2016年03月13日

キース・エマーソン逝く

20160313EL&Pのキーボード&シンセサイザー(どこか懐かしい響き)のキース・エマーソンが亡くなったらしい。自殺説もあるけど、まだ現役の71歳で、来月の大阪・東京公演が予定されていたのに・・・
僕にとってのEL&Pは“展覧会の絵”である。
そのLPを買ったのは1971年美大浪人生の19歳の時だ。
アメリカとイギリスのハードロック全盛期、そんなハードロックにクラシックとシンセサイザーを組み入れたプログレッシブ・ロック。
プログレッシブ・ロックといえば1970年発売のピンクフロイド “原子心母”も持っていたけど、そのころの僕にはちょっと哲学的なサウンドで難しかった気がした。
EL&Pのライブは一度解散して再結成した1992年9月の人見記念講堂での記憶しかない。
パワフルなライブだったっけ。オルガンを破壊した・・・かな?
エマーソンの代わりは誰も出来ないから、もうライブも無いってこと。
安らかに眠ってください・・・アーメン

そういえば最近洋楽を聴くこともなくなったな。
大量のLPはプレーヤーがないから聴けないから、
さっきYOU TUBEで“展覧会の絵”を聴いた。
その流れでGFRの最初に買ってすり切れるほど聴いた“Closer to Home”も聴いた。
70年代の洋楽のブームが来たのか? 次はツェッペリンでも聴こっと。。。。。。

darumania at 14:36│