慰安婦問題を扱ったNHK番組の取材に協力した女性団体が「政治的圧力で番組が改変された」として、NHKなどに損害賠償を求めた訴訟で、最高裁はNHKなどに賠償を命じた2審東京高裁の判決を破棄し、女性団体の請求を全面的に退けた。

上記引用

この判決・・・報道の自由と言う面に置いてはNHKの主張は正しい。。。
期待権が広範囲に認められた場合、報道機関が取材対象者のいいなりになり編集・表現の自由が大幅に制約されかねない訳で。。。
ただし、政治家の言いなりになって編集するのも「かなり」の問題だと思うけどね。。。

NHKは番組取材時に「法廷の様子をありのまま伝える番組になる」と説明している。
しかし、放送された特集番組「問われる戦時性暴力」は事前説明と異なり主要部分が大幅にカットされていた。
多少のカットなら説明に嘘は無いとも言えるが事前説明と違う番組となる事になってしまった事に付いて、説明をする倫理的な義務(法的な義務では無い)はあったと思います。

結局は事前の説明は嘘になった訳ですから。。。

最高裁もNHK幹部の政治との関係について少しツッこむ判決にしてもらいたかった。
(その部分においては高裁判決の方がいい判断している)
朝日新聞はもう少しきっちり取材して政治家(中川昭一と安倍晋三)からの圧力を証明して欲しかった。

その上にNHKは当事者として、自らの言い分が客観的な報道であるかのように報道した事から番組作成に関して公平・公正を欠いた報道しか出来ないマスゴミだと言える。

こんな報道しか出来ないNHKの取材は一切拒否した方がよろしいかと思います。。

まあ・・・事実上の国営放送だから「政治家の圧力に屈する」と言う面で放送倫理の向上は望めないですから。。。

元ネタ・引用元:
(魚拓)【社説】NHK番組改変 政治からも自由確保を 2008年6月13日-Chunichi Shimbun

NHKが放送倫理違反 BRC決定、「戦時性暴力」番組の訴訟報道めぐり 06/11 01:32更新-iza!

女性団体が逆転敗訴 NHK“従軍慰安婦”番組改編訴訟で最高裁判決 06/12 15:42更新-iza!

NHK番組改変訴訟 取材現場は「当然の判決」 06/12 20:53更新 -iza!

【視点】報道の自由の重要性、正当に評価 06/12 20:57更新-iza!

【主張】慰安婦番組訴訟 NHKと朝日は再検証を 06/13 05:23-iza!