2009年05月17日

蟹江町一家殺傷事件

kaniechouどこか“世田谷一家殺人事件"に似ている。犯人の凶暴さ、凶器や返り血を浴びた衣類をを洗う落ち着きぶり、そして食事をしたあげく捜査を攪乱させるかのように遺留品を残す。怨恨の線が無くなるにつれますます迷宮の扉に入っていくのかもしれない。そして"リンゼイさん殺害事件"に似た初動捜査での取り逃がし。被害者でも加害者でもとにかく確保しなくちゃならないのに・・・・ 
マスコミもその時だけは集中的に報道するが、その後パタッと報道がなくなることで、再び報道されるたびに「何の事件だったっけ?」と思い出すのに時間がかかったりする。それだけ凶暴な事件が多いと言うことだけど、僕たちはこれからますます増えるかもしれないこういう無差別テロをどう防げば良いのだろうか。


darumania at 16:33│ 日々好日