2006年08月

2006年08月31日

夏の終わりに

yuri
ここ十数年、ある仕事で夏は9月半ばまで缶詰状態です。それはそれでありがたいことですが、いろいろイベントのあるこの時期、けっこうつらいモノも感じます。そんなさなか野生のユリが咲きました。それに絡まり朝顔も。川辺の庭はそんなわけでこの時期ほっぽらかし状態。ま、暑いのと蚊がいやなのとで庭に出られないのが現実なのですが。それでもここのところ朝夕も涼しくなりました。体も少しホッとしてます。


darumania at 08:55|Permalink日誌 | 日誌

2006年08月18日

残暑!

残暑
今年の夏もこのまま涼しくなっていくのかと思ったら、台風の影響で暑さが盛り返してきました。
ということで、残暑お見舞い申し上げます。
先日のオシムジャパンのイエメン戦も、かなりの暑さだったようで全体的に動きが悪かったですね。4−0で終了して欲しいゲームでした。
それにしてもオシムの招集するメンバーが毎回楽しみです。J1、J2の選手も次は呼ばれるかもしれないという期待感が増してJリーグの試合もますます面白くなるかもしれませんね。
話は変わりますが、オシムになってからの国歌斉唱ですが、初戦が小柳ゆきで、イエメン戦がSoweluでした。世代も若くなってとても良い人選だったと思いますが、国歌斉唱って誰に決定権があるかいつも疑問です。


darumania at 13:12|Permalinkモモ | モモ

2006年08月10日

オシムジャパンの船出

osimujapan
昨夜のトリニダート・トバゴ戦が初戦となったオシムジャパン。ジーコジャパンを一掃するようなフレッシュなメンバーに、4年後をじっくり見据えている感じがする。(ただしA3でG大阪とJ千葉の選手は選択できず)
結果は前半の三都主の2点で守り勝った。ダイレクトでパスをつなぎ、相手に考える余裕を与えないでシュートまで持ち込む これがオシムのいう日本人らしいサッカーだと思う。招集されて間もないのに、そのダイレクトパスからシュートのシーンを何度も見ることが出来た。試合後のオシムは不機嫌を装っていたが内心は喜んでいる。負ければ笑って会見する。いすれにせよオシムの言葉は面白い。そして今後の日本代表も楽しみだ。


darumania at 08:32|Permalink日誌 | 日誌