IMG_3987

新生児の視力は、0.01。色は黒と白、グレーや光を認識する程度。

生後1か月で0.02となり、黒白の認識が明確になってくる。この時期、お母さんの顔をじっとみる虎視が育ってくる。

2ヶ月になると追視が始まり、3ヶ月で視力は0.05となる。ここで赤色が見えやすくなる。この時期のおもちゃは赤色が多いのもうなづける。

6ヶ月で0.1となり、自分と物との距離やママ以外の他人の区別ができるようになる。これがいわゆる「人見知り」。

1歳で0.2。このころ立体的に見えるようになるのと同時にボディ・イメージが明確になってくる。

3歳で、ようやく1.0になり、赤・青・黄の区別ができる。ただし視力が安定するには、6歳までかかると言われている。

「子どもは大人のミニチュアではない」とある医師が言っていたが、子どもたちの体の発達のプロセスを知らないと先回りして、返って発達を停滞させる可能性があると思う。