2016年12月

2016年12月27日

「有明コロシアム、かかってこい!!」

20161227オープニング曲はヘヴィーロックな“大人は信じてくれない”そして「有明コロシアム、かかってこい!!」平手の挑戦的な叫び9000人の観客を一気に盛り上げた。アイドルのコンサートじゃない、そこにはキラキラカラフルピチピチミニスカは皆無だ。いってみれば“アイロック”なのだ。女性ファンの悲鳴も聞こえるし、うなるような掛け声とともに緑のサイリウムが有明コロシアムを包んだ。そして強いメッセージ曲「語るなら未来を」が続く。各自の創作ダンスが個性的だ。“過去を振り返るな!未来を語るんだ!”が僕の心を打つ。そして全員の挨拶とトークタイム。屈託のない少女たちの『欅かけ』(レギュラー番組)でのポンコツぶりに会場の雰囲気が一気に解れる。
平手のソロ曲「渋谷からPARCOが消えた日」真っ赤なスーツがボーイッシュな平手に似合う。昭和ポップなこの曲は1980年代の僕たちの最先端ファッションの聖地で、その渋谷PRCOが閉館して2019年にまた会えることを歌っている。山口百恵・中森明菜そして平手友梨奈が続いて欲しい。そして昭和が続く。今泉佑唯&小林由依のフォークデュオ“ゆいちゃんず”の「渋谷川」渋谷の再々開発で今も流れていた渋谷川。そんな誰も知らなかった渋谷川を自分たちにオーバーラップさせた曲だ。そして「ボブディランは返さない」は胸キュンなフォークバラードだ。二人のハモリはシモンズやベッツィ&クリスを思い出させた(僕らの世代のみの特権だ)胸キュンが続く、ユウカ・アカネン・ベリサ・ベリカ・マナカのポップな「青空が違う」そして、てちねるゆいちゃんずの青春ポップ「夕日1/3」、高校からどう羽ばたくか悩みを全員で歌う「制服と太陽」で再びトークタイム。舞台劇のようなミュージカルのような「キミガイナイ」で前半が終了。
後半は再び平手の青春歌謡「山手線」。初めて東京に来てぐるぐる回る山手線のどこで降りれば良いかどこに行けば良いか悩む少女の姿をセーラー服で歌う。
欅坂46&ひらがなけやき坂46兼任の長澤ねるのソロ曲「乗り遅れたバス」。欅坂46の最終試験を親の反対で受けられなかったけれど、スタッフが両親に“乃木坂46”のコンサートに招待し、両親の誤解を解いて追試で合格した長澤ねるが欅坂46に間に合わず、たった一人のひらがなけやき坂46になった話の曲。そして「また会ってください」のソロに続く。
ここで、ひらがなけやき坂46の12人が登場し、デビュー曲「ひらがなけやき」をさわやかに歌う。次は珍しく全員私服のユニット“FIVE CARDS”の前衛的楽曲「僕たちの戦争」で、制服の統一感の無い部分も見せた。
クリスマスなので32人全員でのクリスマスパーティーが続き、再びトークタイム。
最後は、「二人セゾン」「世界には愛しかない」「サイレントマジョリティ」と一気に駆け抜ける。そしてアンコール曲は坂組全員の新曲をサプライズで発表。「W-KEYAKIZAKAの詩」で2時間30分の初ワンマンコンサートが終わる。感極まって泣いてるメンバーがあちこちにいる。2016年を夢のように突っ走った欅坂46、このスピード感はいつまで続くのか・・・

darumania at 15:29|Permalink

2016年12月26日

ある時代の終わり

DSC04878デヴィッド・ボウイ グレン・フライ モーリス・ホワイト キース・エマーソン プリンス ピート・バーンズ レオン・ラッセル グレッグ・レイク そしてジョージ・マイケル。僕の知っている2016年に亡くなったミュージシャンたちです。
僕が洋楽を一番聴いていた1970年代から1980年代に活躍していたのが彼らでした。
ジョージ・マイケルは本当にラストクリスマスになってしまいました。
最近は誰が亡くなってもそんなに驚かなくなりました。
それは、僕もいつ死んでも良い歳になったからかもしれません。11月に亡くなった“りりィ”も僕と同じ歳ですね。当時としてはモダンな顔立ちの歌手だな〜日本人も変わったな〜なんて感心していました。あのハスキーボイスは今でもすぐに思い出せますね。

