国立に行ってきた。負けて良かった?。

2012年06月13日

“あれれ・・・?”

120612サッカーの主審というものはゲームのコンダクター的存在だ。そのゲームをどう仕切ってどう終わらせるかでゲームの善し悪しが出てくる。昨夜のオーストラリア対日本代表はその指揮者によって不可解なゲームになってしまった。前半からオーストラリアに対しての笛が多く、そのたびにスタジアムからのブーイング。ホームの力であるブーイングがだんだん主審の心を動かしていく。「ちょっとオーストラリアに厳しいかな・・・退場者を出してしまったから日本にも厳しくしないとな・・・」なんて思っていたかもしれない。その結果“世界基準”ではファールではない内田への笛、そしてPKで同点。ゲームの締めくくりも“世界基準”では時間がかかってもフリーキックは打たせるのに・・・主審以外は“あれれ?”と思った笛。世界レベルの試合にアジアレベルの主審ではこうなるのもしかたがないのかな。
ともあれ3戦で2勝1分けは上々でしょ。
ということで、アンニョン!

darumania at 07:58│
国立に行ってきた。負けて良かった?。