10日、11日と宮城県亘理町にて、体操の指導をしてきました!

10日は、郷土資料館の悠里館の集会場にて9名の方が参加され、、11日は、仮設住宅の集会場にて7名の方が参加されました。

6月に、亘理に行きましたが、その時は、仮設住宅には行かなかったので、仮設住宅に行くのは初めてでした

CIMG0476
                                                                         
写真は、仮設住宅の集会場での指導・・・・・

腰や膝が痛い方、体に違和感を持っている方が多いので、椅子でできる体操からスタート・・・・

その後は、四つ這いになって前・後ろの方向に歩いたり、座位で膝の曲げ伸ばしや股関節を開いたり・閉じたりして、普段使えていないところを刺激・・・・

最後に、縮むことができないと、寒い時期に体が適応しにくくなり、寒さを余分に感じたり、痛みを感じやすくなるので、2人組になり椅子に座った状態で、1人が腰椎4番辺りに手の平を当て、座っている方が息をそこに吸い込むような感じで縮む動きを行いました。(息を吸い込んで縮んだあとは、ゆっくりと元に戻ります)

この動きを行う前に、パートナーに触って頂いて背中の感じを観てもらいましたが、終了後、背中の硬いところ等が穏やかになったりする方が多く、縮む感じが掴めたのではないか?と思います。

体操終了後、参加者のおひとりが、民謡、演歌をご披露され、元気で和やかな雰囲気になり、皆さんをお見送りしました!



こちらに帰ってきて感じたことは、参加者の皆さんと触れ合うことで、人との関係性に変化が出ている感じです。

ご協力して頂いたNPO法人亘理いちごっこ さん、ふれあいの会の皆さん、そして、いちごっこの渡邉さん、色々とありがとうございました!今度は、亘理をゆっくりと見物したいですね!

あ~、はらこ飯たべたかったなぁ~ ^_^;