2015年06月

2015年06月28日

いよっ待ってました!マナ弾!

20150628休養日が多いこととなでしこを知り尽くしているということで強気のオーストラリアにサッカーをさせないで勝ちきりました。逆に遊び疲れが出たんじゃないの?
それにしても待望の岩淵のゴールが決勝点。なでしこの今大会7得点は珍しく7人の得点で、あと大野、川澄、鮫島、宇津木、澤にゴールが欲しいです。GK以外の10人全員得点はギネス記録か?

さ、これであと2試合できます。
イングランドは前回大会で唯一負けた相手で、イングランドも自信を持って来ると思います。組織的な守備とコーナーキックやフリーキックからの得点力があり、スピードもあるチームです。
そんなことを今のなでしこは恐れてはいないようです。試合ごとに逞しさも増してきました。
自分たちのサッカーが出来れば勝てるはず。
那須どうぶつ王国 のオリビアちゃんはどっちが勝つと予言するのか、注目です。



darumania at 14:21|Permalink

2015年06月25日

ベスト8揃う

best8オランダに2−1で勝ち、ベスト8最後の席を取りました。
最後のオランダの1点はイレギュラーバウンドが原因なので完勝と言って良いと思います。
さ、次のオーストラリアは前からガンガン来ます(特に前半は) ここを凌いで先制点さえ取れば“なでしこ”のペースになるでしょう。それでも気をつけなければならないのが爆笑問題の田中氏に似ている右アタッカーのデバナ。「デバナの出鼻を挫け!」がテーマになるでしょう(笑) オランダ戦でみせたように相手を翻弄しながらとにかくシュートで終わることが重要です。それができないことで何度ピンチになったことでしょう。とにかく2点取れば勝てるはずです。ロングシュートもお願いします。
ベスト8はヨーロッパ3,北アメリカ2,そしてなんとアジアが3で頑張っています。
他のチームを見れば突出して強いのはドイツとフランスで、準々決勝でこの2国が対戦するのは可哀想な気もしますが、これも組み合わせの妙です。そしてたぶんアメリカと準決勝になり、決勝前にそうとう疲弊するはずです。それも“なでしこ”に風が吹いているということでしょうか。
願わくば決勝ではフランスと対戦したいですね。アメリカは中国に楽勝で体力も温存できそうだし、ドイツ相手だと前回の恨みを晴らされそうなので・・・

darumania at 08:52|Permalink

2015年06月22日

オランダ戦はこんな感じで?

24決勝トーナメントでオーストラリアがブラジルを破りました。これはちょっと事件です。中国もカメルーンに辛勝しました。中国の経験値が勝ったようです。
んなことはいいとして、まずはオランダ戦です。
身体の切れと攻撃の速さなんかを考えると、こんな布陣でいかがでしょうか。
ワントップは岩淵。ここまで一緒に来たんだからこれからの4試合はフルに活躍して下さい。大儀見との連携もしやすそうだし、秘密兵器の岩淵がいることでマークも緩くなってパスを受けやすくなるはずです。そして問題の(?)川澄ですが、前半点が取れるまで限定でガンガン攻め上がって欲しいです。ミドルシュートもお忘れ無く。後半は大野で良いかと。右SBは身体がキレキレの有吉です。守っても一対一が強いけれどペナルティエリアでは慎重にお願いします。
左サイドは今大会調子の良い宇津木と鮫島で。宇津木のサイドチェンジのロングパスで一気にチャンスメイクを。そして鮫ちゃんは女子走りで攻め上がって下さい。宮間はトップ下でロングシュートもあるぞ ってところも見せつけて下さい。澤は安定しています。ここぞという時の危機の芽を摘んで下さい。そしてここぞという時はペナルティエリアに飛び込んで下さい。今大会不調の阪口は後半2点差で勝っているなら使いたいです。グループリーグでの致命的なパスミスが記憶にありすぎますので。
熊谷、岩清水のセンターバックはやはり安心してみてられます。人工芝でスピードの落ち気味のバックパス、横パスは慎重に!
GKは山根で。身長差がある相手にとってゴールが小さく見えるのでシュートミスも多くなると思います。PKになっても同じことが考えられます。
交代は、大野、永里、上尾野辺で良いんじゃないでしょうか。
こんな感じで戦ってくれたら勝てるはずです。

