2008年01月29日

UNDERWORLD  2003米

u,world
簡単に言えば吸血鬼族と狼男族が戦う映画。なんて気楽な気持ちで見はじめた。場面はほとんどが夜で雨が降っていて、それがなんだか“ブレードランナー”の世界に思えたり。コスチュームや小道具のデザインがヘヴィメタファンにはたまらなかったり、ストーリーもキャスティングも良くできていていつのまにかはまってしまった。続編があるようで楽しみだ。
主役の“セリーン”役のケイト・ベッキンセールはあの“パールハーバー”にもでていたようだが、あまり印象がなかったが全米で大ヒットしたこの役でブレーク(?) 
ほんのちょい役で“プリズンブレイク”のスコフィールドが出てたのも見逃さなかったぞ。この2年後に一躍有名になった。
先日視た“エイリアンvsプレデター”のように“バイオハザードvsアンダーワールド”がそのうち視られるかもしれない・・・・それは無いか・・・


darumania at 14:21│ Movie