愛しのポイズン・ガール 血煙り純情編

オッパイと殺戮がいっぱいの悪趣味映画に愛を込めた咆哮映画感想文。 エロ映画が多いんで、未成年者はなるべく見ないでね!

プッシーキャットの夜

色々と面倒臭い事がありまして、新ブログを作りました!
http://blog.livedoor.jp/darknesschack-neo/
「プッシーキャットの夜 ナイト・オブ・ザ・プッシー」です!
今後とも夜露死苦です!
早乙女ルイ嬢でご挨拶。
saotomeruiop




三十路の女 巨乳はじける

new02ピンク映画募金!
http://justgiving.jp/c/5912

ちょっと用事があって千葉に行ってきた。俺の実家の近く。千葉と言っても海も山も無い東京近郊の関東平野部。見事に何もない。用事って言うか、実は色々と思う事が多々あって東京脱出を企んでいるのだが、その候補として千葉の公団住宅の外観チェックに来た。あまりにものどかな田舎町の空気にまったりとしつつ、こんな何も無い所で果たして俺は生活していけるのだろうかと思ったり。まだ何一つ決めてないし、単なる気分転換的な意味で来てみただけなんで、まあ今回はこんなもんかな、という感じっす。
面倒臭いので実家には寄らなかったけど、せっかくなので千葉の温泉に行ってきた。黒くて塩辛い強塩温泉。昼下がりの太陽を受けながらの露天風呂はいいね!関係ないけど、よく露天風呂に浸かりながら日本酒を呑むという画があるけど、あの温泉に浮かべたお盆の上のお銚子ってよく倒れないもんだよなあ。
bdcam 2011-04-13 19-37-34-390
「三十路の女 巨乳はじける」。
竹洞哲也の新作の主演が櫻井ゆうこだと聞いて、ちょっと意外な感じがした。竹洞監督映画の主演女優といえば、藤崎クロエとか青山えりな、かすみ果穂、吉沢明歩、AYAなど、錚々たる美女揃い。そこに申し訳ないけどとても美女とは言い難い櫻井ゆうこが参入してくるなんて、なんだか場違misojinoonnna1いな感じがして、しかも共演が倖田李梨と若林美保。ピンク映画界屈指の貫禄と存在感と実力を兼ね備えた大物二人を脇に従えて、果たして櫻井ゆうこで大丈夫なんだろうか。確かに「セイレーンXXX
 魔性の悦楽」では、主演セイレーンのまりかを完全に食う存在感を見せてくれたのだが、いくらなんでもまりかと倖田李梨&若林美保とじゃ比較にならない。そんな感じで、ハッキリ言って櫻井ゆうこを舐めてかかってたのだが、ところがどうした事でしょう!櫻井ゆうこ、五分で渡り合ってるじゃないですか!オナニー話フルスロットルなガールズ・トーク場面で、倖田李梨&若林美保の重量級な猛爆演技をサラリとかわし自分のペースをキープする事で存在感を見せる技!しかもこの場面でも李梨&美保、「オナニーに勝る旦那なし」の名言も飛び出す畳み掛けるような猛攻撃の強暴さと言ったらハンパじゃない!あの猛攻を余裕でかわせるとは、櫻井ゆうこ、ただの巨乳不美人ではない!自分のペースに持ち込みさえすれば、その存在感は「セイレーンXXX」で実証済み。本当は凄い櫻井ゆうこ!舐めてかかっててすいません!これからの注目女優に僕の中の認識が変わりましたよ、櫻井ゆIMG_3012rうこさん! 
映画の内容は、竹洞流の泣かせ技がスパークした傑作。ラジオのDJをやってた女子(櫻井ゆうこ)だが、その番組が打ち切りとなり、「もう誰もラジオなんか聞かないんだ」と夢破れて田舎に引っ込む。櫻井ゆうこに恋心を抱く中年のオッサンで、そのラジオ番組のディレクター(岩谷健司)が、会社を辞めて櫻井ゆうこを追ってくる。そこで「夢よもう一度」的な、夢を見る事を諦め傷ついた人に向けた心優しいラブレターが綴られていくのだが、このラストが泣ける!
岩谷健司が奮起して、とてもじゃないけどオッサンがやるとは思えない直球勝負の愛情表現を櫻井ゆうこにカマすんだけど、そこはやはりオッサン、痩せ我慢で生きてきた男のハードボイルド汁が溢れ出し、自分の行動に対する照れ臭さを苦笑いで誤魔化す、若者には到底出す事の出来ないオッサンの渋さを発揮、そのオッサン心に涙腺決壊!もちろんその岩谷健司の男心を受ける櫻井ゆうこの特に何もしないのに感動を煽る存在感、エンディングの「バーカ!」の名セリフ!不美人と渋オッサン、この二人じゃなきゃ成し得なかった名場面だ!
竹洞流泣き笑いの笑いの部分はもちろん我らが倖田李梨姐さんが爆走してくれます!白痴男役の津田篤を強チンしようとしてパンツを脱がせた時の会話「何これ」「一応チンコですけど」には爆笑!
映画が終わって涙を拭きながら「いい映画だったなあ」と感動に浸ってる時、ふと横を見ると客席に岩谷健司さんと櫻井ゆうこさんが!驚きin上野オークラ!今僕はあなた達を観て感動して泣いてたんですよ!
bdcam 2011-04-13 20-55-32-312
「ラジオの黄金期は終わって廃れちゃったけど、でもなくなる事はないだろ、好き放題思いっきりやろうぜ」みたいなセリフを岩谷健司が言うのだが、これはきっと竹洞監督のピンク映画への思いが詰まったセリフなんだろう。その思いにも涙!


