ口から出任せで書いてるので無いかも知れないけど(笑)、とにかくこのチャンスを逃さないようにした方がいいです。まずは8月17日の17時30分、東京渋谷ユーロライブ、その翌日の18日の15時30分、大阪十三シアターセブン。入れ替え制の同時上映は「おとな鉄ドン シャバダバ無法地帯」と、大阪のみ「青春夜話」の切通理作監督コメンタリー上映。なので大阪は三本立てという事です。上映の順番だとかは各自で調べてください。って言うか全部観ろ(笑)。真夏の灼熱上映ツアー、絶対に面白いからみんな来てねー。
bandicam 2018-07-09 02-49-16-776












「本当はエログロいイソップ寓話 兎と亀と、金・銀・銅の包丁 シザーチンP」
出資者達待望の完成版の感想文を書き始めたんだけど、これがちょっと困った事になってる。いつもの様にグダグダと書き進めてって、気が付いたら俺の感想と言うよりも、声高にやりたがる男とやらせない女の男女の断絶を咆哮する友松節の内容をただそのまま書いてる状態で、これは上手くないと書き直したりしてるわけです。この友松節にはマジで感化されますよ。数々の友松映画によって刷り込まれてしまってます。最近じゃ呑み屋で力説しbandicam 2018-07-09 03-19-54-929て女子にドン引きされたりしてます。しかも今回はその友松節がいつも以上に大爆走、映画の半分以上を費やして、友松監督が自らのナレーションで吼えまくります。穴さえあれば何でもいい謙虚で紳士的な男の性欲、完全イケメン主義で金が大好きで非モテなブサメンや貧乏男を徹底的に見下す女の醜い生態、性犯罪厳罰化に対する怒り、全ての性犯罪の完全肯定とレイプ合法化、昭和天皇や聖母マリアにまで風呂敷を広げたオタク&萌えの純愛論などなどなどなど、今の御時世じゃ頭で考えただけでも問題扱いされそうな主義主張が物凄い情報量でパワフル&ハイテンションにブチかまされて、これはもう出資した人達は大満足でしょう。満腹過ぎて腹がはち切れそうな程の友松節超大盛り。女にセックスさせて貰えない(予想)出資者達の魂の叫びを、これだけの重量質量で代弁してくれたんなら大満足です。そうなんですよ、痴漢や覗きやパンツ泥棒程度では犯罪じゃないんですよ!俺達だってたまにはセクハラぐらいはしたいんだ!お尻を触られたからって何か困る事でもあるのか、お尻が減るのか、バカがクソ!お尻を触らせろー!セックスさせろー!
bandicam 2018-07-09 02-54-07-887実際、70年代と90年代にアメリカで行われた、見知らぬ人にいきなりセックスの誘いを受けたらどうするのか、男と女のどちらが性的誘いを受けやすいのかという事を調べた「性的誘惑実験」で、男は7割以上が性的誘惑を受け入れるけど、ほとんどの女は受け入れなかったという結果が出てる。科学的心理学的にやらせない女の罪は実証されてるんです。やらせない女の罪でどれだけの男達が嘆き苦しみ悲しんでいるのか。このままでは一部のイケメンを除く全ての男が素人童貞のまま一生を終える事になってしまいます。金を払えばどんな非モテなブサメンとでもセックスしてくれる風俗嬢達はマジ女神で素晴らしいんだけど、それだけでは素人童貞の汚名は払拭されません。なので女子達はセックスをさせてあげて下さい。そこに愛なんかいりません。お願いします!
とにかく全ての健全で非モテなボンクラ達を感化させずにはおかない友松節を受けて展開される、哀しきチンポの物語。全てのチンポの物語は悲しい。説明するのが面倒臭いので「ネタバレ自粛」って事で誤魔化してお茶を濁すけど、色々あってチンポが金・銀・銅の三本の包丁になってしまった童貞男の物語です。包丁って言うか、チンポがほとんど三本の日本刀な状態なので、女子とセックスをしようとすると相手をバラバラに切り刻んで惨殺してしまうのでセックスできないbandicam 2018-07-09 02-44-36-969。手がハサミになってるので他人とのコミュニケーションがとれない哀しい男を描いた傑作「シザーハンズ」のチンポ版です。股間から三本の包丁を突き出して「誰かやらせて下さいー!」と泣き叫びながら町を走る、チンポが包丁になってるのでセックスが出来ない哀しい童貞男の物語を、オッパイ&セックス場面満載で血飛沫や臓物がビュービュードバドバ飛び散って、センス・オブ・ワンダーなバカ全開で疾走するコミュニケーション不全と言うか男女の断絶の物語に、強烈で強引な友松節がフルスロットルで被って来ます。さらにシザーチンPの包丁チンポな生い立ちや、日本刀を抱えた殺人バニーガールとの対決などが、不条理夢幻SF的な構成で描かれます。悪く言えば夢オチ連打(笑)。夢オチ苦手な俺でも、これだけ連打されれば諦めもつくって位に連打します。って言うか、ほとんどタイムリープSFの域に達してます。後半はほとんど某タイムリープSF映画のパクリ的展開だし(笑)。
そして男と女の断絶と性犯罪解釈の相違の果てに辿り着くラストは衝撃的です。ここはマジでネタバレ自粛なので書かないけど、ラストでシザーチンPがようやく得られたセックスの高い衝撃度!そしてそのセックスによって、ここまでの怨念無念が綺麗サッパリ帳消しのハッピーエンドを迎える潔さと清々しさ。全てはセックスによって浄化されるのです。男にとってやらせる女は女神なんです。しかも世界で唯一のやらせてくれる女ってのが、ネタバレ自粛って事で書かないけど、ちょっとロマンチックな事になってて、うっかりしてると胸キュンしちゃいそうです。
というような映画です。絶対に面白いから、東京大阪上映ツアーにみんな行こう!
bandicam 2018-07-09 02-47-13-994












