2006年08月10日

オシムジャパンの船出

osimujapan
昨夜のトリニダート・トバゴ戦が初戦となったオシムジャパン。ジーコジャパンを一掃するようなフレッシュなメンバーに、4年後をじっくり見据えている感じがする。(ただしA3でG大阪とJ千葉の選手は選択できず)
結果は前半の三都主の2点で守り勝った。ダイレクトでパスをつなぎ、相手に考える余裕を与えないでシュートまで持ち込む これがオシムのいう日本人らしいサッカーだと思う。招集されて間もないのに、そのダイレクトパスからシュートのシーンを何度も見ることが出来た。試合後のオシムは不機嫌を装っていたが内心は喜んでいる。負ければ笑って会見する。いすれにせよオシムの言葉は面白い。そして今後の日本代表も楽しみだ。


darumania at 08:32│ 日誌 | 日誌