2013年11月

2013年11月27日

心配事(その2)

201311272011年に“なでしこ”が頂点を極め、2012年にロンドン五輪で銀メダルを獲りました。同じ年に日本でU20女子W杯が開催され“ヤングなでしこ”が銅メダルを獲りました。しかしアゼルバイジャンでのU17女子W杯では“リトルなでしこ”が予選リーグで圧倒的に勝ち優勝の期待が高まったのに、トーナメント一回戦で0−1という“初失点”での屈辱的な負けを喫し、今年の3月のアルベルトカップで“なでしこ”は若手発掘のメンバーに挑戦したがいまいちの結果に終わりました。連覇を目差していた7月のEAFF女子東アジアカップ2013 で韓国のチ・ソヨン(INAC神戸)に2点取られかろうじて2位になる(結果北朝鮮が優勝) そしてなんと言っても残念だったのが10月のAFC U19女子選手権大会で(3位まで入れば来年のU20女子W杯出場が決まる)たった一点の得失点差で出場権を無くしました。この世代の来年の世界大会の経験は新生“なでしこ”に若い力を与えるチャンスだったのに・・・
次の女子W杯は2015年のカナダ大会、“なでしこ”にとって来年5月からのアジアカップはアジア枠の5はクリアできると思うけれど、若い力を注げない今の“なでしこ”の戦いは厳しいモノになるという不安でいっぱいな今日この頃です。

darumania at 09:53|Permalink

2013年11月26日

心配事(その1)

4tairiku「野辺山合宿」の第一期生の荒川静香から始まり、浅田真央まで順調だった日本フィギュアスケート女子が途切れそうで心配です。
早々と“ソチ五輪”で引退を表明している鈴木明子、そして浅田真央。
その後を見てみると、残念ながら世界のトップスリーに入る選手がいないように感じます。
ってことは、フィギュアスケート人気も“ソチ五輪”で終わるのでしょうか。通のファンはそれでも海外の選手を応援するんでしょうが、僕も含め普通のファンは日本人が上位にいないテレビ観戦は視なくなるのでは?
14歳だった2010-11のシーズンにいきなり全日本選手権5位になり、“お嬢様”とマスコミに騒がれた、あの庄司理紗は今いずこへ? “リベルタンゴ”のショート演技は最高に良かったのになぁ〜(今でも期待はしていますよ〜!)
そして、今や、というかあの“スルツカヤ”以来久しぶりにロシア女子フィギュアが帰ってきました。それも一気にジュニアから4〜5人もですよ、まったく。モタモタしていると(もう手遅れ?)来年から“スケート王国ロシア”が始まりそうですね。
日本ジュニア世代は演技もメンタル面も強くなって、
また日本のフィギュア黄金時代を築いて欲しいですね。



darumania at 14:56|Permalink

2013年11月24日

日本のガールズグループ考

e-girls相変わらず“韓流ドラマ”ははまりっぱなしの今日この頃ですが、昨年末にももクロの『サラバ、愛しき悲しみたちよ』を視聴して以来、日本のガールズグループがもの凄いことになっていました。
“JUICE=JUICE”(近所の中学生と大学生の友達的なグループ)の『私が言う前に抱きしめなきゃね』とにかく元気で良い。全員バラバラの私服が良いです。つんく♂も頑張ってるね〜
“乃木坂46”(“宝塚”に近い地方にある名門女子高校生のイメージ) 新曲『バレッタ』『おいでシャンプー』『ぐるぐるカーテン』『ガールズルール』『走れ!Bicycle』どの楽曲も胸キュンものでダンスは元気と言うより優雅。ちょっと長めのスカートとか、弓道部とか、大正から昭和初期の女学生のイメージが良い。
その他に“SKE48”の『パレオはエメラルド』『美しい稲妻』楽曲のメロディが良い。“NMB48”の『僕らのユリイカ』などなど“AKB48”グループは君臨しています。秋元康 凄し!
そして、ダンス世界一のガールズグループが日本にありました。
“e-girls”(東京の青山のキリスト系女子校に通う帰国子女のイメージ)
楽曲『one,two,three』をYOU TUBEで視て、「こりゃK-POPどころか、本場アメリカにもいない・・・」
と思いました。調べてみると“エグザイルの妹分”だという(ちょっとがっかり・・・)
でも、油ギトギト感は全く無くてホッとしています。楽曲もポップでカラフルで『ごめんなさいのkissing you』は今年のベスト!
紅白にも初出場が決まりそうで良かった〜!


darumania at 15:21|Permalink