2018年日本映画
監督 友松直之
出演 はやしれん 範田紗々 八ツ橋さい子 黒木歩 しじみ 美村伊吹
    山村茜 嶺生まや 川崎紀里恵 朝霧涼 中沢建 西村太一
    三代目葵マリー 若林美保 青山真希

今回の付録動画

カンフー・トラベラー 南拳

320    実は俺は血圧が高くて、ってか「実は」なんて言う程の事でもないんだけど、毎月近所の病院に行って高血圧の薬を貰ってくる。この薬は毎日一回、朝食後に服用するんだけど、夜勤が多い俺は夕方に服用する事が多いです。とりあえず寝て起きて最初の食事後っていう解釈をしてるんだけど、多分これで合ってるでしょう。つうか、こんな薬なんか呑みたくないんだけどね、面倒くせえ。高血圧って言っても上が165位だから大した事はない。でも会社の健康診断の結果で、会社から「呑め」って言われてるから仕方なく呑んでる。そんなんだから呑むのを忘れちゃうんです。薬を貰った日と翌日くらいまでは忘れずに呑むんだけど、それ以降は病院に行く前日くらいまで忘れちゃって呑まない。時々ふと思い出して呑む日もあるんだけど、まあ元々俺自身が「呑む必要なんかねえよ」と思ってるのでまあいいか。なので毎日呑まなきゃならない薬を月に7錠か8錠くらいしか呑んでない。でも病院に行く日には、病院で血圧を計られるので、薬を服用してるのにまだ高いってなると薬の量を増やされそうで、それが嫌なので倍の量を呑んで行きます。医者が血圧を計りながら「良いですよ、このまま継続して薬を呑んでいきましょう」なんて言います。ってか良いんなら薬をもう止めさせてくれよ。面倒臭いよなあ。ところでこの医者ですが、先日病院に行った時に、白衣の下にブルース・リーのTシャツを着てました。なのできっといい奴なんでしょう。ブルース・リー好きに悪い奴はいません。
bandicam 2018-07-03 06-52-51-725












