2008年01月30日

BLUEの明暗

lapanblue
今夜7時、代々木と千駄ヶ谷でJAPAN BLUEの選手たちの試合が同時刻に始まった。一つは“中東の笛”のおかげで再試合となったハンドボール北京オリンピック出場をかけた韓国戦。もう一つは岡田ジャパンでのW杯最終予選前の最後の大事なボスニアヘルツェコビナ戦。
ハンドボールは残念ながら男女とも韓国には力負けした(その差は歴然としていたが男子は互角に戦った)が、日本にハンドボールの面白さが拡がりハンドボールの競技人口と人気が増すことでこれからはもっとメジャーになるかもしれない。韓国ではハンドボールの映画がちょうど封切られていたらしく人気も日本より先に来てたようだ。そういえばカーリングって競技も最初はマイナーだったけどマスコミや映画の影響で(もちろん実力も)競技人口が増えた。競技人口が増えればレベルも上がってくるってことだ。
オシムも観戦したボスニアヘルツェコビナ戦は後半に3得点でまずまずの試合。来週のタイ戦へ良い弾みになったかな。
・・・・・・・でも今さらだけど“JAPAN BLUE”ってなんでだろ?

darumania at 22:53│ Sports