2016年07月

2016年07月24日

負けないノジマステラ神奈川相模原

20160723とにかく負けない。この試合も前半の得点チャンスをバーに嫌われてイヤな感じがし多と思ったら、取られてはいけない時間帯の前半終了5分前にニッパツDF大島にドリブル突破され綺麗なミドルシュートで失点。
後半になってニッパツのプレッシャーも少なくなり、ボールを相手陣内で回すことが多くなり、あとはシュートだけと言う場面が多くなった。川島の行動範囲の広さと田中のテクニックが冴える。そして田中のシュートが決まり同点に。何回かニッパツに裏を取られる場面があったが長身GK RICHARD GENEVIEVEが難なくセーブ。そして前試合2得点している石田みなみのシュートが決まり、2−1で逆転勝利。これでカップ戦2試合残してA組首位になり、準決勝にコマを進めた。
とにかく今季は負けがない。
このままレギュラーシーズン後半も勝ち進んで優勝して1部に昇格だ!

darumania at 14:36|Permalink

2016年07月20日

FNSうたの夏まつり

fns2016民放各局がこの時期必ずやる音楽特番。昨日は"FNSうたの夏まつり"(フジ)11時間番組。
とにかく長い・・・・。
今は録画して視たいところだけ視ることができるからいいけど。
そして個人的には欅坂46と乃木坂46が視られればOK。ただし、懐メロ夏ポップスを他のアーティストと一緒に歌うこともあるし、気をつけないと。
そして48&46スペシャルの楽曲は視聴者の投票の結果、2位に5万票差の106万票を獲得して“サイマジョ”に決まった(拍手!) そのセンターは生駒で、48&46の選抜がサイマジョ”を歌う・・・鳥肌が立った。みんなちゃんと練習したんだね・・・
音楽番組で、以前はセカオワやe-girlsも視ていたけど、セカオワは楽しいパレード曲も無くなったのでオワリ、e-girlsも"ごめんなさいの・・・"以降聞きやすい楽曲もなくただのダンスグループになってこのままザイル系にもっと染まりそうなのでサヨナラ。あとの出演者はほぼほぼ同じでしたね。ただし夏と行ったらの“TUBE”がどこにも出演していない・・・気になる・・・
AKBもピークを過ぎた今、46グループの清楚さかっこよさが際立っている。特に欅坂46の勢いはハンパない。年末のいろいろな賞での新人賞は(個人的に)確実で、紅白もデビュー最短記録を作るかもしれない(作って欲しい) 
そんな"かっこいい欅坂46"の2ndシングルのカップリング曲"語るなら未来を"が今日の正午からYOUTUBEで発信される。昨夜のネット番組でメイキングを視たがサイマジョ的な新しい制服がまたまた"かっこいい" かっこいい
これまたダンサーのTAKAHIRO氏の振り付けだ(今までの欅坂46全ての楽曲も)

darumania at 08:13|Permalink

2016年07月13日

2ndの"世界には愛しかない"は北海道

keyakizaka2nd渋谷の夜の工事現場MVでデビューし、2ndMVは北海道の校舎と大自然の中。
自分たちのラジオ番組で曲の発表があり、各局の音楽番組で歌われ、しばらくしてMVが公開され、そして一ヶ月後に2ndシングル曲が発売される。これが今の楽曲の売り方なんだろうな。昔と違うけれど、その仕組みには別に抵抗はない。
この2ndで"欅坂46"は他のガールズグループとの違いを明らかにした。
カラフルで派手さのない"欅坂46"はこの路線を行くという信念みたいなものがあって好感が持てる。バラエティに慣れてない新鮮さがそれを引き立てているのかもしれないが、AKBが行く先を見失っている最中で"欅坂46"は"乃木坂46"の地位までも脅かすかもしれない。そこには平手の存在があり、なにごとにも一生懸命さが光っている20人がいる。
"世界には愛しかない"もヒットするはず。
そしていろんな番組で様々なミュージシャンや芸人と絡んで経験を積んでいく。
願わくば"テレビ慣れ"はもう少しと先にして欲しい。

darumania at 13:43|Permalink

2016年07月01日

欅坂46の勢い・・・スゴッ!

KEYAKI46待望の2ndのパフォーマンスが先日のテレビ東京「テレ東音楽祭 2016」で視られた。前奏が始まるがセンター平手がいない。そして劇のように右手から走ってきて台詞を詠う。そして長濱ねるの所に行きタッチすると今度は長濱ねるが台詞を詠う。そして今泉佑唯が冒頭の最後の台詞を詠う。爽やかな楽曲だ。全員が笑っていて“サイマジョ”の重さはない。フルコーラスではなかったけど“らしさ”があってイイ感じの曲だと思う。
ただし、2ndも“サイマジョ”にかなり似たフォーメーションになっていて、最後列の10人も“サイマジョ”と同じ。なんか前列の11人との“差”が感じられるのは僕だけじゃないと思うし、彼女たちのブログにも“迷い”や“前に行けないジレンマ”が感じられる。
前列は左から、志田、渡辺梨加、平手(C)、渡邊理佐、今泉、中列左から土生、長澤、菅井、守屋、鈴本、小林。このあたりまでのメンバーは何か自信のようなモノが出てきて、ステージでの余裕も感じられる。特に志田と菅井の笑顔がイイ。
夏の歌番組やFesにiいろいろ呼ばれて、好調続きの欅坂46はレギュラー番組がもう一本増えた。AKBや乃木坂もこの番組からバラエティを体験し育ってきた。語呂がイマイチだけど“KEYABINGO!”だ。MCはサンドウィッチマン(大好き)なので楽しみが増えた。そしてドラマも始まる。最後列の10人のメンバーももしかするとこれらの番組で新たな才能が花開くかもしれない。ひらがなけやきの活動も気になるし、乃木坂と一緒に坂を駆け上れ〜!


darumania at 17:06|Permalink