2017年07月

2017年07月28日

SEKAOWAと欅坂46

songs高校生だけをスタジオに集めた昨夜のNHK「SONGS」の番組で、SEKAOWAの世界観と“欅坂46”のそれにかなりの共通点があることにあらためて気がついた。確かに“欅坂46”のそれは大人にやらされた感も否めないが、そんな大人が作ってきた社会に対する子供達の主張は、たとえやらされた感があるにせよこれからも叫び続けて欲しい。それが“欅坂46”のアイデンティティだから。
番組内でSEKAOWAが歌った「Death Disco」、これを平手が歌う映像が頭に過ぎった。「有りだな」 と思った。そして、たった一年半でここまで昇ってきた“欅坂46”の今後において、「Death Disco」のような楽曲をカバーするのは必然だと思うし、幅も広がり“欅坂46”に興味を持つ人も増えてくるんじゃないだろうか。60年代から70年代のフォークソングなんかも“立ち上がれ若者よ”という点で“欅坂46”に合っている感じもする。それはすでに“ゆいちゃんす”の路線になってるのかな。
最新カップリング曲、「月曜日の朝、スカートを切られた」はデビュー曲「サイマジョ」の前夜(それぞれの制服と心情の“欅坂46”になる前のメンバーたち)を表現している。
その歴史の1ページをアルバムに残した“欅坂46”・・・
5枚目のシングルでどんな歴史を語るのか・・・楽しみでもあるが、怖さもある。

darumania at 08:46|Permalink

2017年07月18日

『真っ白なものは汚したくなる』届く。

keyaki1st明日19日発売の“欅坂46”1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』がお昼頃届いた。CDを買うのは何年ぶりだろう。
結成されて8月で2年、デビューして1年3ヶ月での1stアルバムは凄いことだ。なんせ、昨年のデビューから一年でシングルを4枚、その全曲が立て続けに一位を取りいまだに売れ続けている。そのシングルにカップリングとして何曲か発表されているが、青春から反逆そして昭和テイストとフォークソングとバラエティに富んでいる。デビューして8ヶ月で“紅白”出場、昨年末には初のワンマンコンサートは鳥肌モノだった。
それだけでアルバムは完成されて良いはずなのに、
それプラス16曲もの新曲をType-AとType-Bに散りばめ全38曲になる。

1stアルバムは昔から傑作が多い。レッド・ツェッペリン グランド・ファンク サンタナ ディープ・パープル クイーン。。。。。今でもYouTubeでよく聴きます。

だから心配なのは2ndアルバムになる。立て続けに一位を取った表題曲のようなヒットが5枚目のシングルのプレッシャーになるだろう。
乃木坂46が17thシングル“インフルエンサー”で頂点に居続けるのも、18thシングル“逃げ水”にかかっているように・・・

その乃木坂46に関してひとこと。
三期生の大園、与田をダブルセンターに持ってきた“逃げ水”は次の次元への橋渡しだ。
白石をはじめ、一期生の年齢が高くなってきていて、
11月の東京ドーム最終日に卒業発表が続くかもね。

ま、とりあえずは1stアルバムを聴くとしよう。。。。どのくらい売れるのかも楽しみだ♪


darumania at 15:28|Permalink

2017年07月06日

エキセントリック 解禁

201707064thシングル“不協和音”のカップリング曲、日テレドラマ“残酷な観客達”のテーマ曲“エキセントリック”のMVが今日解禁された。エキセントリックとは、ひと言で言えば“変わり者”
MVでは欅坂46がアイドルグループとしてはかなりの“変わり者”だと証明している。
曲自体はちょっとジャジーでピアノが踊っていてモダンな感じがした。
「変わり者でイイ」「はみ出してしまおう 自由なんてそんなもの」・・・・

とにかく欅坂46らしくてカッコイイ。

歌詞とパート割↓

あいつがああだって言ってた。平手
こいつがこうだろうって言ってた。ねる
差出人のない噂の類い。菅井
確証ないほど拡散する。上村
意外にああ見えてこうだとか。織田
やっぱりそうなんだなんてね。長沢
本人も知らない僕が出来上がって。米谷
違う自分存在するよ。守屋
何が真実(ほんと)なんてどうでもいい。べりか、今泉
わかってもらおうなんて無理なんだ。べりさ、小林
倒れていく悪意のドミノ。鈴本、志田
止めようたって止められない。原田、尾関
訂正したとこで 石森、齋藤
また同じことの繰り返し。土生、佐藤、小池
もうそういうのうんざりなんだよ。平手

