2005年08月10日

第2のA代表

vs_korea体が重く見えた北朝鮮戦のA代表に比べると、
このA代表はスピード感があった。
来年のW杯にはいったい誰が残るのだろうか。
まったく予想が出来ない。
それだけ日本の選手層が厚くなったのだろう。
右の加地、左の三都主もうかうかしていられない。
第3のGK土肥もスーパーセーブでアピールした。
消化ゲームになろうとしていた来週のイラン戦も、
A代表に残るためのサバイバルゲームになるだろう。



darumania at 19:39|Permalink日誌 

2005年08月02日

気迫の北朝鮮選手

vs_n.koreaワールドカップ最終予選でここ2試合完璧に勝っていた北朝鮮に完敗した。
翌日の女子もスピード・技術であきらかに負けていた。
負ければ“強制収容所”が待ってるかもしれない北朝鮮と、
負けても来年のW杯の出場が決まっていて失うモノは何もない日本の違いなのか。
日本に勝つことだけを目標にしていた北朝鮮の喜びようは、
まるで優勝したチームのようだった。

政治問題も絡み、ここのところの我が日本国は悪役レスラーそのものだ。
明日の中国戦も去年のアジア杯の遺恨試合になるだろう。
来年のドイツW杯のためにも、
しばらくは悪役レスラーに徹するのも良いかもしれない。



darumania at 21:06|Permalink日誌 

2005年07月30日

ジメジメ夏は嫌い

夏モモ台風一過のハワイのようなカラッと暑い日が2日続いたが、
昨日から再びジメーっと湿度の高い日が再びやってきた。
都心に比べると夜は涼しくなるはずなのだが、
昨夜は夜中になっても気温が下がらず熱帯夜となった。
モモは相変わらず動きが鈍くヨタヨタと歩いたかと思うと、
ゴロッとヨコになって辛そうだ〔毎年夏はこんな感じ〕。
外に出ても涼しいところを探して寝ているだけ。
カラッと暑い日が早く来て欲しい。

darumania at 10:15|Permalinkモモ 

2005年07月24日

久しぶりに強い地震

震度5ちょうど“なでしこジャパン”の壮行試合をテレビで見ている時だった。
いきなり揺れだした。
家のどこかがビシッと音を立て、
飾ってある小物が何点か落ちたが壊れたモノは無かった。
とりあえず靴を履き勝手口のドアを開け2階に行く。
動物は第6感で地震を察知すると聞いていたが、
ウチのモモはガ〜ガ〜眠っている。
前の日だったらはギャラリーの当番で新宿にでかけていて、
帰宅するのも大変だったろう。
そういえばテレビで誰かが半年以内に地震があると予想していたが、
それが当たったと言うことだろうか。

今日は搬出日なのでこれから出かけるのだが、
余震がちょっと心配だ。


darumania at 09:04|Permalink日誌 

2005年07月21日

祝10回“立体ヒャクテンマン展”

rittaiten200515日から始まった“立体ヒャクテンマン展”もあっという間に半分が過ぎた。
昨年は東京で39.5℃最高気温の酷暑の中だったが、
それに比べると今回は普通の夏でほっとする。
10年前に永福町で始めてから今年で10回目の節目だが、
気負った感じでもないのでいつもと変わらない展覧会になっている。
ちなみにボクは2作品3点を展示した。
10日ほど前に偶然できたタッチの作品(左下写真)で、
イラスト仲間や女性客にわりと評判が良い。
自分でも最近はサッパリ系が心地よい。
独断で大賞を決めるなら、迷わず「アメノウタ」イシカーの作品(右上写真)。
発想、完成度、動き、音、4拍子揃った作品だ。
本音を言えば『ここに置くべきモノ?』かな・・・いずれは美術館行き・・・かな?
プロ級から子供の作品まで、触って楽しむモノやらいろいろあるので必見!