2011年OP映画
監督 竹洞哲也
脚本 小松公典 山口大輔
出演 櫻井ゆうこ 岩谷健司 倖田李梨 若林美保 津田篤 岡田智宏 久保田秦也


ヒロミくん!全国総番長への道

20110113_775050ピンク映画募金!
http://justgiving.jp/c/5912

ブログ用の画像をアップロードしようとしても反応しなくて苦しんでたら、ただ普通に画像貯蓄の容量を突破してただけだったらしい。記事に載せた画像を大量に削除してみたら、今まで通りにアップロードできるようになった。いやあ、良かった良かった!どうも画像を載せられなければブログ書く気が起きないからね!古い映画観て「面白い!」と思っても、画像が見つからなくて記事にするのを断念した事もあるし。だからこのトラブルは俺にとって致命的だったのだ!
こういうブログをやってても、俺のパソコンに対する知識はほぼゼロに近いんで、何か障害とかトラブルが起きたり「接続してません」なんて言われるとパニックになってしまう。今回もこの結論に達するまで2日もかかった。イラつきながら同居人に尋ねたらアッサリ「容量オーバーなんじゃないの?」と言われてやっと解決。声にならない心の声で「こんな程度で何イラついてんの、バカじゃねえの!?」とも言ってた!でも上手くいったから許す!
bdcam 2011-04-11 21-38-33-437
「ヒロミくん! 全国総番長への道」。
竹内力が最強のガクラン高校1年生をウルトラ・アッパーで演じるシリーズと言えば、もちろん「カオルちゃん最強伝説」。全国の高校を巡り歩いて全国制覇の真の番長になる事を夢見て、勢い余って海を泳いで渡ってきたロシアの最強番長もブッbdcam 2011-04-11 20-36-56-656飛ばし、あまりにも強すぎて人間では相手がいなくなり、落ち武者の亡霊とタイマン勝負したり、マレーシアで海賊になったり、ブルース・リー(演じるのは船木誠勝!)のキンタマを握りつぶしたり、大暴れの限りを尽くしてきたカオルちゃん。最強宇宙の遥か彼方の果てまで行き着いてしまったカオルちゃんの原点回帰とでも言うべき映画。昭和40年代が舞台だったカオルちゃんから、時代設定を今の世の中にシフトチェンジしただけで、何もかも同じな竹内力の新シリーズ「ヒロミくん!」。監督はもちろん「カオルちゃん最強伝説」の宮坂武志だ!長らく何年も新作が出なくて寂しい思いをしていたカオルちゃんファンは震えて観るべし!俺の勝手な予想だけど、GPミュージアムとかリキ・プロジェクトとかのオトナの事情に加え、元々が「岸和田少年愚連隊」からスピbdcam 2011-04-11 21-22-44-750ンオフしたシリーズだって事が、面倒臭い事情に拍車をかけてしまって、シリーズを続けたくても続けられない状況だったに違いない。しかしまだまだカオルちゃんを続けたい竹内力と宮坂武志がGPミュージアムを離れて撮った「新・カオルちゃん」がこの「ヒロミくん!」なんじゃないだろうか。何の根拠も無い俺の勝手な想像ですが。そういうわけで、超ロング・ガクランの老け顔高校生を演じる竹内力のアシッド&アッパーな凶暴演技、ヨダレと鼻水を垂らしながら雄叫びを上げる知能指数氷点下のキャラ設定はゴキゲン過ぎる程に健在だ!嬉しくなるぞ!カオルちゃんがヒロミくんになって帰ってきた!祝・復活!もちろん映画の内容も爆裂的に面白いんだから文句は一切無しだ!
gnj1102041210024-n1大阪の田舎町に住むヒロミくん、東京から転校して来た女子との純粋過ぎてバカの域にまで到達する恋物語、ヒロミくんをスカウトしにやって来る田舎ヤクザ、もちろんヒロミくんの全国制覇の一人旅、何から何まで「カオルちゃん最強伝説」の初期設定。色々あって渋谷からヒロミくんを狙ってやって来たチーマー軍団に「昭和かよ!」と爆笑されながらのバトルはもちろんヒロミくんの圧勝!強過ぎる!ほとんど怪獣!
そして衝撃のパーマで巨乳のオバチャン、大場佳代(オオバカヨ)の登場!演じるのが竹内力の親戚、竹内カヨ!ボロい自転車を乗り回し、地元の不良をボコボコにタコ殴りする、頭がかなりアレな最強オバチャンだ!その正体はまだ明かされないのだが、ヒロミくんとのバトルが展開されるであろう次回作、早く観てえ!
bdcam 2011-04-11 21-41-04-171
2010年リキ・プロジェクト
監督 宮坂武志
製作総指揮 竹内力
出演 竹内力 夏生さち 栞菜 波岡一喜 芳本美代子 木下ほうか
親戚出演 竹内カヨ

