2004年12月29日

スマトラ島沖地震

スマトラ沖地震南国のリゾート地に、まさかの地震と津波。
日が経つに連れて入る災害の大きさに驚く。
スリランカやインドでは地震すら感じていないのに、
突然の津波での被害は甚大だ。
ところが動物の死体が見あたらないらしい。
動物は自然の変化を察知する能力を持っている。
人間も昔はそうだったのに・・・
いつの間にかそういう能力が退化してしまった。
こういう災害が起こるたびに、
為すすべのない人間の弱さが露呈する。
自然の中で生かされているという事を忘れてしまうと、
“人間の地球”も、
そう長くはないかもしれない。



darumania at 20:08│ 日誌