2005年10月25日

10.23信州

shinshu02悲しい朝だった。去年来た時、柴犬“まち子”が老衰で目が見えなくなっていたので、もしかしてと思っていたが、“まち子”の小屋の脇がこんもりしていて石が置いてあった。小屋が新しいのが悲しさを増長させた。それでも“クマ”と“シバ”は僕たちを待っていたか 嬉しそうに尻尾を振ってくれた。
気を取り直し秋晴れの高原をドライブする。空気に濁りがないので遠くの山もクリアーに見える。カナダをドライブしてるのか?なんて思ったりしているうちに“萌木の村”に着いた。昨日全部見られなかったので今日はその続きで、その代わり今回は“八ヶ岳アウトレット”は無し。フェスティバル会場からスタンダードロックやブルースのライブ演奏の音が聞こえる。アンティークショップを見ながら聴いていると時代がもどり、まるで小さな“ウッドストック”に来たようだ。今日の昼は“まる甚”というそば屋に行く予定だったのだが、八ヶ岳横断道路がマラソン大会のため封鎖中。急遽もう一カ所のそば屋へ向かうがその辺に見あたらない。電話をしてみたら局番から違うので遠くに引っ越ししたようだ。結局去年と同じ“おっこと亭”に落ち着く。日曜日の昼過ぎなのにまだ混んでいて10組目の番だった。きりだめと天ぷらを注文する。固めに茹だったそばは喉ごしが良くて相変わらず旨かった。
食後“まる甚”の場所を確認に出かける。途中の西友で今夜のおやつを買う。原村の野菜コーナーには、大きなキャベツ、レタスなど高原野菜がずらっと並んでいた。値段も安く新鮮そうで羨ましかった。休暇村にもどり夕食、卓球のあと ちょっと厚着をして星を見に駐車場に出る。こんな沢山の星を見るのは何年ぶりだろう。夜空を斜めに雲が走っている と思ったらそれは天の川だった。

darumania at 21:15│ 日誌 | 日誌