今は、先を見ないでオランダ戦に集中あるのみ!

darumania at 08:47|Permalink

2015年06月18日

決勝トーナメントを予想してみました。

wcup2015決勝トーナメント一回戦では地元カナダがスイスに負け、ノルウェイがイングランドに負けるという波乱があるかもしれません。その他は順当な勝利でベスト8に進みます。
“なでしこジャパン”にとって最大の危機はブラジル戦。両チームとも経験豊富なベテランと中堅が揃いなかなか点に結びつかなくて延長も考えられます。もしくはブラジルに先制され後半なんとか追いついて延長、そしてPKでかろうじてなでしこの勝利。
そして準決勝の相手は新生イングランド。ブラジル戦の影響もあり“なでしこジャパン”の選手の動きは鈍く、ドイツ大会グループリーグで唯一負けたイングランドにまたもや惜敗。イングランドの若さとスピードに翻弄された“なでしこジャパン”でした。3位決定戦でも、この大会、試合ごとに本来の強さをみせてきたアメリカに完敗。
ドイツはフランスのスピードと若さに負け、決勝はフランス対イングランド。そしてフランスが優勝・・・・かな。

“なでしこジャパン”は、連覇は厳しいと思っていました。
でも、その可能性がある限り大きい声で言えません。
4年前が“なでしこジャパン”のピークだとすれば、
世界が“なでしこジャパン”を見習って成長したこの4年間でした。
“なでしこジャパン”の成長はありませんでした。
結局“なでしこジャパン”は世界の女子サッカーの底上げに貢献したのです。
このカナダ大会でそれが証明されました。

次は来年のリオ五輪、思い切った若手起用とそれができる高倉監督に期待します。
新生“なでしこジャパン” 待ってましたっ!!



darumania at 21:28|Permalink

2015年06月17日

どしたど〜した(はらいち風)

20150617格下と言われるチームは勝たなければいけないというプレッシャーがないので気楽なものです。逆に格下相手だと勝って当たり前で、ましてホームだと慎重になりすぎ、男子は結局23本もシュートを打ちながら相手の神がかったGKに6点分セーブされ0−0のドロー。試合後の会場はブーイングの嵐でした。サッカーはホントに恐ろしいです。

一夜明けてなでしこは試合開始後5分で大儀見のシュートで早々と楽勝パターン。いったい何点取るのかなと思っていたら、あれよあれよというまに時間が経って1−0の辛勝。これで3試合続けて辛勝。これじゃトーナメントに行ってもアカンでしょ。日本相手に良い試合をしたスイスもカメルーンに逆転負けをしたようです。サッカーはホントに恐ろしいです。
でも、それだから面白いのかも。
なでしこはこれで中6日の時間ができました。ご褒美に明日はゆっくり観光でもして気分転換させてあげてください。



darumania at 09:00|Permalink

2015年06月13日

これではベスト8も危ういぞ

20150613前半の20分で“なでしこジャパン”の攻撃終了〜〜
これより“おしんジャパン”の時間が最後まで続きました。
ま〜 相変わらず相手にパスをあげて、シュートまでサービス・・・慈善団体かっ!おもてなしかっ!
後半の推進力の無さは一体全体どうしたんだい!シュート数は4本。。。カメルーン20本。。。負けてもおかしくないっつーの!
って“不満買い取りセンター”で買ってくれるかな。。。

ということで次のエクアドル戦は何点取るかが見ものになりそうです。
スイスは10−1で勝ったんだから、なでしこも11−0で勝ってみてください。

それでも今のままだとトーナメント初戦突破は厳しいね・・・

ふっふっふ おいらの望んでいる“ヤングなでしこジャパン”が近づいているぞ。

darumania at 13:51|Permalink

2015年06月12日

若手の融合 

20150611攻撃のタイミングをパスを繋ぎながらうかがう以前のサッカーが通用しなくなってきている今、日本代表が目差す縦に速く仕掛けるサッカーというものを初めて確認できた昨夜のイラク戦。そこに遠藤は居ない、その代わり柴崎がいた。そして何より待望していたドリブル突破→確実なシュートの宇佐美がワントップを勝ち取った。
各ポジションのレギュラー争いもますます激しくなりそうだ。
DFのリーダーも槇野でいいんじゃない? 格好いいし。。。
司令塔も柴崎で決まり!
ロンドン五輪世代と常連が上手く融合した。
どうやらハリルジャパン、今年は全て勝つ予定のようだ! ん?来年も?

