2010年02月15日

バンクーバー2010

ひらパーバンクーバーで冬季オリンピックが始まった。
各局テレビの視聴率獲得戦も始まった。
とにかく注目選手とそうでない選手の取り扱い方が雲泥の差でうんざりする。
注目競技が始まるまでの時間をその選手のお涙頂戴的ドキュメンタリーを流す。そして「まもなく・・・・」といってCMになる。そんなだらだらの2時間番組で肝心なのは最後の30分だけ。
だから生放送では絶対観ない(普通の番組もNHK以外は録画で観る)。
気になる競技(冬季はほとんど無い)はとにかく録画だ。
そして良い結果がネットで出たときだけ観ることにしている。
“時間の無駄は人生の無駄”なのだ。

今回はとんでもないことが起きない限り、フィギュアスケート以外はメダルは無理だろうね。
フィギュアスケートだって金は男女ともきびしいけど世界一がすべてじゃない!
“選手自身の一番が最高”なのだから。
テレビ局も冷静に放送願います。

darumania at 08:50│