2005年04月28日

日本が危ない

合掌世界一安全で正確できれいだった日本の鉄道も、
もはや過去のことになったようだ。
運行が昔より過密になり、
より正確な運行を求められる運転士。
コンピュータ運転の声も大きくなるだろう。
人間の力では及ばない領域に入ったのかもしれない。


“安全第一”というスローガンも会社に対してのものに聞こえる。
ラテンの国では“鉄道は時間どおりに来ない”と思っている。
そろそろ日本人も今までの概念を変える時期にきている。

これを教訓に、
二度とこういう事故が起こらないことを望みたい。

そういえば“これを教訓に”ってフレーズは今まで何回聞いたのだろうか。
人間はやはり忘れやすい動物のようです。



darumania at 09:44│ 日誌