2017年02月17日

天丼 金子半之助

20170214春が近づいているような日差しが眩しいバレンタインディ。どこのデパートもチョコレート売り場の活気はハンパないくらいでした。銀座から京橋を通り日本橋へ向かい、レトロな日本橋高島屋のレトロなエレベーターで屋上で一休み。ちょっと昔は京橋あたりはビジネスマンが歩いているくらいだったのに今はアジア系の旅行者が行き交ってました。味気なかったオフィスビルだったのに洒落たカフェや緑のあるオアシスがあったりで、歩くのにも退屈しなくなったなと思いました。路地に入ると道に迷いそうでしたがごま油のいい香りに引き込まれるように念願の“金子半之助”に着きました。平日の午後2時半なのに15人くらいの列がありました。その半分くらいはやはりアジア系旅行者でした。並ぶ覚悟は出来ていたのですが日陰なので歩いてきた汗がちょっと冷えたりしました。それでも30分くらいで2階の相席へ通される。並んでいた時点で注文はしてあるのでほどなく天丼が目の前に。大きな穴子の天ぷらに海老天2本、イカとホタテのかき揚げ、ししとうと海苔の天ぷらが乗っている。どんぶりがちょっと上げ底なのでご飯の普通盛りがちょうどいい。連れが食べきれないので穴子を半分とご飯を半分いただいたので、結局大盛りになりました。このボリュームでこの値段は大満足で、今まで食べてきた2千円前後もした天丼はいったい何だったんだとちょっと怒る・・・そして2種類の漬け物も自家製のようでおいしかった。待ち時間や相席を差し引いても大満足の天丼でした。

darumania at 16:25│