誰もが風見鶏みたいに風の向き次第で 平手、ねる、菅井、上村
あちこちへとコロコロ変わる。織田、守屋、長沢、米谷
世間の声に耳を塞いで生きたいように生きるしかない。今泉、べりか、べりさ、小林
だから僕は一人で 鈴本、志田、原田、尾関
心閉ざして交わらないんだ。石森、佐藤、土生、小池、齋藤

i am エキセントリック変わり者でいい 全員
理解されない方がよっぽど楽だと思ったんだ 平手、ねる、菅井、上村
人の目気にしない愛なんて縁を切るはみ出してしまおう自由なんてそんなもの。全員

あれってああだって聞いたよ。今泉
本当はこうらしいって聞いたよ。小林
推測だらけの伝言ゲーム。鈴本
元のネタはどこにある。志田
絶対誰にも言うなよ。原田、Wわたなべ
ここだけの話って耳打ち。尾関、齋藤
漏れない秘密いつも筒抜けで。小池、石森
口が堅いやつなどいるものか。佐藤、土生
もう誰が味方かなんて
どうでもいい損得は関係ない。平手
信じる信じない無責任な友達ごっこ。菅井、ねる
肯定も否定も。嘘も都合のいいようにされるだけ。織田、米谷、長沢、守屋
もうそういうの勘弁してよ。長濱

全てがフィクション妄想だって大人気ないイノセンス 平手、ねる、菅井、上村
嘘とか欺瞞に溢れる世界。織田、守屋、長沢、米谷
綺麗な川に魚はいないとしたり顔して誰かは言うけど。今泉、べりか、べりさ、小林
そんな汚い川なら 鈴本、志田、原田、尾関
僕は絶対泳ぎたくはない。石森、佐藤、土生、小池、齋藤

i am エキセントリック変わり者でいい 全員
普通なんかごめんだ僕は僕でいさせてくれ 平手、ねる、菅井、上村
敬遠されたって好きなように生きていくよカメレオンみたい同じ色に染まれない。全員

冗談じゃない興味もない 平手、ねる、菅井、上村
合わせたくないそんなにあんなに器用じゃない。織田、守屋、長沢、米谷
普通でいることってなんだ。今泉、べりか、べりさ、小林
僕は普通だと思ってる 鈴本、志田、原田、尾関
みんなこそ変わりもんだ。石森、佐藤、土生、小池、齋藤

i am エキセントリック変わり者でいい 全員
理解されない方がよっぽど楽だと思ったんだ 平手、ねる、菅井、上村
人の目気にしない愛なんて縁を切るはみ出してしまおう自由なんてそんなもの。全員


darumania at 15:17|Permalink

2017年07月01日

“瀬戸内の声”・・・郷愁・・・

STU48STU48の“瀬戸内の声”が欅坂46を抜いて「ここのところの個人的ベスト10」の一位になった。
PVの清々しい瀬戸内海の風景と水色の制服を着たSTU48のメンバーが新鮮すぎて堂々の一位。ダンスもないし、曲も素朴でまるで学校のコーラス部の郷愁でしかないのに・・・・ 疑問はAKB48の指原と岡田は必要なのか? とにかく12頭身のセンター 瀧野由美子の隣だと逆に顔の大きさや差の低さが目立ってしまうようにも思える.欅坂46のロックやフォークを聴きすぎたせいか“瀬戸内の声”が新鮮に聞こえるのかもしれない。そういえばNGT48の“青春時計”もまあまあ良い曲だけど、AKB48兼任の人が×なのでランクが低いままだ。
そもそもAKB48兼任ってマイナスじゃないの?

ちなみに「ここのところの個人的ベスト10」
2位 欅坂46“エキセントリック” ドラマ「残酷な観客達」のテーマ曲。らしい曲。
3位 欅坂46“不協和音” ガンガンロック!!
4位 X21“恋する夏” センターの吉本実憂が俳優になるので卒業。なので久しぶりに聴きました。
5位 欅坂46(MARRY)“割れたスマホ” 70年代のモダン歌謡曲風。
6位 乃木坂46“不等号” 最近復帰した中元日芽香がセンターの青春歌謡曲。せつないね。
7位 X21“Beautiful X” 美しさプラス格好良さですね。
8位 坂道AKB “誰のことを一番 愛してる?”
9位 乃木坂46/三期生 “誰よりも高く飛べ!” 乃木坂46/三期生の初シングル曲。
10位 欅坂46・けやきざか46 “W-KEYAKIZAKAの詩” 欅坂46・けやきざか46の初共演。

darumania at 21:26|Permalink