2006年03月11日

母の入院

nyuuin
年末からベッドの空き待ちだったが、3月3日にやっと母が入院した。そして6日に手術、9日にはもう退院。盲腸よりも早い退院だ。手術前日と術後に執刀医の説明があった。手術自体は1時間ほどで終わり麻酔が解けるまで1時間、そして病室に。傷口も細かく縫われていて自然に消えてしまう糸なので抜糸の必要もなく、ただ透明のシールが貼られているだけで、そんなところにも医学が進んでいるんだと感心した。


darumania at 09:59│ 日誌 | 日誌