2007年11月13日

凄いカーチェイス!

ボーンシリーズ
マット・デーモン主演の“ボーン・スプレマシー”を地上波で観た(実は夕べもまた観た)。前作“ボーン・アイデンティティー”の続編。このシリーズは寡黙で不死身なマット・デーモンの役どころがとても良い。暗殺者として訓練され、殺すときは完璧に。そしてとっさの動きがなんと手際の良いこと。何より圧巻なのはモスクワでのカーチェイス。モスクワのタクシー(ロシア製のボルガ?)を拝借し、ベンツの治安部隊と渡り合う。そしてトンネルへなだれ込み・・・ あまりのリアルな映像に、観ていた体を何度すくめたか。舞台がベルリン、モスクワ、というのがまたそそられる。残念なのは声優がひどかったこと。夜中の放送なら字幕のはずなのに・・・
そして今週末からこのボーンシリーズの最終章が映画館で始まる。
舞台はアメリカ、自分が誰だったのかを見つけるためジェイソン・ボーンは動き出す。
でも一体だれと戦うのか・・・
こういう映画がやっぱり好きだな〜〜

darumania at 14:31│ Movie