「カンフー・トラベラー 南拳」
センス・オブ・ワンダーなSFカンフー映画。エイリアンに侵略されて壊滅寸前の未来世界。世界中のほぼ全てが陥落しちゃってて、残ってるのは中国のみ。中国が人類の最後の砦になってる。だけどエイリアン軍団は強くて、中国も押され気味になってる。人類絶滅の日は近い。そこで科学者達は素晴らしいアイデアを思いつきます。世界最強の武術、中国南拳を戦闘用ロボットに憶えさせればエイリアンに勝てる、ってかエイリアンに勝つにはこの方法しかない。というわけで、イケメン風の容姿なんだけど微妙にイケてなくて、何処となくキモい感じになっちゃってるキモ・イケメンのAI搭載ヒューマノイドと、そのヒューマノイドのメンテナンスを担当する、美人風なんだけど微妙にイケてなくてちょっと残念な事になってて、しかも物凄く幸の薄そうな容姿の女子科学者をbandicam 2018-07-03 06-53-34-167、タイムマシンで200年以上前の清朝時代の中国に送り込み、AI搭載ヒューマノイドにその時代の南拳の達人の弟子になって貰って修得率100%になるまで修行して貰い、そのAI搭載ヒューマノイドの南拳修得率100%のAIチップを大量に複製すれば、最強南拳ロボット軍団が出来上がり、無敵のカンフー・ロボによってエイリアンを撃退できる。そう考えたのです。ただ問題はこのタイムマシンは行きっ放しで、過去に行ったら二度と戻ってはこれない。なのでチップの受け渡しには、まだエイリアンに破壊されていない万里の長城の石の隙間に隠して数百年越しの受け渡しをする事になる。さらにタイムリミットもあって、このままエイリアンの攻勢が続くと人類は10日も持たずに全滅してしまうので、AI搭載ヒューマノイドは10日以内に修得率100%の南拳の達人にならならなければいけない。という時空を超えた壮大な話。
ちなみに、AI搭載ヒューマノイドも女科学者もどちらも微妙にイケてない容姿なんだけど、アイドル的な立ち位置で登場する南拳達人の娘も、凄く可愛い女子風なんだけどちょっと微妙にイケてなくて、両生類系のキモカワな事になってます。美男美女が出し惜しみなくバンバン登場する中国とか香港とかの映画の中で、この微妙なイケてなさは珍しいかも。、
bandicam 2018-07-03 07-14-04-047そんなキャストの微妙なイケてなさもセンス・オブ・ワンダーなツッコミ所なんだけど、この簡単な粗筋だけでもツッコミ所が満載だと思います。ってか、ツッコミ所しか無い様な内容です。しかもこんな内容でコメディじゃないんです。至ってマジメなんです。熱いんです。それも本格的に燃えさせてくれる熱血カンフー映画が展開されるんです。なので敢えてツッコミを入れません。時空SFなパラドックス的な面でも、俺でも指摘できるほどのデタラメが吹き荒れるトンデモ映画だし、「どう考えてもこれっておかしくね?」とか「わざわざこんな事をしなくてもいいんじゃね?」的な場面も目白押しな内容なんだけど、でもこの映画はそういう問題じゃないんです。マジで燃えてマジで熱いんです。映画の序盤でタイムマシンが稼働するので、清朝時代に送り込まれたAI搭載ヒューマノイドの南拳修行と戦いが映画のメインになってて、そっちの方でもツッコミ所満載なんだけど、でも敢えてツッコミを入れません。人類の南拳ロボット計画に気付いたエイリアンが、AI搭載ヒューマノイドを倒す為に清朝時代に一体の武闘エイリアンを送り込むんだけど、そのエイリアンが強くて、達人レベルの超絶南拳に西洋の闘拳技術を取bandicam 2018-07-03 07-04-25-007り入れた究極の武術を身に着けてるってのも、色んな角度で様々な方面からツッコミを入れたいんだけど、敢えてツッコミません。
とにかく熱いんです。南拳の達人の弟子になったAI搭載ヒューマノイドは、なにしろ人間以上の存在なので、文字通り人間離れした物凄い勢いで南拳をガシガシ修得していくんです。あっという間に修得率90%を超えるんだけど、そこから先が伸びない。なかなか100%にならないんです。何かが足りないんです。修得率100%に到達する為に必要な何か、それを女科学者が気が付いてAI搭載ヒューマノイドをメンテナンスして設定を変えて発見させてからの後半戦は、ツッコミだらけのトンデモ映画が一気に熱く燃える熱血カンフー映画に転化するんです。足りなかった物は復讐心と怒りのパワーだったのです。南拳の師匠や仲間達が皆殺しにされて復讐心を燃え上がらせた時に、遂にAI搭載ヒューマノイドは修得率100%に到達して覚醒する、その後半戦は燃えまくりです。究極武術エイリアンとのタイマン対決は大盛り上がりです。ここまでのキリが無い程に果てしなく山積みされたツッコミなんか、この盛り上がりの前にはほんの些細な事です。そして清朝時代での熱い戦いが終わって悠久の時を経て、石の隙間に隠された修得率100%のチップは受け渡されていく。10日以内のタイムリミットにはギリギリ間に合い、最強南拳カンフー・ロボが量産されてエイリアン軍を相手に圧勝していくラスト。ここも猛烈に色んな角度で様々な方面からツッコミを入れたいんだけど、敢えてツッコミません。
bandicam 2018-07-03 06-57-21-683











