78327  殺人少女の青春白書。社交性が乏しくて地味な性格で友達も彼氏もいなくて、変わり者だと思われて美人なのに処女の女子大生エラは、心の中では毎日イラついてる。夢も無いし楽しみも無い。大学の奴らはみんなバカでウザくてムカつくし、隣人のスケベ爺はキモいし、母親は面倒臭いし、どいつもこいつも気に食わなくて、お前らみんな死んじまえと思いながら日々を過ごしてる。そんなイラつく心を癒してくれるのが殺人妄想。人を殺して辺りを血の海にする妄想に心を癒されるエラ。男子とエロい事をする妄想をしていても、いつの間にかその男子のチンコを切って目に突き刺してブッ殺す妄想にシフトチェンジしちゃう。そんな日々で殺人への欲求と衝動が膨れ上がり、遂に隣人のスケベ爺を裁ち鋏で滅多刺し&滅多切りにしてブッ殺すんだけど、その時に今まで味わった事の無い興奮と解放感を得て、全身が震える程の感動をして、「これが本当の私なのよ!」と自分を発見するのです。そして超一流の連続殺人鬼になるという夢を持ち、図書館ではシリアルキラー関連の本を読み漁り、衝動の赴くままに殺人を繰り返すエラの物語。
確かに人を殺して楽しむというのは、頭のおかしい奴の行動だとは思うけど、でもこの映画のエラをサイコパスだって言うのはちょっと違う様な気がする。だって10代の頃は誰しも原因不明のイライラと原因不明の欲求不満で、とりあえず周囲の奴らにムカついてる、そういうもんじゃないですか。慢性欲求不満症候群を患わせてるんです。これが社交性に富んでてイケててキラキラした連中の10代だったらまた話は別なんだろbandicam 2019-03-15 20-26-41-905うけど、そういう連中は友達がたくさんいて不純異性交遊なんかで楽しく過ごしてたに違いないので、慢性欲求不満症候群を患わせる事も無く、イライラもムカムカも無かったでしょう。そんな青春は全然正しくないです。だけどこんな俺ブログを読んでくれる様な人達はそうじゃないでしょ、もちろん俺も含めて。変な奴とか危ない奴とか思われて友達も少なくてイラついてたでしょ。それが正しい青春なんです。青春にキラキラなんかはいらないんです。キラキラした奴らは殺意の対象でしかないんです。だからエラの青春も間違ってないんです。ただそのイライラを解消する手段が間違ってたってだけで。ムカつく奴らを頭の中でブッ殺して血の海に沈める妄想行為は何度も何度も繰り返してたけど、それを実際にやってしまったってのはちょっとマズかったかな(笑)。やりたい女を凌辱する妄想だけにとどまらず、実際にレイプしちゃった位にマズいと思います(笑)。
とにかく俺達みたいな健全な青春をイラつきながら送ってた人達が、パンクロックやホラー映画なんかに感動して、音楽や映画に夢を持つ様になるというのは、凄く普通の事だと思うんです。もちろん、キラキラした青春を送ってる奴らが観たり聴いたりするような流行り物のヘナヘナな代物ではなく、もっとギラギラしてたりドロドロしてる映画やロックに憧れるのは凄く普通です。又は違う方向で言えば、バイクで暴走行為をする事で解消するのも有りでしbandicam 2019-03-15 20-14-19-355ょう。もちろん、キラキラした青春を送ってる奴らがやってるみたいな、ヘナいドライブやツーリングではない暴走行為です。それが正しい青春なんです。ラウドなロックを聴きながら深夜の住宅街をスケボーで疾走。夜中に騒いで何が悪い!もちろんアニメやラノベやアイドルなどのオタクに走るのもOKです。キモくて何処が悪い!初期衝動で突っ走る青春はいつだって正しいんです。だからエラの青春は間違ってないんです。人を殺して何が悪い!いやいや、人を殺すのは悪いんです(笑)。ただ殺人行為ってのがヤバ過ぎてダメな事だってだけで、それ以外は全然正しいんです。ちょっとやっちゃダメな方向に行っちゃったってだけで。なのでエラをサイコパスと呼ぶのなら、俺達みんなサイコパスだって事なんです。ふざけんなって、俺達はサイコパスなんかじゃねえ!
もし俺が社交性に富んだイケてる奴で、友達たくさんセフレもたくさん、不純異性交遊で楽しくてキラキラした青春を送っていたら、きっと今頃はこんなブログなんかを書いていなかったでしょう。慢性欲求不満症候群を患わせる事も無く、パンクロックも聴かずボンクラ映画も観ず、流行り物のヘナい音楽や映画だけで満足する下らない趣味嗜好の持ち主になっていた事でしょう。そう思うとキラキラしてなくて本当に良かったと思います。まあ、今になって言わせて貰えば、社交性も友達もそんなにいらないけど、不純異性交遊だけはしたかったなあ(笑)。
そんなわけで、17人の男達を殺して、その殺人についてをレポートにまとめ、心理学の授業で提出して逮捕され、一流の連続殺人鬼になりたいという夢を叶えたエラの姿には、イラついた青春を送り映画やロックに夢を見た俺達ボンクラは喝采するしかないんです。その後でまた展開があって、映画はちょっと深いラストに向かっていくんだけど、初期衝動のまま突っ走り初期衝動のまま夢を叶えたエラ。素晴らしいと思います。だけど、人を殺すのはやってはいけない事なんですよ(笑)。
psycho-killer-screen











2015年アメリカ映画
監督 ネイサン・オリバー
出演 ケイト・デイリー デニス・アンドレス ジョシュ・ドルフィン
    メレディス・ハインリヒ マルコム・マクダウェル マイケル・マドセン

今回の付録動画