24日(日)まで新宿労災会館B1スペース・ゼロ
同時開催『白石佳子個展』
http://www.youchan.com/blogs/e-spc/archives/images/map_closeup-3.gif

darumania at 08:44|Permalink日誌 

2005年07月08日

アシナガバチ

アシナガバチ川側の庭にいるモモを連れに行き、
階段を上がってもどろうとした時、
左足の親指に激痛がはしった。
そのとき羽音が聞こえたので“蜂だ!”とすぐわかった。
家に上がってキンカンを塗るがかなりの激痛。
妻が冷蔵庫から保冷剤を持ってきてくれて患部を冷やす。
ミツバチだと針が残っていたりするが今回は何もない。
妻が川側の庭に降りる階段にアシナガバチの巣を発見。
たぶん階段を上がるときに巣(直径7cm)に触れてしまったのだろう。
次の日になんとか駆除したが大きなアシナガバチだった。
あとで調べたらアシナガバチの毒はスズメバチの毒と同じ成分が入っていて危険らしい。
最初の激痛は数分で去ったが、
三日間ほど患部が腫れて赤ちゃんの足のようだった。

darumania at 07:44|Permalink日誌 

2005年06月29日

梅雨がもどってホッとする

紫陽花それにしても6月だというのにここ2〜3日は去年を思い出させる酷暑だった。
昨日は太平洋高気圧とフェーン現象が重なって、
関東だけが以上に高温だったらしい。
ネットであちこちの気象を見ると、
そんな関東でも伊豆諸島は最高で30°C。
海が近いことが気温を抑えてくれる。
やっぱり海辺に住みたくなる。

今朝は久しぶりに朝から雨。
紫陽花ももう少し咲いてくれそうだ。


darumania at 14:45|Permalinkモモ 

2005年06月23日

1点の重み

vs_brazilあと1点が欲しかったが、
世界一のブラジルに勝っても不思議ではない試合だった。
結局2対2のドローでベスト4には行けなかったが、
世界との差は確実に縮まった。
W杯に向けての課題も“シュートの精度”を向上させることのみのような気がする。
このメンバーに小野と中澤が入れば最強の日本になる。
FW候補も大久保、久保、高原がいるはずだし、
次の世代からも出てくることも期待したい。
そして大黒、加地、小笠原は世界に飛び出して一回り逞しくなって欲しい。

来年のW杯がますます楽しみになった。





darumania at 10:54|Permalink日誌 

2005年06月19日

耐えられない!

コンフェデ杯昨夜のオーストラリア戦はGKのつまらないミスで失点したあと、テレビ観戦をやめた。(皮肉にもそのあと同点になった)

今、ふたつの日本代表がドイツとオランダで戦っているが、
アジアの壁を越えるのが精一杯なのだろうか。

南米系の選手はリズムとテクニックが持ち味、
ヨーロッパ系の選手は体の強さと足の長さが有利。
それじゃあ漢民族はどうしたら勝てるのだろうか。
組織力と精神力だと評論家は言うが・・・

今夜はA代表がギリシャと戦う。
世界との壁をもう少し実感してみるか・・・

darumania at 12:15|Permalink日誌 

2005年06月16日

野茂らしく達成

nomo メジャーに渡って10年目に通算200勝を達成した野茂。(日本では78勝)
イチローが記録を作ってもジ〜ンとこないのに、
なぜか野茂の場合はジワ〜っと嬉しい。
試合後のインタビューもいかにも野茂らしい。
とにかく大リーガーで投げたいという気持ちだけでここまでやってきた野茂にとって、
通算200勝は単なる通過点にすぎないようだ。

そのひたむきさと投げたい気持ちがあるうちは、
まだまだ大丈夫!


darumania at 13:29|Permalink日誌 

2005年06月12日

広告デビュー?