2017年中国映画
監督 チャン・シアンファン
出演 タイガー・チェン ワン・チー イエ・ユンフェイ

今回の付録動画

ギャロウズ・ヒル

03cc9ed89b0041e6221b89e7c39aaf4e  ここ数日で急激に暑くなって一気に猛暑の夏に突入した今日この頃。知らない間に梅雨明けしてたと思ったら、いくらなんでもここまで夏になんなくてもいいじゃんかって位の超夏に突入して、マジで暑くて死にそうです。そしてこの季節は熱中症に気を付けなければいけません。まず熱中症になったら体を冷やす事が大切です。だけど冷やすにも限度という物があります。去年聞いた話なんだけど、夏の猛暑の日に改修工事現場での仕事中に熱中症で倒れた人がいて、まずは速やかに救急に連絡しました。放っておくと死に至る危険のある熱中症でも、病院の点滴一本で余裕で治るので、これは正しい処置です。でもこの先が正しくなかったのです。その現場には熱中症対策で大きな製氷機が置いてあったので、応急処置で救急が来るまでの間に体を冷やしとこうって事で、熱中症で倒れてる人を氷で覆ったんだそうです。製氷機の氷をビニール袋に詰めて、それをいくつも脇の下とか首筋とかに当てて、さらに体の上にも氷を被せて冷やしてく。だけど体を覆いつくすにはまだ氷が足りない、って事は冷やし切れないからって事で、コンビニで大量に氷を買ってきてさらに体に被せてく。これだけ冷やせばもう安心だろうって時に救急が来て、氷に埋まってる熱中症の人を看たら、熱中症どころか低体温症になってたって話。この話を去年聞いて爆笑しました。これ、実話です。熱中症の冷やしすぎには気を付けましょう。
bandicam 2018-06-28 18-27-51-570











