2013年12月25日

報道なしの皇后杯決勝・・・って、何故だ!

20131223日本女子サッカーの頂点を極める皇后杯決勝が大宮NACKスタジアムで開催されました。
4冠を目差すINAC神戸vs初タイトルを狙うアルビレックス新潟レディーズ。
Jリーグのアルビレックス新潟サポーターも大挙押し寄せ、まるで新潟のホームゲームでした。
前半から新潟のペースでなんどか海堀のゴールにせまりましたが決められず後半へ。そしてついにINAC神戸のDFをかわしたティファニーが個人技で先制点が入り新潟のペースに。新潟のDFは完璧で上尾野辺がチ・ソヨンに仕事をさせず、ロングボールも北原がクリア、INAC神戸の攻撃をことごとく潰しました。右サイドでも高村の献身的な守備が光りました。
後半になってお互いに中一日の疲れが徐々に出てきて、新潟の守備にも穴ができはじめましたが相変わらずINAC神戸に攻撃をしかけさせません。でも、流れで攻撃できなくてもINAC神戸には武器がありました。チ・ソヨンのFKを近賀が流し込み同点に、そのあとにもCKからのこぼれ球をチ・ソヨンが確実にシュートとINAC神戸の底力が・・・そしてこのままで終わるような感じがしました。でも諦めていなかった新潟は何度かのチャンスを作りティファニーが同点ゴール!!!!
決勝にふさわしい試合はついにPKに。そして川澄が有終の美でゴールを決めINAC神戸が4冠を達成しました。アルビレックス新潟レディーズの選手のほとんどは号泣していましたが、キャプテン上尾野辺だけはしっかり上を見ていて格好良かったぜ〜!

それにしてももう少しスポーツニュースに取り上げてもいいのにな・・・




darumania at 07:58│