91eZHC35JgL__SY445_    10年位前のスラッシャー映画「ハチェット」のシリーズ4作目なんだそうです。「ハチェット」がシリーズ化されてたのか、知らなかった。つっても、「ハチェット」は悪趣味ギャグが全開のバカ系スラッシャー映画で、メチャクチャ面白かったって記憶はあるけれど、内容はほとんど忘れてるので、この映画を最後まで観ても「ハチェット」のシリーズだって気が付かなくて普通に単品のスラッシャー映画だと思って観た。って言うか、手斧を片手にブッ殺しまくる殺人鬼ヴィクターの特徴的な姿を目の当たりにしても思い出さないなんて、本当に「ハチェット」を観たのかどうか、自分で自分を疑わしくなっちゃうけど、でも確かに観たよなあ、それで面白かったって記憶もあるよなあ。もしかしたらタイトルが手持ち凶器の繋がりで「マチェーテ」と間違えてるのかも。なんて、いくら俺がバカでもそこまでじゃないでしょ、いくらなんでもダニー・トレホとは間違えないでしょ(笑)。とにかくそれで、パッケージに「ハチェット」衝撃のリブート最新作なんて書いてあるから「ハチェット」と何か関係あるのかなあと思って検索して調べて、それでようやくシリーズ物だったのかって事を知ったのです。それで思ったんだけど、やっぱりシリーズ物は順を追って1作目から観ていかないとダメだよね。やっぱり。単品映画だと思ってこの映画を観て、それなりに普通に面白かったんです。こういうバカ系スラッシャーって好きなジャンルのひとつだし。だけど続けて出てるキャラだとか、お決まりの設定みたいなのだとか、bandicam 2019-03-05 19-22-14-475そういうので味わい深く楽しみたいじゃないですか。検索して分かった事なんだけど、例えば今回の主演のチャイニーズ野郎は、シリーズを通して毎回脇役で出演してて、それが遂に主役になってる事とか、シリーズを全作観てればもしかしたら「こいつが主役かよー」と感慨深くなるかも知れないし、それとラストに唐突に登場してショットガンを手に何やら吼えてる女子なんかだと、シリーズを観てないと当然の事ながら何の事だかサッパリ分からないけど、この女子は前作で何か酷い目にあって行方不明になってたらしくて、なのでシリーズを観てれば「おおおーっ!ここで登場かー!こういう展開かー!次が楽しみだぞー!」とアドレナリンが噴出して前のめりになれるかも知れない。そう考えるとシリーズ物の途中参加というのは、そのシリーズの一番の面白さを味わえないし、ちょっと損した気分になるよね。
俺はそこそこ普通に面白かったんだけど、色んな人のレビューを読むと「大幅パワーダウン」とか書かれてて、どうも評判が悪い。それはやっぱりシリーズを通して観てる人と途中参加の人とでは、感じ方が大きく違うって事なんだろうなあと、凄く当たり前のことをダラダラと書いてしまいましたが、いかがお過ごしですかbandicam 2019-03-05 19-17-34-219(笑)?確かに四肢切断首チョンパの人体解体殺戮場面を、悪趣味で下らないギャグ満載&血飛沫ドバドバで描くオープニングは大盛り上がりで素晴らしかったんだけど、それから後半の大量殺戮に至るまでは、ちょっと中だるみ感が長いなあとは思いました。ギャグもクソ下らないし、でもそういう弛んで下らない感じがバカ系スラッシャー映画の味わいだと思うんだけど、でも「大幅パワーダウン」なんて言われちゃうって事は、きっと前作とか前々作なんかは、テンション高くて面白かったんだろうなあ。なんか夢が広がるなあ。って事で、近日中に観ようと思います。もちろん1作目も、果たして本当に観てるのかどうかの確認もしなければいけません(笑)。
沼地の家で醜い容姿で生まれたヴィクター少年を不憫に思った父は、家の中だけで外に出さない様にしながらも愛情たっぷりに育ててた。ところがある日、父が外に出てる時に家を近所のクソガキに放火されて、帰って来た父が燃える家の中に閉じ込められてるヴィクター少年を助けるために、斧で扉を叩き壊したら、勢い余ってその斧がヴィクター少年の脳天をカチ割ってしまい、ヴィクター少年は死んでしまう。それから10年後にヴードゥーの呪術でヴィクター少年が復活、沼地で大量殺戮を繰り返すというのが、「ハチェット」の基本設定。「ハチェット」ってそんなような映画だったよなあとは思うけど、やっぱり内容はよく思い出せません。今回は、1作目の大量殺戮の時の唯一の生き残りが主人公。シリーズ皆勤賞のチャイニーズ野郎です。
どうでもいい事を書き過ぎて、この映画についてほとんど書けませんでした。ちなみに下の画像は「ハチェット」1作目です。こんな場面、あったかなあ(笑)。
bandicam 2019-03-05 19-18-07-658












2017年アメリカ映画
監督 アダム・グリーン
出演 ケイン・ホッダー バリー・シェン ラウラ・オルティス
    デイブ・シェリダン クリスタル・ジョイ・ブラウン フェリッサ・ローズ

今回の付録動画