「ギャロウズ・ヒル」
身代金目当てで誘拐した少女が実は悪魔憑きで、誘拐犯達が大変な事になる「逆殺館」という傑作ホラーがあったけど、今回は監禁されてる少女を救出したら、実はその少女が魔女憑きで、救出した人達が大変な事になるという映画です。ところで悪魔憑きと魔女憑きとの違いがよく分からないけどまあいいか。憑依してるのが悪魔か魔女かってのは流石に俺でも分かるけど、やってる事は魔女だからって魔法を使うわけでもないし、むしろ他の色んな映画に登bandicam 2018-06-28 18-04-42-135場する悪魔憑き、特に「逆殺館」の悪魔憑きの方がハチャメチャ魔界パワーで念動力とかを発揮するから逆に魔女っぽいと思うんですけど、いかがでしょうか。今回の魔女憑きは、魔界パワーは控え目に、包丁でブッ刺したりする物理的攻撃で悪逆非道な事をするので、魔女というより逆に悪魔的だと思うんですが、いかがでしょうか。まあ、血塗れで殺戮の大暴れをしてくれたんだから、どっちでもいっか(笑)。魔女だろうが悪魔だろうが、この暴れっぷりなら文句は言いません。ドバドバ血飛沫の納得満足な暴れっぷりです。
しかも魔女憑きに襲われて大変な事になる人達が全員漏れなく美男美女。まあ美男はどうでもいいんだけどね。とにかく美女揃いってのは良いよね。それでこの魔女が美女にも憑依するので、襲われるだけじゃなくて襲う側にも早変わりするんです。血塗れになって襲われて逃げる美女と、血塗れの鬼畜な形相で追って来る美女。どちらもたっぷり楽しめるお得な映画です。
スペイン語圏内の何処かの国を旅行してる美人姉妹&姉のセフレ男。その旅行中に合流したトム・クルーズ似のイケメン父と、父と再婚する予定のちょっとポッチャリ型の美熟女。何か色々とあって、アメリカに急いで帰bandicam 2018-06-28 16-55-30-823らなくちゃいけなくなって、この家族&姉のセフレ男は、土砂降りにも程があるって位の超絶豪雨の山道を車で走ってる。そしたら鉄砲水に巻き込まれて車ごと流されちゃって、命からがら脱出して、超絶豪雨の山の中で途方に暮れてたら廃墟になってるホテルを発見したので、そこに避難します。その廃墟ホテルには不愛想で不気味なジジイが独りで住んでて、超迷惑そうな感じながらも避難させてくれるんだけど、姉妹がその廃墟ホテルの地下室で監禁されてる少女を発見して、「このロリコン変態鬼畜ジジイが!」って事になってジジイを拘束、ジジイは「この少女は魔女だから地下室から出してはいけない!」と叫ぶけど、「何を言ってんだ、変態ジジイ!」って感じで、ジジイの言う事は無視して少女を救出します。そしたらその少女は本当に魔女憑きだった、という話。この魔女憑き少女の事を知ってる地元の警官が廃墟ホテルに毎日様子を伺いに来るんだけど、この物凄い超絶豪雨の日にもやってきて、避難家族が少女を救出して修羅場になってる事を知って「なんて事をしてくれたんだー!」ってなる展開。この警官とジジイはスペイン語しか喋れないので、逆にbandicam 2018-06-28 17-45-08-054スペイン語が喋れないイケメン父とのコミュニケーションがグダグダなのが面白い。姉妹はスペイン語ペラペラなので、警官から魔女憑き少女の事を聞いて、「ジジイの言う事は本当だったんだ」ってなるけど、もうその時は殺し合いが盛り上がってたので、いくらなんでも遅過ぎます。
この魔女は、憑依した人を殺すと、その人に憑依する。なのでジジイは、地下室から解き放たれた魔女憑き少女を殺して自殺する、「エクソシスト」のカラス神父が成功させた作戦をとるけど、警官から詳しく話を聞く前の、そんな事を知らない家族に阻止されて失敗。少女を殺したジジイを姉が殺したので、魔女は姉に憑依して、片乳だして邪悪な形相の血塗れ大暴れ。襲ってくるのが美女なら襲われてるのも美女。もう最高です。しかも魔女なのに殺人的な魔界パワーを持ってないので、刺したり殴ったり首絞めたりと、見た目は普通に人間同士の殺し合いです。美女と美女との血塗れ殺人バトルです。この際、美女達の血塗れバトルに盛り上がってるので、イケメン父と姉のセフレ男についてはシカトしときます。
魔女憑きに襲われて返り討ちにしようにも、殺しちゃうと自分が憑依されちゃうので殺せない。その以前に憑依されて襲い掛かって来るのが自分の家族なので躊躇しちゃうんだけど、手とか足とかを攻撃して弱らせるしかなくて、トドメを刺せないってのが新しいかも。さらに他のこういう映画だと、悪魔とか魔女とかを滅ぼす方法が提示されるんだけど、今回はそういう方法が提示されないんです。この魔女を倒して滅ぼす方法は無いんです。解き放たれた魔女を滅ぼす事は不可能。なので地下室とか、自力で脱出できない所に閉じ込めるしかない。魔女なのに破壊的な魔界パワーを発動できないので、閉じ込めちゃえば出てこれない。そして、最後まで生き残ったイケメン父と妹との地下室前の攻防戦の、深い絶望に満ちたこのラストが、美女だらけの血塗れ殺戮戦をしっかりと締めてくれます。
bandicam 2018-06-28 16-55-05-034












