2011年04月

2011年04月30日

フィギュアスケート大国日本に翳りあり?

20110430 3月に東京で開催されるはずだった世界選手権2011が東日本大震災で一ヶ月延期、そして場所もロシアに変更となりました。この影響は3月にピークを迎えるように練習してきた選手にとってはストレスだったでしょう。そんな中パトリック・チャンは過去に飛ばなかった完璧な4回転を3回きっちり成功させ他の選手と次元の違いを見せつけ圧倒的な点数で優勝しました。高橋、織田はこれ以上の“伸びしろ”を感じることもなく砕け散りました。唯一、小塚だけは4回転を飛び奮闘していたように思います。いずれにせよ男子は芸術的要素よりも4回転を何回成功させるかが今後の課題でしょう。
女子は、ここ数年安定感があるのが安藤美姫です。体も締まっていて以前のような贅肉感もなく、感情移入も相変わらず上手い。それに比べ浅田真央はどうしたのでしょうか?好調時より体重も3〜4キログラムほど減ったようです。体力も勝負の鍵でもあるフィギュアスケート、「元気があれば何でもできる!」の言葉通り表情にも元気がないですね。2年前がピークだったなんて思いたくないけれど、心配です。村上佳奈子のあの髪型とSPのコスチュームはどうなんでしょう・・・ 伸びしろはまだまだあると思うので、トレードマークの「元気はつらつ〜!」でこれからもがんばって欲しいです。
キム・ヨナはこの大会を有終の美で締めくくると思います。ジュニアのころから浅田真央と競い合い、キム・ヨナだけが“オトナの階段”を登ったのみたいです・・・あの感情表現はピカイチです。
2012からのフィギュアスケート界を見ると、ソチに標準をピッタリ合わせている若いロシア勢とアメリカ勢が驚異になるでしょう。男子女子とも日本のパワーもピークを過ぎたように思えますが、羽生くんと庄司理紗というダイヤモンドがどう磨かれていくか楽しみです。

darumania at 09:22|Permalink

2011年04月20日

“朱蒙”にはまる

chumon氾濫する韓流ドラマに嫌悪感すらいだいていました。ちょうどそんなとき好きな犯罪モノドラマが相次いで終了。良いタイミングで“朱蒙”が始まるようなので「とりあえず見てみよう」ということになりました。
あらまあ・・・とにかく何もかもが新鮮で即はまりました。そして韓国の歴史をあまりにも知らないこともわかり、早速図書館で韓国の歴史関連の書物を借りました。
“朱蒙”・・・素晴らしいです。俳優も皆さん上手い!衣装が綺麗!
日本の“大河ドラマ”もそろそろマンネリで演出も史実から遠くなり俳優さん達も相変わらず同じような役所ですね。そこに“朱蒙”はあんまりです。月〜金ノーカット字幕で81話って・・・毎日見られる幸せを感じています。さすがに韓流現代ドラマにははまらないと思いますが、時代劇は別腹のようです。映像美、演出、ドラマ展開・・・どれをとってもワクワクしちゃいます。それと、主人公の周りのキャラクター達が善人も悪人も誰一人として死なないのです。これは凄いことだと思います。とにかく今日で19話目。日々録画したモノを夕食後に観ています。なので6時から7時半までの電話には出ませんのであしからず。
ちなみに“朱蒙”の影響で見始めたた韓流ドラマは、“済衆院”(チェジュンウォン)近代西洋医学を日本に学ぶ頃のドラマ、“同伊”(トンイ)貧しい身分の少女が宮廷に・・・、“チャミョンゴ”チュモンの血を受継ぐホドンと、楽浪の2人の王女チャミョンとラヒの物語、“ロードナンバーワン”朝鮮戦争時代の物語。おかげで何が最終目標かわからなくなってしまった“HEROES FINAL SEASON”はただ録画するだけになってしまいました。

darumania at 17:06|Permalink