2010年06月15日

執念の守り勝ち

w0614序盤から両チームとも守りを徹底した慎重な試合でしたね。
前半39分、松井の切り返しからのドリブルと見せかけたフェイントで、相手ディフェンスの眼が松井に集中した数秒間に、“持っている本田"が移動し大久保のスルー(?)でまた時間ができ、数少ないシュートチャンスを本田が落ち着いて決めました。シュート後本田がベンチに行って控え組にダイビングしたのは、チームが一つになっている感じがしてジーンときました。
日本のシュートチャンスは少なかったけれど、勝ちゃ〜いいんですっ!
後半の最後の15分は、相手の猛攻を死守。4年前の呪縛から必死に逃れるような守りきる気迫を感じました。
サッカーとしてはへたくそで、オランダVSデンマークのような早くて美しくてかたちの良いサッカーからはほど遠いものでしたが、これもサッカーなんでしょうね。、勝ちゃ〜いいんですっ!

次はオランダです。初戦のカメルーンより5倍強いような気がしますが、カメルーン戦のような泥臭い展開に持って行ければ負けないような気もします。
そぉ〜です、負けなきゃいいんですっ!!

darumania at 08:35│