2006年12月

2006年12月28日

感動スポーツ

momo061228
今年は荒川静香に始まり、WBCで世界一、ハンカチ王子、フィギュアスケート日本、ディープインパクトの有終の走り・・・そして最後を飾るのも全日本フィギュア選手権。その美しさに、その強さに、その直向きさに感動し涙した。そんな心地よかった一年ももうすぐ終わり、また新たな年が始まる。来る年も私たちに感動を与えてくれるだろうか。
私たちの“絵”もそんな感動を人々に与えることができるのだろうか・・・
いや、きっとできるはずだ。


darumania at 13:57|Permalink モモ | モモ

2006年12月25日

2006M-1グランプリ

tutrial
クリスマスイブは・・・・M-1でしょ。生中継であの審査員たちの前で・・・・視てるこっちまでもが緊張しちゃう。結果3922組の頂点にたったのは“チュートリアル”だった。 
予選のネタ《冷蔵庫》で『これは優勝するな』と感じた。なんせ出てきて数秒後から持ち時間の4分間笑いっぱなしで涙がでた。最大のライバルは2度目のチャンピオンを狙う“フットボールアワー”“麒麟”“笑い飯”それと意外と強敵なのが敗者復活組で今年は“ライセンス”だった。
決勝戦10組で3組が残り、もう一つネタをやりそれで優勝が決まる。“麒麟”“フットボールアワー”“チュートリアル”が残る。それぞれ面白かったが、“チュートリアル”には勝てない。審査員全員が“チュートリアル”で完全優勝!! 賞金1000万円を手にした。そのうえ“チュートリアル”の徳井はR-1(ピン芸人のグランプリ)の予選も突破している。その“ヨギータ”も優勝するかもしれない。“チュートリアル”恐るべし である。
ちなみに今売れっ子の“タカアンドトシ”“次長課長”は結成10年を越えている(1994結成)ので出場できなかった。



darumania at 09:23|Permalink T.V 

2006年12月24日

イブイブのお台場

06odaiba
お台場に来ないと年を越せない。数年前からの我が家の行事になった。先々日グランベリーに行ったばかりなので、今年は諦めかけていたが、ダメダメ行かなくちゃ。
ってことで朝8時半に出発!とにかく駐車場の確保が第一なのである。それさえ出来れば終日料金だからあとはゆっくりお店巡り。こう見えても香水屋さんとかBODYSHOPとかアクセサリーショップや雑貨屋が大好き。お台場は全てが凝縮されていて楽しい場所。難を言えば遠いことかな。行きは土曜日の祭日だったせいか2時間、でも帰りはお台場脱出が集中したので4時間・・・旅行だね。
噴水広場で雪が降ってきた、黒人ゴスペルコンサートにノリノリ、男女のパントマイムに見入ってしまう、猿回しに大笑い、そして砂浜を散歩、香港で昼食、昭和30年代へタイムスリップ、フジテレビの“大奥”のセット、夜は自由の女神とレインボウブリッジが見えるハワイのKUAAINAでアボカドバーガー、広場のジャグラーに感動、そしてたくさんのクリスマスツリー、帰りの車からは建設途中の東京タワー(実は高速道路が邪魔してそう写った)
盛り沢山のお台場でした。

darumania at 22:44|Permalink 日々好日 

2006年12月22日

Nikon COOLPIX S10

coolpix_s10
レンズが回転するカメラを“スイバルデザイン”と言うらしい。人によってカメラのこだわりは千差万別。だからいろんなカメラが売れる。ボクの場合は、まずその“スイバルデザイン”であること。何が便利かというと、アングルの高低が自由なこと。そして旅行中のスーパーの隠し撮り(変な意味じゃなく)いろんな国のスーパーの陳列棚ってものすごくART。おなかの辺に構えたままでシャッターを押せるから便利この上ない。そうそう忘れてならないのが自分がどう写るかを見ながら自分撮りが出来ることも優れものといえる。2代前のカメラもやはりの CASIOの“スイバルデザイン”だった。でもCASIOは“スイバルデザイン”をやめたみたいだ。NIKONも一時辞めていたのだが、“スイバルファン”は結構いるようで、COOLPIX S10が復活!というわけだ。ただ、旅先での電池切れというトラウマのあるボクは、ホントは単3電池でもOK!であって欲しかった・・・ 
買い時は・・・年明けか・・・

