2007年12月24日

M-1グランプリ2007

m-1_07
今年のM-1はなんと初めて敗者復活からの“サンドウィッチマン”が優勝。8組の決勝組ではやはり“トータルテンポス”“キングコング”がその他を圧倒していた。この3組の最終決勝となったが、“トータルテンポス”“キングコング”とも決勝戦(最初の)ネタのほうが良かったかも。(どのネタを使うか難しそうだけど)
“サンドウィッチマン”は何回かコントを視たが、その予想のできない展開と、強面だが寂しがり屋でどこか話しかけてくれているのが嬉しそうなキャラが憎めなくてイイ感じだ。
昨年Vのチュートリアルみたいにブレークするかは?(アイドル的でないから)だが、CMとかバラエティ番組のお飾りではなく純粋にネタを視る機会が多くなりそうで嬉しい。
毎年Mー1では出場者も審査員も真剣勝負をしているから泣かされてしまう。
レベルの高い“お笑い”には、テンポ、間、わかりやすさ、展開、オチ、そしてその世界に数秒で陥らせる技がある。
“お笑い”は“お笑い”に非ず、“芸術”なのだぁ〜!!


darumania at 10:09│ T.V