2013年アメリカ映画
監督 ヴィクター・ガルシア
出演 ピーター・ファシネリ ソフィア・マイルズ ナタリア・ラモス
    カロリーナ・グエラ セバスティアン・マルティネス

今回の付録動画

えろぼん! オヤジとムスコの性春日記

えろぼん!-オヤジとムスコの性春日記  宇宙に存在する星の数は、地球上のすべての砂粒の数よりも多いって事を前回でも書いたけど、そんな想像力も追いつかない程の途轍もない数の星が宇宙にあるのなら、地球上から夜空を見上げた時には、夜空には星が隙間なく埋め尽くされてなければならず、だけど実際にはそういう事にはなってないってのも宇宙の謎なんだそうです。とにかく圧倒的なスケールと驚きに満ちて何でも有りな宇宙って面白いんだろうなあと思って、宇宙について調べようと思っても、俺のバカ頭では受付拒否な難しい過ぎるは話の連発で、しかもこれ以上は無いって程に分かりやすく書かれてると思われる文章でも、意味が一切分からないので即断念してしまうのですが、そんな意味は分からないけどやたらとロマンを掻き立てる宇宙が誕生するきっかけの現象、ビッグバン。このビッグバンってのがどういう事なのかはあえて説明しません、ってか理解不能で説明できないんだけど、とにかくこの「ビッグバン」の語源がいい話過ぎるんです。ビッグバン理論の反対派の人が、「宇宙はビッグなバーンで出来上がったって?有り得ないだろ、バカじゃないの!?」と大きなゼスチャー付き(予想)でバカにした時の「ビッグなバーン」って言葉がやたらと受けて、そのまま「ビッグバン理論」という名前に定着したんだそうです。いい話だなあ。超高度な知能の科学者が「ビッグなバーン」とかってバカ語を話す姿を想像すると微笑ましい(笑)。ってか、宇宙誕生よりも前からある星の存在とか、もう完全に俺には理解不能です(笑)。
640