春の仲野茂まつり

こんな時だから、俺が心から敬愛する孤高のパンクロッカー仲野茂を聴け!魂の10連発!
「唾を吐き捨てろ、怒りを込めて!あいつらめがけて唾を吐け!」















リオ・ブラボー

imgc7b63a5dzik5zj俺はチンコのサオ部分はともかく、キンタマはデカい。友人と温泉なんかに行ったりすると「タマデケッ!」と言われたりする自慢の一品でもある。キンタマのデカさと皮の長さには自信がある。肝心の棒状の部分に関してはノーコメントを貫くが。ついでに言えば、俺のキンタマには毛が生えてない。ツルツルだ。。チン毛は、もし俺が女だったら美しいデルタを描いていただろうと思われるほどの逆三角形だ。俺のチンコ自慢はともかくとして、実はキンタマというのは自分の意思とは関係なしに、常に動いているというのを発見したのはもう10年以上前の事だ。風呂場でだらしなくデローンとしているキンタマを眺めていて気が付いた。自転車のペダルの様に、左右のタマが正反対の位置にくる感じで円を描く運動をしているのである!それを発見した時は感動したね!あんまり信じてもらえないけど嘘ではない!嘘だと思ったら自分のキンタマを観察してみればいい!動いてるから!女子の方々は彼氏や旦那に頼んで見せてもらうといい!感動的だぞ!
bdcam 2011-04-09 18-22-14-625
「リオ・ブラボー」。
先日、コーエン兄弟の新作「トゥルー・グリット」を観て、その映画自体はなんだか気に食わなかったけど、でも古いアメリカの西部劇を観たいなあと思わせるような、不思議なノスタルジーを湛えた映画だった。というわけで、「トゥルー・グリット」のオリジナル、ジョン・ウェイン主演の「勇気ある追bdcam 2011-04-09 19-19-53-078跡」を借りに行ったんだけど、俺んちの近所のレンタル屋には置いてなくて、でも古い西部劇が観たかったんで「リオ・ブラボー」を借りた。遥か昔、まだ子供だった頃に淀川長冶が解説してるTVの洋画劇場で観て以来、30年ぶり位になるんだろうか、久しぶりに観た。
子供の頃に観た記憶では、アクション満載の豪快ウェスタンだった様な気がするのだが、改めて観るとクライマックスの銃撃戦以外は、そんなに大したアクションがあるわけでもない。映画進行の語り口の上手さと登場人物達のキャラ立ち、会話の面白さ、そういう部分で引っ張ってく映画で、俺の感想は「昔の映画だなあ」という、物凄くそのまんまな当たり前の事だった。確かに映画は面白い。今時の映画とは比べ物にならないほどの語り口の上手さでグイグイ引っ張る。「映画らしい」って意味じゃ本当に「映画らしい」映画なんだろうけど、でもやっぱり物足りないんだよなあ、毒気がなくて。昔の映画bdcam 2011-04-09 20-59-03-765はそんなもんだって感じで割り切って観たつもりなんだけど、やっぱり古き良き時代のクラシックな名作ってのは、どうしてもこういう感じなんだろうね。特に俺の映画の嗜好は毒気命だしね。この映画の事を悪く書いちゃうと、俺よりも年齢が上の全ての映画ファンを敵に回してしまいそうなので怖いので、ちょっと遠慮しながら恐る恐る書いてます(笑)。御機嫌を取る為に、写真はアンジー・ディキンソンのお色気特集にしてみました!
何十人もの凶悪な殺し屋軍団に囲まれて劣勢の極みに立たされてる割には、なんだか呑気なムードで緊張感無いし、凶悪軍団が総攻撃を仕掛けてくれば5秒で陥落しそうな保安官詰め所なのに全く攻めてこないし、今じゃこういう平和な映画は全く通用しないんだろうね。正しく古き良き時代の映画。誤解の無い様に繰り返し書いとくけど、映画は面白かったっすよ、もちろん!嘘じゃないっすよ!ただ呑気過ぎて毒気がなくて物足りないってだけで!
ただ語り口の上手さともう一点、今時の映画に比べて遥かに優れてる点、それはスターが本当にスターだった時代のスターのオーラ!ジョン・ウェイン!ディーン・マーチン!リッキー・ネルソン!もちろんアンジー・ディキンソン!みんなオーラが凄い!
bdcam 2011-04-09 20-43-11-843
1959年アメリカ映画
監督 ハワード・ホークス
出演 ジョン・ウェイン ディーン・マーチン アンジー・ディキンソン
    リッキー・ネルソン ウォルター・ブレナン ウォード・ボンド
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