2004年12月12日

最終回は淋しい。

最終回視ていたドラマが立て続けに最終回になった(なる)。
“黒革の手帖”
米倉涼子は俳優としてまた大きくなった感じがした。
小林稔侍と室井滋も相変わらずいい味出していた。
それに比べ仲村トオルと柳葉敏郎ははまり役では無かったのでは・・・・
そして黒幕役の津川雅彦が“最後の忠臣蔵”では気っ風のいい商人役。出過ぎだよ津川さん。

“最後の忠臣蔵”
忠臣蔵の話はあまりにも有名すぎて、もう見るのもうんざり。
ところがこの話はその後の2人の義士の運命を辿っている。
上川隆也と香川照之が最高!(毎回泣かされた)

“新選組”
今夜が最終回。
近藤が板橋の処刑場で打ち首になって終わると思うが、
土方の“新選組”はまだ会津、函館と続く。
それ以後も永倉や斎藤一は生き続けた。
“最後の新選組”も作って欲しい。





darumania at 11:41│ 日誌