2011年12月07日

アーセナルレディーズvs日テレベレーザ

201112044日の日曜日、自転車で30分の多摩市立陸上競技場にアーセナルレディーズvs日テレベレーザの東日本大震災チャリティマッチを観に行った。もう風も冷たい季節だが日が差す芝生席は暑い。試合前のセレモニーが終わり1時半にキックオフ。ボールの支配率は圧倒的にベレーザなのだが、ゴール前まで運ぶ前にボールをことごとく取られてしまい反撃されるシーンが多い。欧米の選手の“10センチ長い足”に対処がこれからの課題かな。
少ないチャンスをきっちり決めるアーセナルレディーズは、守備が強く感じた。攻撃はシンプルで速さがあり決定力もある。結局3対1でアーセナルレディーズが完勝した。それでも日本の女子クラブチームが世界で充分戦える感じがした。アーセナルレディーズの対戦はアイナック神戸に続いて2戦目だが、男子のような世界大陸代表同士の対戦まではもう少し時間がかかるかもしれない。それまでになでしこリーグでしか対戦経験のない選手が、もっと欧州のクラブと戦う経験を積むことを願う。
せっかく足を運んでも負けたり、0-0のドロー試合はがっかりで、家でテレビ観戦してれば良かったなんて思うけれど、グランドの選手のボールを蹴る音や、走る音を感じるのも良いもので、天気と時間が許せばこれからも観戦しよう・・・かな。



darumania at 07:44│