カルカンモモ昨日の朝刊(朝日、読売)にモモが載った!(右下がモモ)

カルカンに応募したもので、
応募が多いと思い諦め半分でいたのだが。
撮影時もいつもと何か違うのを察知されてしまい、
なかなか思うようなポーズが撮れなかった。
それでもモモだけ顔の表情が良く分かる。

モモの人生にとって全国紙に載ったことは(分かってるのかな?)
良い思い出になるだろう。
ちなみに賞品は“カルカン ウィスカス”
またいろいろ応募してみよう。





darumania at 11:26|Permalinkモモ 

2005年06月09日

世界へ

ドイツへフォワードが仕事をした。
それも高原の欠場で追加招集された柳沢が・・・
守っては相手の速攻を封じた。
世界で最初にドイツ行きを決めた日本代表は、
主力といわれるMFたちを欠いても遜色のないほど層が厚くなった。
それと、国がひとつになれるサッカーの素晴らしさを再認識した。

日本代表は来週コンフェデ杯に向けドイツに行く。
もっと強い世界にもまれて、ますます強くなって欲しい。

来年の今日、ドイツワールドカップが始まる。


darumania at 08:46|Permalink日誌 

2005年06月04日

“マナマの歓喜” ってちょっとおおげさかな?

バーレーン戦直前に小野の骨折があり、ちょっと不安だったが、
なんのなんのアウェイで勝ち点3をもぎ取った。
それも、“国内組”と言われている小笠原のゴールだったからなおさら嬉しい。
守りでは相手の攻撃をことごとくつぶした中沢が光っていて、
あらためて存在感を感じた。

いつもはスピードとテクニックのあるバーレーンだが、
昨夜は動きも鈍かったし、後半は足が止まっていた。
ホームのプレッシャーだったのかな?

8日の北朝鮮戦は中村、中田、三都主が出られない。
控えの層も厚いのでそんなに心配はないと思うが、
何が起こるか分からないのがサッカーだから気を引き締めて戦って欲しい。

試合後のインタビューの中で、
「ながもとさん!ながもとさん!どこに食べに行くの?」
と声が入っちゃった川口には笑えた。
日本からシェフを同行していったのに?
たぶんバーレーン料理でも食べに行ったのだろう。

darumania at 20:36|Permalink日誌 

2005年05月28日

大丈夫?日本代表

だいじょうぶ?たった一回のカウンター攻撃で日本は立て続けに敗れた。
敗因は100%シュート力不足にある。
パス回し、パスのインターセプト、全て勝っていても、
シュートが入らなければただ疲れるだけ。
まして先取点を取られちゃうと“焦り”もプラスされて悪循環に陥る。

真面目な国民性が“いざっ”というときに出ちゃうのだろうか。
視ているほうも肩が凝りそうだ。
ラテンのノリでもう少し気楽にサッカーやって欲しいものだ。
その点では大久保が面白いと思うのだが・・・

6.3のバーレーン戦に勝たなければW杯への道は本当に危ない。


darumania at 13:24|Permalink日誌 

2005年05月26日

大袈裟

大袈裟NHKのプロジェクトXにもみられるが、
テレビは演出が過剰だと思う。

“驚くべき・・・”“驚愕の事実!”というフレーズでも、ほとんどが想定の範囲内で驚きはしない。
そのフレーズが出たあとは必ずCMになり、
CMあけはまた少しもどったりしてじらす。
だから53分番組も実質40分番組なのである。
バラエティ番組は録画して“飛ばし見”がお薦めだ。

夕方の民放報道番組はワイドショ-化している。
特に6時17〜19分頃になると各局とも示し合わせたように“特集モノ”になる。
内容も回転寿司、ラーメン戦争、行列のできる、etc.
ときにはテーマが同じこともよくある。
なにもニュース番組の中でやるほどのこともないのにと思ったりする。


darumania at 08:55|Permalink日誌 

2005年05月22日

人間化

huuta&hatti地方の動物園が元気だ。
中でも面白い動物の見せ方の旭山動物園、
ライブ映像とカンガルーのハッチ君のいる須坂動物園、
そして今が旬の風太君のいる千葉市立動物園。

