2015年07月01日

たま駅長お疲れさまでした〜

tama赤字だった地方ローカル線を拾われた一匹の猫が救ったという物語の一幕が終わりました。勤続8年の“たま駅長”は我が家にいた“モモ”と同じ16歳で旅立ちました。命日も“モモ”と同じくらいでしたね。
人目にさらされたことがストレスじゃなかったのかとか気にしている声もありましたが、猫は結構図太い神経の持ち主なのでそれはなかったと思います。
寿命ですね。
これからは天国から見守ってくれるはずです。
合掌・・・

darumania at 15:19│