そしてなでしこジャパンも早くこうなって欲しいのだ!

darumania at 15:13|Permalink

2015年06月09日

スイス強い。。。けど。

vs_suissゲーム前にはいろいろな相手データが錯綜します、まるで脅しのように。
“スイス代表の監督はドイツ代表だった”“スイス代表の選手のほとんどは女子ブンデスリーガに所属している”“ヨーロッパ予選では53得点1失点で引き分け1で負け無し”とにかく男女とも世界一強いドイツに近づけようとしているチームで手強い相手なのです。
マイナス情報はといえば“試合の後半に失点が多い(前半のプレスが多くて後半バテ気味)” “W杯経験者が少ない”(逆を言えば若いということ)

で、ふたを開けてみると、スイス・・・強い・・・です。
スタッツを見れば引き分けでしょうね。
っていうかスイスのゴールチャンスのほうが多かったんじゃないの?その辺の決定力がドイツ、アメリカと違うところでしょうね。
で、背番号10のバッハマンの突進力は怖かったです。
ドリブルで3人抜いてキーパーもかわして・・・こんな選手がなでしこに欲しい!横山久美〜次は来いやぁ〜

で、試合は安藤の勇気ある突進でPKをとり、宮間が決める。
このスイス戦はとにかく勝つことが大事なので、
阪口の何回かあった致命的なパスミスも許しましょ。

さ、次のカメルーン戦に向けて切り替え切り替え〜

darumania at 15:41|Permalink

2015年06月07日

ご褒美はカナダW杯観戦かな・・・

next_nadeshiko女子カナダW杯が始まりました。さっそくカナダ対中国を見ましたが、どちらも決めきれないままロスタイム。ペナルティエリアで中国選手が肘を使って倒したということでカナダのPK。シンクレアがギリギリのPKを決めて大会初戦を勝ちきりました。
お隣のアメリカで、昨年女子U17W杯で見事優勝したメンバーが“2015 U-20女子NTC招待”という大会でアメリカを3−0、ブラジルを4−0、メキシコを9−0という無失点で優勝しました!
彼女らはおとなしい世代と言われていますが、なんのなんのやることはしっかりやる世代だと感じてます。そして個人個人のテクニックが凄いね。日本に帰っても“なでしこリーグ”で益々活躍するでしょう。それを楢本、柴田、浜田、田中(陽子)たちの“ヤングなでしこ”世代は恐れて萎縮するのか、まだまだ私たちが“なでしこジャパン”になるのよ! って吠えるのかが楽しみでなりません。
どちらが“なでしこジャパン”になっても、東京五輪は君たちが主役なのだ!

ってことで、全勝のご褒美にカナダに飛んで なでしこvsスイスを応援しても良いんじゃないのかな? 

darumania at 20:56|Permalink

2015年06月06日

KHS P-20R届きました〜

20150606_khsちょっと前から、ミニベロが欲しくてネットでいろいろと探していました。僕なりの条件があって、ハンドルはブルホーン、ギアは10段以上、走行性能が高い、安いイメージのメーカーはバツ、価格は高すぎず安すぎず、フレームは一本じゃない・・・ってことで、KHS P-20Rに決めました。
心配だったのは、販売しているところが少なくて入荷も時間がかかりそうだったことでしたが、取り越し苦労で発注から二日で届きました。
早速組み立て試し乗りをしてきましたが、初めてのミニベロにもう少し時間がかかりそうです。欲を言えば色の選択が白か黒かしかなく、今までのチェレステカラーじゃないのが残念です。サドルとハンドルテープをチェレステカラーに直そうかと考え中です。
これから梅雨の季節になりますが、ミニベロを楽しみたいと思います。

darumania at 15:56|Permalink