2005年07月21日

祝10回“立体ヒャクテンマン展”

rittaiten200515日から始まった“立体ヒャクテンマン展”もあっという間に半分が過ぎた。
昨年は東京で39.5℃最高気温の酷暑の中だったが、
それに比べると今回は普通の夏でほっとする。
10年前に永福町で始めてから今年で10回目の節目だが、
気負った感じでもないのでいつもと変わらない展覧会になっている。
ちなみにボクは2作品3点を展示した。
10日ほど前に偶然できたタッチの作品(左下写真)で、
イラスト仲間や女性客にわりと評判が良い。
自分でも最近はサッパリ系が心地よい。
独断で大賞を決めるなら、迷わず「アメノウタ」イシカーの作品(右上写真)。
発想、完成度、動き、音、4拍子揃った作品だ。
本音を言えば『ここに置くべきモノ?』かな・・・いずれは美術館行き・・・かな?
プロ級から子供の作品まで、触って楽しむモノやらいろいろあるので必見!

24日(日)まで新宿労災会館B1スペース・ゼロ
同時開催『白石佳子個展』
http://www.youchan.com/blogs/e-spc/archives/images/map_closeup-3.gif

darumania at 08:44│ 日誌