2008年12月29日

年の瀬に

081229年の瀬ってやつはやることが多くて困りませんか?クリスマスとお正月という2大イベントを重要視している珍しい民族だからしかたがないのだろうか。普段から掃除をしていれば大掃除なんてものも省いて、年賀状なんてモノもただ元気ですよっていうお知らせなんだからメールで良いしね。のんびり生きましょうよ皆様。
今朝のヤフーニュースで“M-1グランプリ”について書かれていた。結成10年以内の若手の漫才師たちがチャンピオンを競うのだが、チャンピオンになった漫才師たちはいつのまにか視聴率を取るためのバラエティ番組で“ひな壇芸人”になってしまうのである。確かに漫才はネタを作り続けないとあきられてしまうから大変だと思う。バラエティに出てその人気で場を盛り上げるほうが気楽だしそれでギャラが貰えるからますますそういう番組に出てしまう。漫才をしているときの彼らを見たいのだからもっと時間枠をとってちゃんとした名人芸を見せる番組があっても良いのではないだろうか。
その点“サンドウイッチマン”(昨年チャンピオン)は漫才芸を追求していて好感が持てる。ま、「僕らはバラエティ向きではない」と最初から言っていたってこともあるけどね。
だから今年のNON STYLEも歴代のチャンプたちも漫才芸で頑張って欲しいのだ〜
昨日の夕焼けはピンク色だった。なんか可愛かった。

darumania at 11:18│ 日々好日