darumania at 14:11|Permalink 日誌 | 日誌

2006年12月20日

inochi
訃報が入った。青島幸夫、岸田今日子・・・・ふたりともまだ70代なのに・・・ なんて思っていたら今度はカンニングの竹山の相方の中島が・・・35歳だって・・・倍は生きられるはずなのに、神は冷たいね。病気には勝てないんだなって痛感した。人は病気にさえならなけりゃ120歳くらい生きられるのに。
どこかのテレビ局では殴り合いを中継してたらしい。人って残酷だよね、一方では死にそうな人が生きようと懸命なのに、一方では殴り合いを見て喜んでいる。まともじゃないね。
“命”ってことばをもう一度考えようよ。


darumania at 22:05|Permalink 日誌 | 日誌

2006年12月16日

BAND OF BROTHERS

band of brothers
題10話の最終回を見終わり、それまでの9話の生きるか死ぬかの緊張感から解放された。平和がやってきて兵士はそれぞれの故郷に散っていく。でもなぜか嬉しそうではない。
ノルマンディに上陸して4百数十日を共にした兵士たちは極限の状態を共有し、知らぬ間に絆で結ばれていた。戦争という最悪の非日常の中だからこその強い絆だ。
ひとりの兵士を通してみたこの戦争は、上に立つ者とそうでない者をはっきり色分けしていく。そんな人生の役どころは今も同じ事がいえるだろう。10数時間のこのドラマは映像と音が特にすばらしい。長編ドキュメント映画といって良いだろう。それはこの主人公たちが本当に存在して今も何人かが生きているという事実の上に成り立っている。
今の日本にはありえない状況だが、平和ボケの日本人はこれからも増殖し、不可思議な事件も増えることだろう。


darumania at 01:04|Permalink T.V 

2006年12月13日

旅犬 まさお君

masao
まさお君 死んじゃったよ。ってモモに言ってたら涙が止まらなくなった。1歳の誕生日から6年間も日本、韓国、台湾、を旅したまさお君。辛いこともあったんだろうな。でもあんなにいろいろな所に行っていろいろな人やペットに会ったりしたまさお君は幸せだったと思う。最後の旅を終えて東京に着いたときにお母さんに会えたのは運命だったね。
毎週毎週ボクら(モモも)を笑わせてくれてありがとう。
旅犬も瓜二つの息子にバトンタッチしたし、
旅の思い出と共に天国でゆっくり休んでくださいね。 さようなら。


darumania at 09:14|Permalink T.V 

2006年12月08日

1日は本当に24時間か?

momo061207
早いもので気がついたら12月も中旬になろうかと・・・
ホントに一日が24時間なのでしょうか。もしかして地球の自転が早くなっていて、政府はそれを知っていて隠しているのかもしれません。どうかんがえても6時間は消えている感じがするのはボクだけ?
なので年末のモロモロのことがなんにもできない状態です。そして"紅葉の高原その2"もなかなか書けません。特にこの12月は1月末からの銀座伊東屋でのカレンダー展のことで目一杯だからかもしれません。それが終わればちょっとホッとできるんだろうな。
それにしてもモモの時間は"たっぷり"ってかんじですね。


darumania at 12:07|Permalink モモ | モモ

2006年12月03日

彰台独占2

dokusen2
昨日の予感が的中!男子も表彰台を独占しました。予感的中は嬉しいのですが、昼過ぎから悪寒的中のようです。急にくしゃみを連発、そして今は鼻水が・・・このまえはアリナミンEXで乗り切りましたが、今回はパブロンを飲んで寝る前にまたアリナミンEXでしょうね。油断すると風邪を引きます。
話はもどってフィギュアスケート、NHK杯では真央ちゃんと大ちゃんが優勝しました。二人とも初戦ではSPでトップを取ったプレッシャーに負けてしまいましたが、このNHK杯でついにそのプレッシャーに打ち勝ち堂々たる優勝です。こうなるとグランプリファイナルを期待しちゃいますね。今から楽しみですが、とりあえず目の前の仕事をかたづけないと・・・・


darumania at 18:42|Permalink 日誌 | 日誌

2006年12月02日

表彰台独占

dokusen
今年のグランプリシリーズのNHK杯で、初めて日本人選手が表彰台を独占しました。特に今年はアメリカ大会からず〜っと観ていますが、ソロでの日本人は男女とも素晴らしいです。トリノオリンピックで荒川が有終の美を飾り引退、それでも日本の選手は次から次へと現れます。こういう時って、フィギュア人気が上がるから、ますますフィギュアスケート人口が増えて、良い選手がもっと増えてくるんでしょうね。
真央ちゃんは今回ただの1位ではなくて自己ベストってところが、まだまだ成長することを感じさせてくれます。
男子の3人も表彰台独占の可能性もあるし、明日も見逃せられません。
それにしてもたった数分の演技で人を泣かせるってすごいことだと思います。


darumania at 22:13|Permalink 日誌 | 日誌