2015年09月19日

どこへ行くの?セカオワ

20150919スターライトパレードで知ったセカオワ。RPG、スノーマジックファンタジー、炎と森のカーニバルで久しぶりに僕のアンテナにビビッときたグループでした・・・が、Dragon Nightから方向が変わったの?それまでのブラスバンドのパレード的なファンタジーの世界が好きだったのに・・・
実力人気とも頂点に達すると、どこの国のどのバンドもそれまでがむしゃらに築き上げたイメージからの脱却とでも言わんばかりに方向を変えてしまうのです。古くはレッド・ツェッペリンが3枚目のアルバムの“移民の歌”で、グランド・ファンク・レイルロードが3枚目のアルバム“サヴァイバル”で“ロコモーション”で、クイーンが“オペラ座の夜”の“ボヘミアン・ラプソティ”で、そして反社会的声を叫んでいたシカゴが“サタディ・イン・ザ・パーク”で愛を歌うようになってしまいました。
セカオワも有名になったので、僕のようなファンはどうでも良くて、コアなファンやライブが好きなファンがいれば良いと思っているのでしょうか?そして英語の楽曲で世界へ・・・・?
どこにいくのは自由ですが、僕にもわかりやすい楽曲をまたお願いします。 よろしく〜                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

darumania at 08:14│