2004年08月09日

アジアの頂点

ajiacup
今思えばヨルダン戦の川口の奇跡のPKセーブが
ターニング・ポイントだった。
だから中国戦は普通に戦えば勝つのは見えていた。
2点目の中田のシュートは手だったかもしれないが、
審判がゴールといえばゴール。
日本版“ゴッドハンド”だ。
それを負けた理由にする中国のマスコミも大人げないね。
“もっと強くならなくちゃ”という反省ってないのかな?
そういう精神を持っていれば、
中国は全てでナンバーワンになれるはずだよ。


darumania at 11:55│Comments(0)TrackBack(0)日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