2006年12月02日

表彰台独占

dokusen
今年のグランプリシリーズのNHK杯で、初めて日本人選手が表彰台を独占しました。特に今年はアメリカ大会からず〜っと観ていますが、ソロでの日本人は男女とも素晴らしいです。トリノオリンピックで荒川が有終の美を飾り引退、それでも日本の選手は次から次へと現れます。こういう時って、フィギュア人気が上がるから、ますますフィギュアスケート人口が増えて、良い選手がもっと増えてくるんでしょうね。
真央ちゃんは今回ただの1位ではなくて自己ベストってところが、まだまだ成長することを感じさせてくれます。
男子の3人も表彰台独占の可能性もあるし、明日も見逃せられません。
それにしてもたった数分の演技で人を泣かせるってすごいことだと思います。


darumania at 22:13│ 日誌 | 日誌