2016年02月

2016年02月26日

過酷なリオ予選

リオ予選サッカー女子のリオ予選が28日からの短期決戦で始まります。6チーム中上位2チームのみがリオ出場権を獲得するという過酷な予選です。
昨日発表された最終メンバーにひとこと言いたいです。
▽GK
福元美穂(岡山湯郷) こういう大一番での経験値はまだ必要なんでしょうね。○
山根恵里奈(千葉) 今のエースGKですけど、時々もろい場面がある。◎
山下杏也加(日テレ) 次のエースGK候補だから今回は要らないのでは。。。×
▽DF
近賀ゆかり(INAC) 最近はペナルティエリアまで駈けきり絶妙な最終パスが少ない。△
上尾野辺めぐみ(新潟L) 献身的な守備と正確なセンタリングは衰えていない。◎
岩清水梓(日テレ) まだまだ守備の要。W杯の屈辱を晴らせ!◎
鮫島彩(INAC) あくまで攻撃的SB(限定)でのスピードとドリブルは健在。◎
有吉佐織(日テレ) 堅実な守備と攻撃参加。意外とシュート力もある。◎
田中明日菜(INAC) 横パスをカットされたり、躊躇するプレイがあったり。。。×
熊谷紗希(リヨン) 堅実な守備とFWへのロングパスが魅力。◎

▽MF
宮間あや(岡山湯郷) 攻撃の起点で司令塔。フリーキックでもシュートを狙え!◎
川澄奈穂美(INAC) そのスピードでの攻撃参加をもっと増やして。シュートもね。◎
阪口夢穂(日テレ) ボランチでの安定感とゲームを落ち着かせる存在。そのヘディングシュートは神業。◎
川村優理(仙台L) 攻撃にも守備にもそのフィジカルが必要。◎
中島依美(INAC) どのポジションも90分間タフにこなせ、シュートも上手い。◎

▽FW
大野忍(INAC) 最近はどうなんでしょう?そのシュート力も下り目か・・・△
大儀見優季(フランクフルト) 昔はすぐに切れて怠惰なプレイが目立っていたが、今やなでしこのエースストライカー ◎
高瀬愛実(INAC) そのフィジカルをもっと生かしてシュートまでの強引さを発揮して欲しい。△
岩渕真奈(バイエルン) ドイツで培ったフィジカルへの対応力が出せるか? △
横山久美(長野L) 2部の得点王で、今季一部に上がり成長が著しい。ドリブルからのシュートに期待。◎

落選した楢本はもうひとがんばりして這い上がってコイヤ〜!
増矢と杉田はテクニックもシュート力もあるのに、
なんで入れなかったのかと監督に聞いてみたいです。

なにがなんでも初戦のオーストラリア戦に勝たないと。。。。
韓国には勝てるはず。。。でしょ(?)
なので、中国戦が鍵を握るかもしれません。
そしてベトナム戦ではレギュラーを休ませて、
最終の北朝鮮戦に集中すればリオへの切符を獲れるでしょう。

がんばれ!なでしこ〜〜っ!!!



darumania at 13:24|Permalink

2016年02月15日

スターウォーズ “フォースの覚醒”

20160212久しぶりにシネコンで“スターウォーズ”を3Dで観ました。
南大沢のシネコンは数階に分かれてスクリーンがあるため入り口やロビーが狭く感じられました。ビル自体の面積が小さいから仕方がないのですが・・・
“スターウォーズ ”は一番広いスクリーンでした。といっても昔の映画館に比べ4分の一くらいです。
平日の3Dは夕方5時半からのみなので、それに公開から時間もたっているのもあってか観客は10人くらいで、年齢層も私たちと同じくらいのカップルが3組と、あとは若者数人でした。
3Dメガネをかけると少々画面が暗く見えます。
“スターウォーズ ”自体が太陽燦々という映画じゃないので暗い3D画面に慣れるのにちょっと時間がかかりました。ドルビーサウンドは迫力があってその上3Dなのでかなりの立体感を感じることが出来ました。あとはレリーフ的というか“ちずわのペーパーイラスト的*な立体感をよりリアルな立体感に、そして温度とか風とか水しぶきとか座席の振動(ディズニーワールドで体験)があると完璧なんですが、近々にそんなシネコンもできるでしょうね。
“スターウォーズ ”自体はスリル満点で過去のシリーズを観ていなくてもわかりやすいストーリーになっていて、懐かしい酒場のキャラや思っていたより老化していないハン・ソロなどなど同窓会的な場面もあって楽しめました。
最後のシーンはたぶんイングランドのランズエンドという場所での撮影で、そこでのラストシーンが次作の始まりになる感じになるのでしょう。
次作の“スターウォーズ ”の撮影隊がクロアチアのドブロブニクに入ったようです。
次作は来年の12月になるらしいですが、楽しみです。



darumania at 13:27|Permalink