2007年01月05日

家族間戦争

shibuya
いろいろな不満がたまり、チョットしたことで爆発する。それが家族間での殺人事件となる。親が子を、子が親を・・・そして今回の事件は兄が妹を。
はたからみると幸せそうな家族。それはもしかするとものすごいプレッシャーになっていたのかもしれない。
昔は家族がテレビの前で一緒に過ごす時間があった。そして会話があり、今日あったことや不満なことを家族全員が共有することで、お互いのことをわかりあう。だから不満が溜まることもなくストレスもなく日々を過ごせたのである。
一人に一部屋で豊かな世の中に見えるが、それは虚像の豊かさなのだ。
人は話をしないと、話を聞かないと戦争を始めてしまう弱い生き物なんだから。
今日もまた母が幼い子供を殺した。・・・・・明日はどっちだ?



darumania at 21:37│ 日誌 | 日誌