2006年01月21日

雪の朝

snow
今年初めての雪の朝、モモは玄関まで出てしばらく雪を不思議そうに見ていた。
そして大粒の雪がいくつかモモに降りかかると、
表に出るのを諦め仕事部屋のファンヒーターの上にもどった。
東京は積もっても年数回で済むが、
雪国では春までこんな景色の中で生活をしなければならない。
暖房費、衣服代、といろいろ考えると大変だと思う。
かといって南の暖かい場所に移住するでもなく雪国の人達は雪解けをじっと待つ。
我慢強い気質はきっとそんな風土から生まれたのだろう。
そして四季に対する思いも僕らよりかなり強いはずだ。


darumania at 10:35│ 日誌 | 日誌