皆様、安らかにお眠りください。

darumania at 12:19|Permalink

2016年12月20日

“差”について考える

_nojima1217日本中(世界でも)がクラブW杯の鹿島アントラーズを讃えました。しかし、スーパースター軍団のロナウドはだてにとんでもない年収をもらっていなかったんです。点が欲しい時に点が取れるんです。その差さえ埋められれば日本のクラブチームだって世界一をとれるんですよ。少なくともたまに招集される日本代表チームよりね。
そんな“差”が皇后杯にも感じられました。準々決勝のベガルタ仙台レディースvsノジマステラ神奈川相模原の試合はまるでなでしこ代表と高校生の戦いでした。細かくパスをつないでペナルティエリアに持って行こうとするノジマステラでしたが、そこに立ちはだかるのはなでしこ代表の北原(173cm)と坂井(172cm)の高い壁、そして危機察知能力の優れたなでしこ代表の川村(168cm)ことごとく最後のパスはカットされ、その上GKジェネヴィーヴからのキックのセカンドボールはがっちりした体格の岸川や浜田にカットされピンチが続きました。ノジマステラのシュートチャンスは2回でした。結局、0-2でノジマステラは敗退しましたが、来期からはこの壁軍団レベルの相手と戦わなければなりません。
フィジカルの補強が必要ですね。春までにどんな補強があるか楽しみです。

darumania at 14:19|Permalink

2016年12月14日

ひらがなけやきざか46の誕生

hiraganakeyaki欅坂46のアンダーグループ ひらがなけやきざか46が誕生しました。それまでひとりだった長濱ねるに11人を加え12人でスタートしました。欅坂46もまだまだ初々しいのにさらにフレッシュなけやきざか46です。
そして10月28日の「ひらがなおもてなし会」をネットで視ました。12人の構成なのでそれぞれの個性が分かりやすくていいです。往年のアイドル相本久美子に似た二人や、乃木坂46の白石、西野、欅坂46の平手、渡邊理佐に匹敵するようなモデルも兼任するだろう二人、その他バラエティ番組や女優も兼任できるようなメンバーもいて、欅坂46とともに来年以降の活躍が期待できそうです。


darumania at 05:55|Permalink

2016年12月05日

U20W杯ヤングなでしこ アメリカに勝って3位

u2wcup2016北朝鮮の優勝でU20W杯パプアニューギニア大会が終了しました。決勝は北朝鮮と予想していましたが、その前にフランスという伏兵がいたのです。この世代に限らずフランスのレベルが確かに上がっているようですね。その代わりアメリカとドイツに迫力に欠ける感じがします。ず〜っと強さを保つのは大変だなと感じます。
ヤングなでしこはアメリカを破って3位でしたが、優勝した北朝鮮、準優勝のフランスと共にこの世代が代表になって2019年のフランスW杯、2020東京オリンピックで雌雄を決することになるでしょうね。
課題は残しましたが、このヤングなでしこのなでしこリーグでの活躍がますます期待できそうです。っていうか日テレベレーザはすでに先発メンバーの多くがヤングなでしこでしたね。

darumania at 16:20|Permalink

2016年12月01日

過去の番組が相次いで復活!

20161201テレビがつまらなくなって久しいのですが、ここのところ過去のヒット番組が復活するような兆しがあります。
日曜日のゴールデンにTBSの“クイズ☆スター名鑑”が復活して喜んでいたら、今日のネットニュースで同じくTBSの“関口宏の東京フレンドパーク”が年明けから同じメンバーで始まるようです。結局、視聴率を穫れる番組は過去にある ということでしょうね。
それなら、と期待を込めてテレ朝さんに復活をお願いしたい番組が2つあります。
風変わりなボンビーさんをお笑い芸人が訪問する“銭形金太郎”。。。日テレが似たような番組をやってますが、「泉お嬢様の100均生活」(一点が100円だけどそれを数万円使うんだったら普通に買えばいいのに)や「女優を目指す女性に僻地に住ませて苦難を乗り越える」(もういいかげん女優業をやらせてあげて)などなどそろそろ限界でしょうか?
やっぱり、レポーターはツッチーやくりぃむシチューのような毒のある芸人がでる“銭形金太郎”がいいですね。
もう一つの番組は、“くりぃむナントカ”です。さまざまなコーナーの中で「クイズ敏感選手権」は最高です。かなりお金をかけてロケ地の風景の中に偽物の有名建築物を造っちゃったり・・・とにかく毎週楽しんでました。MCの大木ちゃんも良かったですね。

歴史は繰り返し、名物番組も繰り返す。   でしょうか。


darumania at 13:51|Permalink