今年のドラマ始まったよ卓球も新旧交代かな〜

2011年01月22日

蘇る2004アジア杯北京大会

20110121以前は“こりゃだめだ、寝るしかない!”なんて途中で観るのを諦めていたのに、最近の日本代表の試合は最後まで諦めずに観ることができます。以前はワンパターンでみるみる体力も落ちているのがわかるのに、この日本代表は何かを“持ってます” それは“仲間”です。なんて祐ちゃんも言っていますが、それはもちろんなことなんだけど、それ以上に精神的、肉体的に強くなったと思います。特にヨーロッパのチームで戦っている連中の強さは“凄さ”も兼ね備えてますね。そんなフィジカルの強さ、巧さ、速さが観ている僕たちに期待感を抱かせてくれています。それが最後まで何が起こるかわからないサッカーというスポーツをますます面白くしていますね。特に最後のシュートよりその前の縦パスの凄さは以前になかった武器だと思います。録画で何度観ても鳥肌が立ちます。
2004年のアジア杯北京大会もそんな完全アウェイのなかを勝ち進んで優勝しました。そしてあの準々決勝のヨルダン戦のPK劇・・・またしても同じレフリー・・・
ってことはまたもや優勝の予感が・・・・


darumania at 16:08│
今年のドラマ始まったよ卓球も新旧交代かな〜