2013年05月28日

なでしこリーグ前期終了

nadeshiko2013前期が終了しましたが、今年もINAC神戸の強さは別格のようです。エースの大野がオリンピック・リヨンに移籍し、期待の京川も再び怪我で離脱、近賀も前期は出場できないのに・・・層の厚さが強みのINAC神戸です。
我が日テレベレーザはエース永里のポツダム移籍がマイナス点ですが、監督が替わりメニーナ出身の若いチーム作りの最中です。その中でも2012U20W杯とアルガルベカップで経験を積んだ田中美南(19歳)がブレーク中。ボランチの要の隅田凜(17歳)、守備の土光真代(17歳)も日本一の岩清水の隣で成長しています。その他にも前線への飛び出しが魅力のSB清水梨紗(17歳)、テクニックのある長谷川唯(16歳)、ドリブルの籾木結花(17歳) とにかくベレーザは若手の経験値をあげています。同じく若手が中心になりつつある浦和レッドダイヤモンズレディースは2012U20W杯の代表メンバーが頑張っています。GK池田咲紀子(21歳)、DFでは坂本理保(21歳)、齊藤あかね(20歳)、MFでは藤田のぞみ(21歳)、和田奈央子(20歳)、柴田華絵(21歳)、そしてFWの加藤千佳(19歳)、そして怪我で出遅れている猶本光(19歳)。これだけのメンバーがいながら前期は惜しい負けや勝ち試合を引き分けにされた不運もあり低迷中ですが、後期に期待したいです。
ベガルタ仙台レディースは長船、下小鶴、高橋奈々のDFのがんばりがあって、良い試合を続けています。残念ながらモンペリエから帰ってきた鮫島とブレーク中の嘉数 飛鳥の怪我が心配です。先日のカップ戦では若手の川島 はるな(20歳)と2012U17W杯で日本の司令塔を見事にこなした成宮 唯(18歳)がもっと試合に出て経験を積んで欲しいですね。
その他、アルガルベにも行ったFW菅澤の怪我の状態も気になるところです。

今年のINAC神戸を倒すことは容易ではないと思いますが、どんな強いチームにもほころびがあり、油断があるはずです。INAC神戸をどこが倒すか、後期に期待したいですね。



darumania at 10:15│