ソチの金メダルは・・・ FIFA U-17女子ワールドカップ コスタリカ 2014

2014年03月14日

そろそろ若手を・・・

201403121月21日の母の入院から2月5日の葬儀、そして山梨での四十九日をあわただしく済ませたらもう3月半ば。辛く寒かった冬もやっと終わりそうです。
“なでしこ”がポルトガルで始動しました。結果、準優勝でした。結果だけ見ると良くやったといえるかもしれませんが、若手を起用したアメリカに引き分け、そして同じく若手主体の新生ドイツに屈辱的な負け。ドイツの層の厚さと巧さ強さには“卓球で中国に勝てない思い”がそのまま感じられました。
“なでしこ”を目差し脅かす若手はいつ現れるのでしょうか。
僕が“ヤングなでしこ”に注目するようになったのは2010年のトリニダード・トバゴ大会で準優勝した頃。田中陽子、田中美奈、京川舞、仲田歩夢、楢本光・・・を知りました。
しかし、その中で“なでしこ”を脅かす人材は無かったのでしょうか。
それとも、たまたま重なった女子U23ラ・マンガ大会にそのほとんどが参加していたからでしょうか。
どちらかと言えば後者だと信じています。テレビ中継はなかったけどYouTubeでの試合を見る限りU23ヤングなでしこのほうがスピード、巧さはドイツ戦の“なでしこ”より上でした。
アメリカ、ドイツはすでに若い選手が代表戦に出ていることを考えれば、“なでしこ”も思い切った改革をしなくちゃいけないと思います。

明後日からコスタリカでU17女子W杯が始まります。彼女たちにはアメリカは驚異で無いはず、いい結果になると思いますが、問題はその後のなでしこリーグに入ってからだと思います。チームの上下関係や事情で試合に出ることさえ出来ないまま、その才能を腐らせないで欲しいです。

2015W杯アジア予選を兼ねた5月のベトナムでのアジア杯では思い切った“新生なでしこ”を期待します。


darumania at 09:28│
ソチの金メダルは・・・ FIFA U-17女子ワールドカップ コスタリカ 2014