2009年12月18日

いよいよM-1

m1_09計算され尽くした“キングコング”“ノンスタイル”は完璧すぎて好みではないし(今回この2組のどちらかはは敗者復活組として決勝に行く可能性が高い)、今年本命と言われている“笑い飯”ももはや古く感じる。“南海キャンディーズ”“東京ダイナマイト”“ハリセンボン”この3組もなんで今さら感が漂ってならない。“モンスターエンジン”も好きだがあのマニアックさが吉と出るか凶と出るか。“パンクブーブー”はネタによっては良い線まで行くかもしれない。
個人的に今年一番面白かったのは“ハライチ”と“ビーグル38”だ。残念ながら“ビーグル38”はM-1の決勝に残ってはいない。たぶん登場するまでの時間がかかることと「君、それはエアロスミスやろ!」のオチがワンパターンだから出場もしていなかったかもしれない。あの爺さん同士ののんびり感が大好きだ。“ハライチ”は今までに無かった漫才だ。ある程度はネタを作り込んでいるのだろうが、途中からの危ういアドリブがスリルがあってたまらなく好きだ。決勝の最終組に是非残って欲しい。
僕が予想する今年のグランプリは“ナイツ”だ。ある言葉だけにナゼか反応するってネタが入っていれば嬉しいのだが。吉本が圧倒する中でマセキ芸能社がはたしてグランプリを獲れるのかが注目される。

darumania at 13:39│ T.V