カンガルーは以前から座ったポーズがオヤジっぽくて、
人間に近いと思っていたが、
まるで着ぐるみのようにすくっと立ったレッサーパンダの風太君は、
堂々としていてボクより姿勢がいい。
みんな進化の途中なんだろうと思ってしまう。
何万年後の地球はもしかすると彼らのものかもしれない・・・


darumania at 09:32|Permalink日誌 

2005年05月14日

祝日がややこしい

おおあくび4月29日のみどりの日が昭和の日に、
5月4日の国民の祝日がみどりの日になり、
前日の5月3日の憲法記念日が日曜だった場合、
5月6日がその振替日でお休みになるらしい。
別に会社や学校に行っているわけではないし、
盆と正月と黄金週間にはどこにも行かない主義の
ウチにとってはど〜でも良いことだが・・・
このままだとお休みばかりになって、
明日の日本がちょっと心配。


↑猛猫に注意!

darumania at 21:35|Permalink日誌 

2005年05月13日

同世代の死

yuri先週、以前勤めていたデザイン会社の先輩が亡くなった。
先輩といっても歳は同じくらいだったのでショックだ。
数年前に大学以来の親友がやはり同じ類の病気で逝った。
大学の同級ではもうすでに3人も逝っている・・・


身内や近しい人なら最期の顔を見届けて送るが、
そうでないなら勘弁願いたいのがホンネだ。
どうやら最近の同世代の死がトラウマになっている。


その人の生前のイメージを心に残したまま送りたい。
彼の場合は、その大きな体で元気に野球をやっている姿が浮かぶ・・・
あちらの世界でもあなたの明るさで周りを楽しませてください。

ご冥福をお祈りします・・・合掌。


darumania at 08:20|Permalink日誌 

2005年05月04日

“CREAM”37年ぶりに・・・

cream1966のデビューアルバム(Fresh cream)から1968のラストアルバム(Goodbye)まで約2年間に4枚のアルバムを世に出しあっという間に解散してしまったクリームがなんと37年ぶりに復活!
高校1年だったボクが買った初めての洋楽シングル版が“サンシャイン・ラブ”だ。
それ以来クリームはボクの好きなロックバンドベスト10にいつも入っている。
中でも3枚目の2枚組アルバム“クリームの素晴らしき世界”
(Wheels of Fire)は最高傑作。今でも車で聴いている。
エリック・クラプトンは今も最前線で活躍していて知っている人も多いだろうが、
ジンジャー・ベイカー(65)の独特なジャズ風なドラム、
そしてジャック・ブルース(61)のベーステクニックは、
その後のロックバンドのお手本にもなっていた。
ロンドンのロイヤルアルバートホールで今月の2日、3日、5日、6日だけのコンサートらしいが、英各紙も絶賛しているようだ。

日本にも来て欲しいが・・・来ないだろうなぁ・・・・


darumania at 14:48|Permalink日誌 

2005年05月02日

黄金週間

黄金週間一年のうちで出かけてはいけない時期が三つある。
盆と正月と黄金週間。
特にその期間の海外旅行の価格には驚く。
たぶん宿泊施設も特別料金なんだろう。
仕事があれば全てが労働日で、
仕事がない日は全てお休みの私には、
盆と正月と黄金週間はただの日々に過ぎない。

その時期になると成田空港でのインタビューや、高速道路の渋滞情報といった何年も前のVTRを使っても良いようなニュースばかりでウンザリする。そしてそんな一番価格が高くて人が集中するときにしか旅行が出来ない人達が哀れに思える。


ちなみにウチの黄金週間は近所のフリマに出かけるくらいかな。
モモも近所のドライブなら大喜びなのだ。


darumania at 22:33|Permalinkモモ