tousuitsuma_poster毎年アメリカで開催されてる、マスターベータソンというチャリティ・イベントがある。「マスターベーションのマラソン」という意味のマスターベータソン、要するにオナニーの祭典、オナニー・オリンピンク。世界中からオナニー自慢の猛者たちが集まって、オナニーの継続時間や絶頂回数、精液の飛距離などを競い合うんだそうです。「オナニーの負のイメージを払拭」する為に開催されて、寄付金を集めて児童福祉団体とかに寄付してるんだそうです。その大会の、オナニー継続時間の世界記録保持者は日本人で、テンガを販売してる会社の商品開発部取締役で、「オナニーの申し子」の異名を持つ佐藤雅信という人。記録は9時間58分。なんと約10時間に渡って勃起し続け、そのチンコを擦り続けたという恐るべき男。ネタは、周囲でオナニーに励んでる参加者の女子だそうです。そりゃ確かに、周囲で何人もの女子がオナニーしてる状況なら勃起が収まるヒマは無いとは思うけど、でもいくらなんでも10時間は無理だよ、ってか10時間も射精するのを堪えながらチンコを擦るなんてありえない!俺なら速攻で出ちゃうよ!本当に恐ろしい男だ。さすがオナニーの申し子。しかも更なる記録更新のために、オナニーのトレーニングを日夜欠かさないんだそうです。つーか、オナニーのトレーニングってどんなんだ!?ちなみに女子の継続時間世界記録は7時間6分。野郎の絶頂回数世界記録は9時間で31回、女子は48回、精液の飛距離の世界記録は163センチという事です。
bandicam 2016-03-01 17-15-41-181











「陶酔妻 白濁に濡れる柔肌」
ドMと童貞のエロ妄想がギッシリ詰まった狂騒と胸キュンのエロバカ大傑作「スケベ研究室 絶倫強化計画」を撮った国沢実監督&高橋祐太脚本のコンビ第二弾は、これまた大傑作!テーマはチンコ!いかりや長介なら「いよいよ花粉の季節がやってまいりました、季節はもうすぐ春、今日のテーマはチンコ」と紹介してくれるに違いないこの映画、早くも今年のピンク大賞の俺投票最有力候補です!ちなみに俺の去年bandicam 2016-03-01 17-11-52-122のピンク大賞は「スケベ研究室 絶倫強化計画」に投票したので、俺的二連覇を成し遂げるかも知れません!ついでに、俺が投票した3枠の他に2本は「痴漢電車 悶絶!裏夢いじり」と「湯けむり温泉芸者 お座敷で枕芸」です。
とにかく、日本でも昭和東映を中心にチンコ切断場面を繰り出してくる映画は数々あるけど、チンコ切断からチンコ縫合、そしてその影響までを描いた映画というのはあったでしょうか!?エクストリーム邦画に詳しい人に訊けば何かあるかもだけど、とりあえず俺の記憶にはありません。海外に目を向けても香港映画の「3D SEX&禅」くらいしか思いつきません。そしてそのチンコ切断縫合という低能な笑いを誘発させるネタのクスクス笑い度をキープしたまんま、どうしようもない男と女のどうしようもないドロドロ愛欲情念世界に突入して、「女は男の何処を愛するのだろうか?容姿?内面?」なんてシリアスに問いかけながら、ねっとりしっとりさせつつも、終着点は「やっぱチンコでしょ!」と実も蓋もない所に着地してズッコケ&爆笑させる、面白過ぎな大傑作なのです。男と女のドロドロ情念話とエロバカ映画が奇跡の融合。これはもう、日本チンコ切断縫合映画史上の最高傑作だと言い切りますよ!他にどんな映画が存在してるのかは知らないけど!
チンコを切断される男に佐藤良洋。最近コロボックル佐藤と改名したそうで、思わず「なんでコロボックル!?」と爆笑しちゃったんだけbandicam 2016-03-01 17-11-10-453ど、でもこの映画のクレジットでは清水五郎って名前になってる。また改名したのか?それとも佐藤良洋ってかコロボックル佐藤(笑)にソックリな別人なのか?とりあえず分かんないけどクレジット通りに清水五郎でいいや。とにかく、清水五郎がストーカーのキチガイ女に襲われてチンコ切断されちゃうんです。で、そのチンコをキチガイ女に調理されて食われちゃうんです。それで、旦那にチンコが無いなんて考えられない妻は、父の知り合いのチンコの権威な医者に頼んで、チンコ移植手術をしてもらうんです。他人のチンコ、それもビッグサイズのチンコを移植してもらった清水五郎は、以前よりも精力旺盛、プレイ内容もハードになり、大きなチンコの激しいセックスに妻も大満足。ところが、そのチンコに宿ってた生前の記憶、愛欲情念がよみがえり、清水五郎を支配するようになり、そのチンコが帰るべきってか入るべきマンコを求めて家出しちゃう。その時には完全に脳もチンコに支配されてて、完全な別人になってる。マジメでおとなしかった性格も荒っぽくなり、呑めなかった酒も呑むようになり、記憶もチンコに支配されて妻の顔も忘れちゃってる。
その入るべきマンコというのは、チンコのドナーが生前に同棲していた、呑んだくれのやさぐれ美熟女。演じてるのは星野あかり姐さん。素晴らしいbandicam 2016-03-01 17-17-17-545過ぎます!こんなやさぐれ美熟女と同棲して爛れた性生活を送りたいっす!俺だって星野あかり姐さんが同棲相手だったら、たとえチンコだけになっても帰りますよ!このチンコの気持ちは超分かりますよ!チンコのドナーがそんな渦巻く情念をチンコに託して星野あかり姐さんの元に帰ってきたんです。その為に清水五郎の脳を完全制圧して乗っ取ってボディスナッチングしたんです。勃起したチンコには大抵の男は逆らえないので、「チンコは男の第二の脳」なんて言うけど、そういう問題じゃなくて、本当にチンコに脳だけじゃなく身も心も全て支配されちゃうんです。ってか、本当はチンコのドナーの情念なんだけど、「チンコ」って言っちゃった方が面白いからまあいいか(笑)。
それであかり姐さんに「見た目はこんなに変わっちゃったけど、俺なんだよ」なんて言うけど、あかり姐さんは「あの人が死んでから一年、やっと吹っ切れたってのに、悪ふざけもいい加減にしてよ、ってかあんた誰なんだよ!」と怒り出す。当然です。そこで清水五郎、「待ってくれよ、本当に俺なんだよ!」とパンツを脱いでチンコを見せる。するとあかり姐さん、そのチンコを見て触って「この形、この匂い、本当にあんただったんだね!」ってなって、星野あかり姐さんは、愛する人のチンコを持つ清水五郎と一年前と同じ様な愛欲同棲生活を始めるわけです。愛とセックスに満ちた呑んだくれな日々。そこに失踪した旦那を探し求めてた妻が登場して、という展開。妻は、チンコを移植した旦那との激しいセックスによって、より深く旦那を愛するようになってて、って事でチンコ争奪戦が勃発するわけです。ドロドロでドタバタで面白過ぎです。そして実も蓋もないラスト。マジで大傑作っすよ!
bandicam 2016-03-01 17-13-49-662











2016年日本映画
監督 国沢実
出演 清水五郎 美泉咲 星野あかり 吉川いと 市川裕隆 浦町夏鳴

今回の付録動画