「えろぼん! オヤジとムスコの性春日記」
今でこそエロ動画を簡単に見られる様になったけど、昔は大変だったのです。今でも勃起しやすい体質なんだけど、それ以上にちょっとした事でも即勃起してギンギンギラギラ状態になってしまっていたあの頃に、今みたいなエロ動画フリーな環境にいたら、夢の様なオナニー・ライフを満喫できた事でしょう。オナニー・パラダイスです。なので今の若者達は全開でオナニーが出来て羨ましいなあと思ったら、実はそんなにみんな性欲不足でオナニーをしないんだそうで、「何をやってるんだ、こんなにオナネタが満ち溢れてるのにオナニーをしないなbandicam 2018-06-24 08-51-20-181んてけしからん!オナネタを無駄にするな!」と頑固親父風に怒ってしまいそうです。遂に50代突入なオッサンの俺でさえオナニーは欠かさないってのに、情ない話です。セックスもしたくて悶々としてたけど、それと同じ位にエロ情報にも飢えてて、隙あらばオナニーです。オナニーも大事でしたよ。
とにかく、昔はオナネタ不足で大変だったんですから。そもそもエロ動画なんて存在してなかったですから。エロビデオも超貴重品でなかなか手に入らなかったし、エロ本の購入もまだ若かった俺にはなかなか難しかった。金も無いので自販機エロ本も買えない。なので基本はエロ妄想オナニーになるわけです。当時、どの街にも必ずあった成人映画館に年齢詐称で入って観てエロ映画のエロ場面を思い出したり、本屋で「子供がそんなの見ちゃいけない」と追い払われながら立ち読みしたエロ本のエロ写真をガッチリと記憶して脳内で持ち帰ったり、学校のクラスのムラムラさせる女子をエロ妄想の餌食にしたり、そういうオナニーをしてたんです。たまに森とか河原で捨ててあるエロ本を偶然発見した時の喜びはハンパなかっbandicam 2018-06-24 09-30-39-367たです。神様からの贈り物かと思う位です。濡れて乾いてゴワゴワになったエロ本を大切に保管して貪る様に見ましたよ。
そんなエロ本不足な俺達にとって、「スクリーン」とか「ロードショウ」とかの映画雑誌のグラビア写真は極上のオナネタだったんです。もちろん洋ピン映画を紹介してる白黒ページも活用してたけど、やっぱりグラビアの方がグッときます。「平凡パンチ」や「プレイボーイ」は完全なエロ本扱い。少ない小遣いをやりくりしてなんとか買える唯一のエロ本です。そこに登場する水着のグラビア・アイドルやヌード写真は最高のオナネタでした。こんな俺達の為にヌードや水着になってくれる彼女達は、正しくグラビアの女神です。
この映画は、数年前に妻を亡くした50代のオッサンが、昔憧れてて若い頃にグラビア雑誌のヌード写真で何度も何度も繰り返してオナニーをしてたグラビア・アイドルと出会い、ラブラブになってセックスをするという、正しく青春時代をオナネタ不足で過ごした俺達にとっては夢の様な話です。そしてこの映画の潔くて素晴らしい所は、内容がそれ以上でもそれ以下でもなく、本当にただそれだけって所です。そのグラビア・アイドルは当時あまり売れなくていつの間にか芸能界を辞めちゃってたけけど、でもそのオッサンには最上級のオナネタで、何度もbandicam 2018-06-24 09-01-12-339何度もオナニーをして憧れてて大好きだったわけで、その約30年後にすっかり美熟女になってたその元グラビア・アイドルと、出会って知り合ってラブラブになってセックスをする。こんな素晴らしい事が他にあるでしょうか!?この年代のオッサンにとってはグラビア雑誌はエロ本扱いです。なのでこれはエロ本が生み出した30年越しのファンタジーなんです。オナニーが導いた奇跡なんです。素晴らしいじゃないですか!この話を聞いたオッサンの友人、もちろんその友人も50代位のオッサンなんだけど、「オナニーかあ、たまにはしてみっかなー」という名セリフを吐いてくれます。
このオッサンの息子が大学のゼミに通ってる童貞野郎で、この息子にも最上級のオナネタにしてるAV女優がいる。そのAV女優の動画で毎日オナニーに励んでるんだけど、実は同じゼミの地味で暗くて目立たない女子が、その憧れでオナネタのAV女優だって事に気が付いて、それで知り合ってラブラブになってセックスをするという、親子でオナニーの奇跡を起こす内容の映画。その息子の物語も、憧れのオナネタとラブラブになってセックスをするという、本当にただそれだけの内容で潔くてなかなか良いんだけど、でもやっぱり俺的にはオッサンの奇跡の方が感情移入度は高いです。本当に内容がそれしか無いので何度も繰り返して書くけど、憧れのオナネタと知り合ってラブラブになってセックスをするという内容は、普通にオナニーをしてる健全な全ての男子が普通に夢見る事なんです。その夢を何の捻りも加えずにそのまんまストレートに描いて、オナニーに励む全ての男子の夢を実現させる親子。素晴らしくハッピーな映画です。もしかしたら傑作なんじゃないでしょうか。
bandicam 2018-06-22 11-00-37-543











2018年日本映画
監督 池島ゆたか
出演 一条騎美香 月本愛 竹本泰志 長与純大 なかみつせいじ

今回の付録動画

記事検索
最新記事
プロフィール

電撃チャック

Twitter プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